4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2005.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2005.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.30 Mon » ようやく届く

どうも、ライヒのDiffrent Trains(演奏ディオティマSQ)を聴きながらのSt. Ivesです。この曲の名演奏の条件は何だろうかと思いつつも、直前に牧野雅彦「ロカルノ条約──シュトレーゼマンとヨーロッパの再建」中央公論社を読み終えたばかりでもあり、異なる歴史の歩みに思いを馳せるのでした。


 シュトレーゼマンというと、今や「のだめ」の指揮者の名前として知られ、少し年配のクラシック愛好家なら戦後のベルリンpo.のインテダントだったかなあと思うのでしょうけど、このシュトレーゼマンはそのおやっさんで、「レンテンマルク」導入決定時のヴァイマール共和国の宰相、そしてその後1929年10月3日に亡くなるまで一貫して外相を務めた人物。彼が1929年10月3日に亡くならず、せめてもう2年程長生きしていたら、同じ月に起きた大恐慌を受けたドイツの政治的混乱とナチスの台頭は何とか回避されたかもしれないのにと常々思うのでした。
 ただこれは、ニューヨーク連銀総裁であったベンジャミン・ストロングが前年1928年10月に亡くなっていなければ、大恐慌はあそこまで悪化しなかっただろうにというマネタリストの繰り言のようなもので、こうなった歴史を繰り返さないということしかないなあと思いつつ、昨今の状況をみると、ヘーゲルが「歴史哲学序説」で「人は歴史から何ら学ばない」と喝破したことは正しかったかもと思うのでした(これを受けたGBSの格言もありますけど、いずれにせよ人は歴史から学ばない)。
 しかし、歴史の一翼をつくるはずの公文書すら碌に残さない政府を持つ我が国では、そもそも学びようがありませんけどね。


ということで、暗澹たる中、一縷の希望のごとくカナダからようやくメルクリンのCS2他が届いたのでした。週末が楽しみでありつつ、はたして週末すら無事に来るのか、平穏であるのか?と思うのでした。


うーむ、書いている間に曲がバーバーのアダージョになってしまい、「めめんともり」と気分が暗くなったSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

2011.11.30 Wed » フランクフルトのメルクリンショップ

どうも、ポール・ルイスの弾くD.850を聴きながらのSt. Ivesです。これはすごく立体的で構造的な演奏である。師匠の演奏より遥かに素晴らしい。

さて、メルクリン好きの知り合いがフランクフルト・アム・マインに行くので、ついてはメルクリンを取り扱っている模型店の場所を教えてくれというのでレーマー広場そばとユダヤ博物館そばの2軒を教えておいた。そして本日ご当人が帰国して言うには、

「両方とも無くなっていた」

大ショックである。鉄道模型離れが進んでいるとはいえ、2軒とも無くなっていたとは。特にユダヤ博物館の方の店はフランクフルトも行くたびに利用していたからなあ。ゲームばかりしていても手先は起用にならず、目は悪くなるばかりで、現実と仮想の世界の区別がつかなくなるので鉄道模型の方が遥かに良いよとドイツの子供たちに言いたいくらいである。まあ、単価が高いから中々手が出ないとは思うけど。私は買わないと思うけどメルクリン版プラレールが売れて、ファン層が少しでも広がることを願うばかりである。

それにしても北米のショップに注文しているCS2他が届かないなあ。クリスマス前には遊びたいと連絡したら合点承知の助だぜ(No problem!)というメールが返ってきたのだが...。


来年のインサイダーモデルを注文しようか、もう1年待ってルフトハンザ色が出るまで待つか悩んでいるSt. Ivesでした。それと06はいつになったらメルクリン版が出るのかなあ。

2011.08.01 Mon » がんばろう!日本

どうも、ストラヴィンスキー自作自演(一部はクラフトによる)のCD大全集を聴きながらのSt. Ivesです。昔々どうしても聴きたい曲があり、そのためだけに買ったことから、未聴CDも幾つかあり、それらから聞いています。作曲家本人が指揮しているから、ミラン・クンデラも「裏切られた遺言」とか言って嘆かないだろうなあ。そういえばバーンスタイン指揮の春の祭典は聴いた記憶がないなあ。


さて、諸外国では「がんばろう日本」ということで様々なチャリティー付き商品を作っていますが、ドイツの鉄道模型メーカーであるメルクリンも同様に作ってくれました。

メルクリン日本支援貨車

日本語入りの客車は何時以来か忘れるほど昔に作られたきりでしたので、それだけでも貴重ですが、1台購入ごとに、寄付金500円分+店からも寄付金500円の合計1000円が被災地向けに寄付されるとのことです。ラインの黄金をお持ちの方は、是非ワルハラに届くほどの台数買っていただければと思います(ただ、後先考えずに大量購入して、娘を借金のかたにすることはお勧めしません)。

ドイツ国旗と日本国旗の配色、メルクリンらしい丁寧な塗装、加えて日独修好150周年記念の点からもお勧めです。
東京ならば、メルクリンショップ・ラインゴールトで買えます(カードは使えません。娘さんを代金のかたすることも多分できません)。



それにしてもメジャーレーベルでストラヴィンスキー大全集のような企画は今後はますます出来んだろうなあと思うSt. Ivesでした。

2011.04.25 Mon » 忘れたころに届く

どうも、ポール・ルイス@王子は良かったなあと反芻しているSt. Ivesです。次回は7月。


ということで、去年の秋口に頼んだ鉄道模型が本日届きました。すっかり注文したことを忘れていたのだが、為替レートが注文時と比較して、個人レベルでみるとそう大きく変動していなくて良かった良かった。


さて、メルクリンではなく鉄道模型と書いたのは、メルクリン・システム(交流 3線式、デジタル)で動くのだが、BRAWAという別メーカーの蒸気機関車(06型)が来たからでした。しかし、新レール・ツェッペリンすらまだ試運転させていないというのになあ。ディズニーランドも再開したことだし、節電中なので、連休中に06と共にレール・ツェッペリンを3世代そろい踏みで少しだけ動かしてみよう。


銀座ショールームでもらった「レール・ツェッペリン」の写真が包装に使われているチョコレートの賞味期限が切れていることに気がついたSt. Ivesでした。写真にとってから食べよう。

2011.01.22 Sat » Rheingold Tokyo

どうも、本日Rheingold Tokyoに行ってきたSt. Ivesです。

東京リング@新国の「ラインの黄金」の話ではありませんのであしからず。

Rheingoldと言えば、西ドイツのかつての花形特急の名前であり、あのオペラよりも先にメルクリンのカタログを眺めてTEEカラーの車両に憧れたものですが、その名を冠する鉄道模型メルクリンのショップが東京に昨日オープンしたので、早速行ってきました。ここ

東京にもメルクリンを扱う鉄道模型店は幾つもありますが、メルクリン・ショップと銘打たれたお店は東京では初めて(大阪には少し前にHRSというお店が出来ました)。

我が家からRheingoldに行くのに都電荒川線を使い、ちとミスマッチを感じつつ、下町の商店街の中にこれまたミスマッチナ感じで店舗がありました。店は広々としており、何より大きなレイアウトが設置され、そこを何編制もの列車が動かされていました。我が家にも欲しい。品揃えはこれから充実させていくと思いますが、楽しみです。先日TGVを購入して財政危機宣言に近づいているので、とりあえず本日はDBの券売機の模型を買いました。駅の模型に人や駅員以外に何か足りないと思っていたので、物をみて、あっこれだ!と思ったのでした。


展示されたガラス電車と「マイバッハ」輸送用ディーゼル・カーセットが欲しくなったSt. Ivesでした。ラインの黄金さえあればすべてを手に入れられるのだがなあ。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。