4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2009.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2009.03

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.10 Tue » いざ出発

どうも、シノーポリの振る「エレクトラ」を聴きながらのSt.Ivesです。彼とドレスデン州立歌劇場管弦楽団が来日しての舞台形式での公演は遠い昔になったなあ。


明日ベルリンに向けて出発します。3泊5日の予定です。2001年秋にラッヘンマンの「マッチ売りの少女」をシュトゥットガルトに2泊4日で見に行って以来の強行軍ですが、13日にドイツ・オペラ・ベルリンで、シュトラウスの「エレクトラ」とニョッキの「カッサンドラ」の二本立てを観るためには致し方ないでしょう。

なお、12日にBPOのシューマンの4本ホルン、ピアノ協奏曲、ツィンマーマンの1楽章の交響曲、そしてシューマンの交響曲第4番1841年稿を聴きに行く予定です。ラトルの1841年稿のシューマンの4番は、クイーン・エリザベス・ホールで啓蒙主義時代管弦楽団を振ったのを聴きに行って以来で、こちらも楽しみです。

それでは15日までさようならのSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

2009.02.08 Sun » 中途半端だった

どうも、新宿のいつも行列が出来るドーナツ屋に行列が無かったので、思わず店に入って買ってしまったSt.Ivesです。サービスに出来立てのものを1個貰えました。とても美味しかったです。


さて、4月25日のモネ劇場の「グラン・マカブル」がプログラムが消えていて(というよりオペラベースが間違っていたのか?)、これで当分見納めになるんだなあと思いつつ新国に出かけて、やはり、うーむ、と思う出来でありました。

オケは昨日よりも音が出ていたんですけど、歌手が昨日よりずっと悪かったです。ネクロが全然声が通っていないし、ゴーゴー王子はソプラノ(あるいはカウンターテノール)がスコアで指定されているのに、普通のテノールで歌うところもあってドッキリしました。

連日上演の日程を設定したため、歌える人がいなかったということでしょうか?それだったら一週間の間隔をあけて上演すれば良かったと言いたいです。それが、経営的に無理というならば、連日公演ではなく1日だけにした方がよっぽど良かった。経営問題以前に、同じ価格には同じサービスを提供するという経済原則を踏みにじる方がよっぽど問題でしょう。今日だけ来たお客さんに申し訳ないと思いますよ。勿論一週間後に同じキャストで上演しても無様な結果に終わったかもしれませんが、少なくとも同じ人物であれば、好不調の波として理解できましょう。しかし、最初から1回だけしか舞台に出ないようであればねえ、事前に歌手の質を(高い方に)揃えてよ、と言いたいです。

あと違和感があったのが歌詞。昨日はオール・ドイツ語であったのに、今日は数箇所だけ日本語を交えていました。昨日が原語による日本初演なので、今日はそのあたりの制約がないということでしょうけど、それだったらもう一つの指定言語である「英語」での上演にしたらとか、音程跳躍が少なくない部分のうちで、日本語の高低アクセントが付けられる部分及び、セリフをすべて日本語にして、字幕を最小限にしたらと思いました。

演出については、あらためて日本の演出家は、現地に行けなくとも、DVDすらみていないのか?と思いました(もっとも、演劇人は金がないので、本当に見れない可能性はありますが、DVDを観ることができる施設は多々あり、要は「不勉強」だと思うのでした)。

ところで、解説で長木氏が言っていたように、リゲティは、ファーニホウのようにとは言いませんが、演奏が不可能なことを記譜する作曲家だったでしょうかねえ(勿論、エチュード第2集をはじめ演奏困難な作品を数多く作曲していますけど。いつぞやの、「候補の該当者無し」としたタケメモでの作曲賞選考に際しても、アイデアは面白いが演奏不可能を理由にして作品を落選させたと述べていましたし)。連発できないと思われていた火縄銃ですら連発できるようにした工夫があったのならば、クラクションの速鳴らしも可能だろうと私は思ったのですけどね、もっとも、上達するには時間がかかりましょうが。


日本で観れたのは良かったと思いつつ、極めてもどかしい2日間であったSt.Ivesでした。

2009.02.07 Sat » 壮麗な「世界の創造」からいまいちな「世界の破滅へ」

どうも、クラシック音楽も遠くに来たもんだとあらためて思ったSt.Ivesです。

本日は、昼にトリフォニーでブリュッヘン指揮新日本po.他によるハイドンのオラトリオ「天地創造」を6日目まで聴いてから、初台の新国中劇場でのウリ・セガル指揮東京室内歌劇団によるリゲティのアンチ・アンチ・オペラ「グラン・マカブル」の日本初演に出かけました。なお、明日も「グラン・マカブル」に出かけます。

ブリュッヘン、年をとりましたなあ。遥か大昔に所沢で18世紀オーケストラを振ったベートーヴェンの第9を聴いて以来であります。其の時の演奏や当時入手したディスクでテンポが速いだけでなく、妙に間を詰め過ぎているので、結構という気になっていましたが、過日のシューベルトの未完成とベリオのレンダリンの組み合わせを聴いて、印象大好転。未完成はあの演奏が正規に出ませんかねえ(ベリオのレンダリングは、試みとしては面白いものの、修復失敗という感も...)。

本日の演奏は、予習用に聞いており気に入っているガーディナーの録音よりもテンポを落としつつ、非常に壮麗な演奏を繰り広げてくれまして、大満足でありました。オケもいつも以上に明るく、透明度が高く、立体的で美しく鳴り響かせていました。勿論、重要な独唱・合唱とも創造の喜ばしさを満喫させくれる演奏でありまして、7日目を聴けないのを残念に思いつつ、初台に向かいました。

さて、リゲティの「グラン・マカブル」。着くとホワイエのTVに不鮮明な舞台とオレンジ色の服を着て舞台に座っている人が映し出されており、てっきりキース・ウォーナーの「ラインの黄金」@ロイヤル・オペラとか同様に、舞台開演前から演出は始まっているのか、しかし何をモゴモゴ歌っているのだろうか?リゲティの愛したブリューゲルラントではなくフランドルの作曲家オケゲムの曲のバス部だけでも歌っているのかな?と思って慌てて入ってみると、音楽学者の長木氏が解説していただけでした。因みに、解説で取り上げていたナベ(Kochtopf)は、Score(ED8522)の練習番号144(p.84)で鳴らされます。第2場、メスカリーナが旦那に、"スカートをあげな”と言った後、主としてピッコロが騒がしい楽句を奏してGPが入って、一回だけナベは鳴らされます。コミッシェオーパーの演出では、ここで舞台上でも、ドリフのギャグのように、ナベが屋根かどこからか落ちていたかのように記憶しています。

本日の上演は「英語」ではなく、「ドイツ語」でありました。理由は分かりませんが、ゲポポ役をはじめとしてドイツ語歌唱の方が英語よりも慣れているということでしょうか。それと、この作品のパロディ・オペラ的の面がはっきりと分かるからでしょうかね(ストラヴィンスキーの色というか、モーツァルト的な軽さ後退しますけど、まあ最後の登場人物が勢ぞろいして非「教訓」的な歌を歌うので十分でしょうかね)。


さて、日本初演の成果ですが、正直に申し上げていま一つ物足りない出来でした。演奏が全然だめだったとか、歌が全くなっていないとか、そういうことはありませんでした(それを言うならば、サロネン指揮のザルツブルクのライブ録音だって、いい加減なところはあります<スコアとセリフが違っているところもあったし>)。どうにも演奏も歌も突き抜けた感じがせず見聞きしていてもどかしい。歌手が無理して演技して歌っているのがミエミエではダメでしょう。この作品、ギクシャクとしてグロテスクなだけでなはく、もっと軽くてもっとハチャメチャで、グルーチョ・ルクス的なドタバタ喜劇的なテンポ感もある作品だと思うのですけどねえ。ベルリンやロンドンと大きく異なって客席から笑いが殆ど出なかったのは、字幕を追う必要があるとか、この手の作品や「お下劣さ」に慣れていないだけでは無いと思います。

演出については、ゲポポ役が全くつまらなく聞こえてしまう演出って一体全体何?と思うんですけどねえ、あれは言語の問題ではないでしょうから。美術を含めてドタバタさよりもグロテスクさを前面に出そうとしたような印象でしたけど、コミッシェのあれを見てしまうとインパクトはなく、全体にちゃちくてがっかりな演出でした。


とうことで、4月にブリュッセルで「グラン・マカブル」を見られることを願っているSt.Ivesでした。

2009.02.04 Wed » 有り得ない録音

どうも、そういえば来週のBPOの曲目は何だったかと思い出せないSt.Ivesです。


さて、昨晩は眠りが浅くうつらうつらとして夢を多く見たような気がしていて、しかし一つだけ覚えていて、それが、リンゼイSQによるバッハの無伴奏チェロ組曲の録音を聞き、その美しさに、「一体どんな美しいバラがあのフラットの出窓に飾られているのだろうか、と思わせる、そういえばアメリカには出窓はないだなあ」という感想を述べたことでありました。そこで、そんな録音は有り得ない、と自覚して目が覚めたのでした。

それにしても実に美しい演奏であったが、誰の録音を思い越していたのだろうか?


リンゼイSQはBSでしか聴いたことがないSt.Ivesでした。

2009.02.03 Tue » さて、どんな編曲だ?

どうも、グラン・マカブルを聞きながらのSt.Ivesです。近づく日本初演に胸が高まります。


さて、文庫クセジュから最近出た「弦楽四重奏」(シルヴェット・ミリヨ著 山本省訳)を読了。四重奏の起源からペンデレツキぐらいまでの歴史を扱っていまして、ハイドン(の手紙)に関する逸話にふーんと思いつつ読み進めていると、ベートーヴェンの交響曲第10番と命名された、1886年公表のカルル・ミュラーによる弦楽四重奏曲第14番の管弦楽版。

カルル・ミュラーって誰?と思いつつ、ミトロプーロスにような弦楽合奏ではなく、「管」弦楽と書かれいることに惹かれております。一体どうやって管をまぜたんだろう?シェーンベルクもあっと驚くオーケストレーションなのか?はたまた、大分前に聞いたリストのロ短調ソナタのオケ版のように今一なのか?まあ全然普及していないので後者のような気がしますけど...。



14番よりグラン・マカブルの方が、非クラシック系の人々には親しみやすいじゃないか?と思うSt.Ivesでした。

2009.02.01 Sun » 天王星の発見者の交響曲を聞く

どうも、ファーニホウの「カッサンドラの夢の歌」を聞きながらのSt.Ivesです。まあ、大体において耳に痛い予言は人に聞かれないものです、サブプライム問題にしてもそうですけど。


本日、ハーシェルのCDが届きました。ハーシェルといえば1781年に天王星を発見し、英国の王立天文学協会初代会長にもなった人物ですけど、実はヘンデル同様にドイツ人でかつもとは音楽家。国際宇宙観測年(だったか?)である2009年に相応しい人物が、一体どんな曲を作っていたのだろうかと思いシャンドスのCDを入手。

解説書を読むと、ハーシェルはもともと天文学と数学に興味と才能があったそうで、天王星発見の功によって、映画「英国万歳」で知られる(?)ジョージ三世から年金もらえる身分になると、さっさと音楽家を廃業して天文学専業になったそうです。

で、シャンドスのCDには、いずれも3楽章の弦楽と若干の木管楽器、ホルンからなる編成のシンフォニーが6曲収められておりましたが、うーむ、「聞いた」という話題に使えるかなということでしょうかね。なかなか曲想が発展しないのでもどかしい気分にもなります。まあ、「天王星」みたいな曲ではないことだけは確かです(当たり前か)。


書いている間に「カッサンドラの夢の歌」が終わったので、次にラッヘンマンの「ダル・ニエンテ」に切り替えようかと思うSt.Ivesでした。なかなか寝付けないんだよねえ。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。