4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2005.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2005.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.07.14 Thu » 「人生いろいろ 保険もいろいろ」

と会社近くの郵便局内の保険商品売り場の壁に掲げられていた。中々にユーモアがある郵便局である、これなら民営化も乗り切れるのではないだろうか。



ようやく「ブーレーズは語る」(青土社)を読み終える。インタビュー集ということもあり、他の著作(最近では「標柱」のような)難しい言葉をあまり使わず、とても読みやすい。

内容的には、ヴァーグナーへの言及とその音楽についての賞賛の言葉が多い。機会があれば「マイスタージンガー」を振ってみたいと何度か言及している(ブーレーズが最初に見たオペラで、好きだそうだ)。ヴェルディについても、「オテロ」や「フォルスタッフ」のいずれかを指揮せざるを得なくなったら(何故?)、「フォルスタッフ」を選ぶが、それでも「マイスター」を指揮できるならばそちらを選ぶ述べている。
なお、「運命の力」序曲を振って引退する点についての言及はない。

その他、面白いのは「ボリス・ゴドノフ」にも興味を持っていたことであろう。20世紀初頭、ディアギレフによって紹介されたムソルグスキーの響き(実際はリムスキー・コルサコフ版だったらしい)にドビュッシーほか当時のフランス人が魅了されようにブーレーズも魅了されたのだろうか?彼の振る「ボリス」というのはどんな演奏になるか非常に興味深いが、実現の可能性は低いだろう。

ヘイワースによるクレンペラーの伝記にも書かれていたと記憶しているが、クレンペラーがブーレーズの振る「水の太陽」のリハーサルに来ていたことに言及している。因みに、ブーレーズがクレンペラーが作曲をしていることを知ったのは、知り合ってから大分後になってからであると述べている。ただし、作品への言及や評価はない。


これから水野修孝の交響曲第3番を聴いてから寝るつもり。一体どんな曲やら。




スポンサーサイト
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。