4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2018.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.04.21 Sat » 4月20日 カンブルラン指揮読売日本交響楽団 アイヴス:ニューイングランドの3つの場所」マーラー:交響曲第9番

どうも、歌詞入りのメンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」を聴きながらのSt. Ivesです。どう聞いてもヘンです。

さて、表題の本日4月20日のコンサート。あまり演奏されないアイヴスの「ニューイングランドの三つの場所」とマーラーの交響曲第9番。
アイヴスは、特に第2楽章がマーチングバンドやフォスターの歌曲等があちこちで同時になるハチャメチャな曲なのに、すごく美しく仕上げられていまして、第3楽章なんかはそれはそれは美しいのでびっくり。そういえば15年くらい昔にドレスデンのシュターツカペレを相手にクセナキスの「メタスタシス」を、本当にそうなの?と思うほど美しく流麗な曲に仕上げていて唖然とした記憶がよみがえりました。
続く、マーラーの9番、カンブルランなので当然ながらバーンスタイン・テンシュテット系の阿鼻叫喚・慟哭系(演歌的という話もある)ではなく、かといってギーレン系のように現代音楽の始祖ですよ的なサバサバとしてレントゲンのように曲の骨格を浮き上がらせるものではなく、ジュリーニの演奏を思わせるじっくりとしたテンポの中でヴィオラと通常の第2ヴァイオリンの位置とを交換したオーケストラ配置の特性とフルートを筆頭とする名手を生かして、さまざまな旋律をたくみに入れ替え(ここでこの旋律浮かび上がらせます?と思うのものも含めて)、色彩感たっぷりで暖かみもある音響の玉手箱を聞かせる感じ(その点ではアイヴスの曲に通じるものをマーラーのこの曲にも感じる)。
第4楽章は、あたかもシェーンベルクの弦楽四重奏曲第2番の第4楽章を想起させるような浄化された音響で実に感動的でありました。終演後は盛大な拍手であったのもむべなるかな。


カンブルランが最終シーズンとは残念なSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

2018.04.14 Sat » 没後150周年記念? ブロムシュテット指揮NHK交響楽団第1882回 ベルワルド交響曲第3番

どうも、ブログ更新が1年以上とは自分でも驚いているSt. Ivesです。

それはともかく、本日のコンサート、ブロムシュテット版と銘打たれたベルワルド(1868年4月3日没)の交響曲第3番”Sinfonie singulière"をライブで聞けるとは思ってもいませんでした。ブロムシュテット版と銘打たれているのは、1905年に初演した指揮者アウリンが修正したのを、作曲家の趣旨に沿って彼が改訂したからとのこと。ちなみに、ブロムシュテットの録音は、1番、4番はあるものの、3番は見当たらず。

さて、御歳90歳のブロムシュテットですけど、音楽は相変わらず情に流れることなく颯爽としていて、この曲にぴったり。特に2楽章のアダージョ部分の美しさに背筋が震えましたし、フィナーレの3楽章は、フル編成にもかかわらずかなりの高速かつキレのある演奏を大迫力で楽しめました。マイクを多数立てて、カメラも入っていたので、いずれN響アワーで楽しめるでしょう。

後半は「幻想」

明日も行く予定のSt. Ivesでした。ノット&東響にいけないなあ。

15年か20年前に中古で買ったベルワルトの交響曲第3番の楽譜表紙
15年か20年前に中古で買ったベルワルトの交響曲第3番の楽譜表紙
中を開くとブロムシュテット校訂の文字
中を開くとブロムシュテット校訂の文字
今月のN響のプログラム
今月のN響のプログラム

2016.12.21 Wed » ヤマカズ指揮N響のプラハとマーラー5番のライブ盤

どうも、いろいろ忙しかったのがようやく落ち着きつつある今日この頃のSt. Ivesです。

ということで今月号のレコ芸。毎年恒例のレコードアカデミー大賞他は、これまた毎年のことだが、全然聞いていないディスクが多くてなんとも言えないのだった。

それよりも、N響90周年記念で出たヤマカズのプラハとマーラーの5番のライブ、両評者とも、あまり悪くはいえないけれど、どういまひとつという書きぶり。この演奏会、ピアノの教師が、私がマーラー好きだということで、急に行けなくなったのであげるとくれたのだった。2階のS席だった。それまで、コンサートといえば、誕生日プレゼントで祖母が買ってくれた1984年のテンシュテット指揮LPO@練馬文化センター(「驚愕」、「四つの海の間奏曲」、ブラ1というプログラム)くらいだったので、初めて生でプラハとマーラーの5番が聴けると非常に期待して行ったのだが、プラハの最初の音でがっくりし、以後、そのまま落ち込んだ気分で聞いて帰った記憶がある。ちなみに、当時の(今も)愛聴盤は、プラハはベーム指揮ヴィーン・フィルであり、マーラーの5番はテンシュテットであった(現在は、テンシュテット、ラトル、MTT)。

そんな演奏会のCDが発売されただけで驚きだったし、聞いてみて、やはり悪い演奏であったのでさらに驚いた。今のN響、いやデュトワ登場以後のN響しか聞いたことが無い人には、これが当時日本一のオケか?と思うレベルである。確か、記憶では、翌日、学校の同級生(現在はバルトークの研究者。なお、伊東氏ではない)に、どんな演奏だったかと聞かれ、のこぎりみたいな音で奏でられた鈍くて重くてかったるい演奏であったと確か述べた記憶がある。正直、日本一のオケがこのレベルならば、私の少ないお小遣いには見合わないので買ってまで聞きにいかないと思ったのだった。

もっとも、CDは、当時のさまざまな思い出を喚起してくれる演奏会ではあるので、売却せずに手許に置いておこうと思うSt. Ivesでした。

2016.08.28 Sun » ポポフ 今月2回目

どうも、今日は寝ずに聞きとおしたSt. Ivesです。

ということで、すみだトリフォニーまで、森口指揮オーケストラ ダヴァ-イによる

スヴィリドフ:「時よ、前進!」
ポポフ:交響曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

を聴きに行きました。まずはお疲れ様という感じですね、重量級の2曲を立て続けに演奏するのはさぞ大変だったかと思いますし、聴くほうも疲れました(まあ、レヴァイン指揮ミュンヘンpo.のレヴァインさよならコンサートの「大地の歌」と「復活」の連荘プログラムに比べれば疲れませんでしたけど)。

1曲目、ソチ五輪の曲といわれて聞くと、開会式のエキシビションで「革命後の時代」に流れていた曲だということが分かりました。まあ、5カ年計画とか重工業化とか全国電化計画とか、ドニエプルやアラル運河掘削とか、自然破壊と大規模飢餓と強制労働もなんそののソヴィエト・ロシア版「三丁目の夕日」の時代の音楽でありました。

2曲目、さて、どうなることやらと思ったのですが、聴けました。プロとは比較しませんが、形になっていましたしテンポもだれることなく、もちろん迫力もユーフォニア的ムードもたっぷり味わえました。願わくば、部分部分の対比をもう少し鮮明にしたらよりよかったのでしょうが、まあ、そこまで求めても。また、東響の演奏とは音響バランスが異なっていたので、いろいろと違う音が聞こえて面白かったです。

3曲目。やはりショスタコの10番の方が真っ当な曲で演奏することも考えて作られているんだねえと思いつつ、2楽章はムラヴィンスキー越えを狙ったのかというアップテンポで聴かせてくれました。さすがに、4番をやろうという話にはならなかったのでしょうねえ。誰か、ポポフの1番、モソロフのピアノ協奏曲、ショスタコーヴィチの4番というプログラムをしてくれないかねえ、ゲルギエフと彼の手兵ぐらいしかやれそうな人は思いつかないけれど。

解説もツイッターのような感じで1922年から現在にいたるまでの作曲家やソヴィエト・ロシアの音楽をめぐる政治状況を垣間見させる面白いものでした。東響の解説でポポフが10番を聞いて私の曲を引用している!と述べたと書かれていて、えーそうかなあ、と思っていたら、こちらの解説ではその言葉も引用しつつ、違うんじゃないという見解も書いていました。、事実確認や前後関係をきちんと抑えられないプロの書き手にとっては厳しい時代ですなあ。

今日は、吉祥寺でのシェーンベルクのSQ4番にとブーレーズ御大のSQに行くか悩んだSt. Ivesでした。

2016.08.26 Fri » 結局寝てしまった

どうも、何しにブルーローズ@サントリーまで行ったか分からないSt. Ivesです。

夏バテで、本日のサントリーサマフェスのブーレーズからリゲティまでほとんど寝てしまい感想を書けません。とはいえ、リゲティは熱演でありましたなあ、というよりあれほどの小さなスペースでリゲティのヴァイオリン協奏曲を聴くのは初めてで、全体に音がとてつもなく大きく、打楽器の音で目が覚めるし、独奏も埋没せずに細かく聞こえるし、それなりに楽しめましたよ。一応メシアンの「七つの俳諧」も実演では初めて「耳にした」わけだし(聴いたとは言えない...)。

さてさて、29日に行くべきかどうかねえ、また寝てしまいそうだしなあ。なお、サーリアホの回は必ず寝るので、行きません(オペラ「遙かな愛」英国初演も爆睡した思い出しかないぞ)。

週末のポポフが楽しみなSt. Ivesでした。こちらはばっちり寝てから行くので寝ないハズ。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。