4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2006.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.17 Sat » 白神典子と仲間たち

トッパンホールまで行ってきましたよ、モーツァルトのピアノ・コンチェルトを4人で奏でるコンサートに。

ピアノ:白神典子
フルート:ヘンリク・ヴィーゼ
ヴァイオリン:ペーター・クレメント
チェロ:ティボル・ベーニ

2006年6月17日 午後7時開演

モーツァルト:ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 K502
       ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466 フンメル編曲
       ピアノ協奏曲第25番 ハ短調 K503  フンメル編曲

アンコール  
モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K550より第1楽章、第3楽章


20番、25番はBISにも録音があり、私はiPodに録れて結構通勤途上で聞いております。

ピアノが殆ど弾きっぱなしで、原曲に無いアレンジや派手で長いカデンツァもあったり、時々原曲ではあまり関心をひかない対旋律が浮かび上がったり、若干ヴァイオリンの音が細過ぎてチープに聞こえたりと、聴いていてかなり楽しいので、実演を楽しみに出かけ、期待通りに楽しめたのでした。

ヴァイオリンこそ、三重奏曲の出だしでは怪しげなところもあったり、CD同様に音が細いなあと思わせましたけど、グループ全体の演奏はCD同様に達者かつ良く纏まっていて、録音上のテクニックかと思っていたバランスも、実演ですらピアノが出過ぎず、引き過ぎず、しかし華麗に聞こえるように弾いておりました。ただし、フルートは実演の方が正直映えておりまして、CDはちょっと残念。

演奏の出来というよりは編曲の出来なのかもしれませんが、20番の方が聴き応えがありました。25番はやはりオケの壮麗な響きが、特に出だしには欲しいなあ。なお、アンコールで弾いた40番は録音済みだそうで、さすがにお疲れなのかピアノはちとバタバタした感じでしたけど、出たら買おうと思っています。


コンサートへ行く前に、リゲティのラミフィカシオーン、レクイエム、ピアノ協奏曲、マカブルの秘密、チェロ・ソナタ、練習曲集第3巻(全4曲)、弦楽四重奏曲第2番、そしてルクス・エテルナを聴き、さらに行きの電車の中で、P.グリフィスがNYタイムズに寄せたリゲティへの追悼文を読みました。

追悼文は、「私は牢獄にいるのです。一つの壁は前衛で、もう一つ壁は過去なのです」という言葉を引用し、50年代のシュトックハウゼンやブーレーズといった前衛に懐疑的であったことや、スタティックな「2001年宇宙の旅」に使われた作品群とは異なる作風の作品がある点─特にピアノ協奏曲へ言及しつつ─にも注意を喚起するなど、その業績について簡潔に紹介していました。

あらためて合掌。
スポンサーサイト

2006.06.14 Wed » がっくり

仕事が急に忙しくなり、H.ハーンのリサイタルに行けなかったSt.Ivesです。タケメモでのリサイタルにしておけば良かった。

それにしても、私の最も好きな3人の作曲家の内の一人リゲティの死にはがっくりと来ました。年齢が年齢だけにハンブルクのムジーク・ハレの2階ホワイエ上方、シュニトケの胸像の飾ってある窪みの隣りの窪みに胸像が飾られる日も近いだろうとは思っていましたが...。ともかくご冥福を祈って週末には「レクイエム」でも聴こうかと思います。

岩城も亡くなりました。こちらも合掌であります。

先週のロータスSQのシューマン全曲や11日の所沢のツィメルマンのリサイタルについてもいずれ時間があれば書こうかとは思いますが、今日のところはとても疲れたので、これくらいでおやすみなさい。

2006.06.04 Sun » バビ・ヤールの日

だったのではなかろうか、6月3日は?

ほぼ四半世紀振りに聴くコンドラシン指揮バイエルン放送交響楽団のライヴの演奏。何故かフィリップスはこれをCD化して正規に売り出さないままでいたのが、タワー・レコードによってたった1000円で手に入るようになった。

今聴くと、合唱がずれていたり、ロシア語知らずにさえロシア語っぽく聞こえなかったり、独唱が結構適当に歌っているのだが、それでも速めのテンポで、そして妙に大きな音で鳴る印象的な鐘の音もあり、切迫感のある空恐ろしい演奏であった(なお、1962年12月20日の演奏と比較すると、テンポはかなり速いし、合唱団の声の重さが全然違う)。

クラシックを聴き始めてまもなくの中学生の時分、最初に聞いた5番(誰の演奏だったかは忘れた)には全く感銘を受けなかったが(今でも5番には全く感心しない)、この演奏でこの曲を聞いて、「ショスタコーヴィチは凄い作曲家だ!」と思ったことを思い出した。練馬区立大泉図書館にレコードがあり、オーマンディの振ったアイヴスの「祭日」だったか2番だったかと一緒に借りたが、こっちの方はどんな演奏だったか全く忘れてしまった程であった。



今日はCDのほかに、約5年間悩んだ挙句に神保町の田村書店でビュヒナー全集全1巻を購入した。

ロンドンに行く前に見かけた時は1万円だったのが、今日購入した分は7千円であったので、前のとは別の物なのだろう。ともかく、これで「ダントンの死」(アイネム)のセリフがより分かるようになる(ただ往々にして、この後で再販されたり文庫化されたりするんだよなあ)。リームの室内オペラ「狂って行くレンツ」も早くCDで聞けないものだろうか?若杉指揮の日本初演の記録でも良いのだがねえ。




帰宅してみると、アルメニアのコイン・ショップからハチャトリアン生誕100年記念銀貨が届いていた。金貨も欲しかったが、昨今の金価格の高騰で手が出ず。とはいえ、これで今年の7月~9月にロシア中央銀行から出る予定のショスタコーヴィチ生誕100年記念銀貨が揃えば、ロシアの作曲家コインはほぼ完集かと思っていたら、モルダヴィアが、A.ルービンシュタイン生誕150年記念銀貨を実は出していたというニュースも届いた。「大洋」とか悪魔となんたらとかいうオペラすら聴いた事がないが、何とか手に入れねば。しかし、ドイツはシューマン没後150周年銀貨も出さないようで、いつになったらシューマンを記念したコインは世に出るのだろう?

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。