4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2009.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.30 Fri » 飯野明日香リサイタル

どうも、ここんところずーと頭痛に悩まされているSt.Ivesです。

さて、本日は、オペラシティ リサイタルホールでの飯野明日香というピアニストのリサイタルに行ってきましたので、ごくごく簡単に感想を。


10月30日(金)午後7時開演
東京オペラシティ リサイタルホール
「今日の音楽 フランスと日本」
飯野明日香(pf)

ティエリー エスケシュ 二重の遊び
湯浅譲二        内触覚的宇宙1
西村朗          トッカータ
西村朗          三つの幻影より「水」
ブーレーズ        ピアノ・ソナタ第3番
                フォルマン3 コンステラシオン・ミロワール
(休憩)
ブーレーズ        ピアノ・ソナタ第3番
                フォルマン2 トロープ
一柳慧          雲の表情より III、IV、VI
夏田昌和         Gamelaphony II、for piano (World Premiere)
アンドレ ジョリヴェ   五つの儀式的ダンスより 2.英雄の踊り、4.誘拐の踊り
エリック タンギ   五つの前奏曲

(アンコール)
ドビュッシー     前奏曲集第一巻より「西風のみたもの」

まともにCDで聴いたことがある作品はブーレーズの3番(とドビュッシー)ぐらいで、かつそれも大分前。最後を除いて実演で聴いた記憶はないので、どの曲も「ふーん、こんな曲だったんだ」という感じで聞いておりました。そうした中で注目はブーレーズ。どでかい楽譜の上の方の音符はさすがに見えないので、コピーをして下に貼り付けておりました。夏田作品はもう少しごちゃごちゃと凝るのかと思いきや(私には)意外にあっさりとした(聞き易い)作品にでありました。直前の一柳作品で盛り上がったからかな?タンギの最後の曲はいかにもリサイタルの最後に持ってきやすい高音・低音連続強打系作品という微笑ましいものでした。

さて、飯野のピアノですが、全体に、ある程度似た傾向の作品群を交互に並べるような感じで聞かせる凝ったプログラムを、固めのクリアできらきらとした少しドライなタッチで、思いっきりよく弾いており、聴いていて楽しかったです。これで、聴衆ノイズがもう少し静かであったならば良かったのですがねえ(特に湯浅の時)。

関係者が多かったせいかもしれませんけれど、会場はほぼ満席でした(当日券を求める人も結構目につきました)。それと湯浅・一柳の両御大(及び佐野光司)が会場で聴いて演奏者に拍手を送っていました。そういえば湯浅御大は、音大の学生と思しき女性達に囲まれて自作の楽譜にサインを求められていまして、ちょっと嬉しそうに見えましたねえ。


これからブラームスのヴァイオリン協奏曲(私の頭痛薬の一つ)を聴いて、それから寝ようかと思うSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

2009.10.24 Sat » Skanaviを聴きに行く

どうも、もうそろそろ寝ようかと思うSt.Ivesです。

ということで本日のコンサートの記録をば簡単に

2009年10月23日(金) 東京文化会館 午後7時開演
東京都交響楽団
指揮:オレグ・カエターニ
ピアノ:Katia Skanavi

モーツァルト:交響曲第29番
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
アンコール ショパン ノクターン 嬰ハ短調(だったかな?)
ショスタコーヴィチ:交響曲第6番

Skanaviは、Lyrinxレーベルに数枚録音しているギリシャ系ロシア人(とプログラムに書かれていた)。グールドを思わせるようにかなり顔を鍵盤に近づけるスタイルで弾き、同様に指が回る。間合いを短めにとるちょっと変った感覚、あるいは自由気儘?な演奏、ということはCD等で確認できるのだけれど、まさか音量の基準をかなり小さめにとっているとは思ってもいませんでした。弱音は美しいし、ちゃんと弾いているのは聞こえるんですが、オケに埋もれてしまいがちなんですよねえ、ピアノが。アルゲリッチとかトラーゼとかの実演と比較するのが間違っているだけか、席の位置がたまたま悪かっただけかもしれないけれど。
それと第3楽章は速めのテンポを採用したオケに対して、「それは嫌」という感じで少し遅めのテンポで弾き始めて、ちょっと全体の演奏が崩れたように聞こえたんですけどね。出来れば、小さなホールでのリサイタルを聞きたいものです(できれば聞きなれているシューマンのプログラムで)。一方、オケが雑然とした、音に対してデリカシーが感じられない演奏であったのは残念。

ショスタコーヴィチは、健闘。デリカシーが欠けた音は変らないけれども、プロコフィエフよりも整然とした演奏で、カエターニは別の機会に再度実演を聴いてみたいと思わせるものでした。

ということで、明日はプレヴィンにでも行こうかなと思うSt.Ivesでした。

2009.10.19 Mon » 賛歌 op.52

どうも、東京芸術劇場は相変わらず音が遠いし拡散するねえ、と思ったSt.Ivesです。


ということで、メンデルスゾーンの交響曲第2番「賛歌」 op.52を聴きに出かけたので簡単な感想を。


10月19日(月) 東京芸術劇場 午後7時開演

下野竜也指揮 読売日本交響楽団
ピーター・ウィスペルウェイ(vc)
澤畑恵美、國光ともこ(S)、永田峰雄(t)
新国立劇場合唱団

プログラム
バッハ(レーガ編曲) おお人よ汝の大きな罪を嘆け BWV622
ヒンデミット       チェロ協奏曲
メンデルスゾーン   交響曲第2番変ロ長調 op.52 「賛歌」

メンデルスゾーンの「賛歌」。最近の愛聴盤は、フリーダ・ベルニウス指揮ブレーメン室内o.による演奏(CARUS 83.213)。シャイーがゲヴァントハウスを振ってデッカに録音した演奏も良いけれど、初演版だけなのがちょっと残念。ここは第2稿を再録音して欲しい。「賛歌」「スコットランド」の演奏からするときっと素晴らしい演奏になるだろうと思われるので。

さて、今回の演奏、弦がフルサイズのオーケストラなのにまず驚き。会場がでかいから致し方ないかと思うも、木管・金管は特段増員していないので、第1曲のシンフォニアでは幾つもの木管で奏される旋律が埋没してしまいました。それと下野のテンポが非常に速い、ベルニウスの後に聞いても違和感がないテンポでしたが、弦に弾むようなリズム感が感じられないのは残念でした。それと、新日po.に慣れた耳には音が荒く感じますねえ。カンブルランはちゃんとオケの音まで自分流に変えてくれるのでしょうか。

合唱は、もうちとはっきりと句点と打つところは打ちながら、弾むように歌って欲しいところもあったが、合唱主体のこの作品をきちんと聞かせたと言えるでしょう。

独唱のソプラノ、遠めにはどっちがどっちか分からなかったが、ブライトコプフの楽譜でいえばp.150、140小節目、最初にLobe den Herrn, meine Seeleと入った方のソプラノ(オレンジ色のドレス着用)は、音がずれていて唖然、そのまま行ったらどうしようかと思ったが、しばらくすると復調というか修正に成功して安心しました。

もう一人のソプラノ(青色のドレス着用)は、安定的。ところが、第5曲が終わるとすたすたと舞台の袖に引っ込んでしまいまして、あれ?まあこの後はソプラノ一人でもいいからなあと思っていると、第7曲の終わりごろオルガンの横にあらわれて、いと高きところにいる聖母よろしく"Die Nacht ist vergangen, vergangen!"と歌ったのでした。この第6曲から第7曲へのブリッジ部分はとりわけ好きな部分なので、なかなかに良い演出でした。声も実に通っていたし。

テノールは全体としては良かったのですが、この第6曲の終結部分において音を少し上ずらせてから下げるように歌っていまして、確かに楽譜上、ここには" ad lib"と書かれていますけどねえ、ちょっと私には違和感を感じる歌唱でした。

さて下野の指揮、大規模オケに古楽器オケばりのテンポをさせるという快挙というか暴挙というか、ともかくぐいぐいと曲を進めてきたところで第7曲以降若干その取り扱いが変ったように聞こえました。この第7曲は、夜は去ったとばかりに喜びを爆発させる曲で、Allegro maestoso e motlto vivaceの指示、ブライトコプフ版のテンポは付点四分音符=96が括弧書きされています。なので、ここは一段とテンポアップする(あるいは第2曲と同じぐらいの速いテンポ)かなと思ったら、ぐぐっとテンポを落としてじっくり演奏させる方向に変えたのでした。一方、どういうわけかオケと合唱は脱力したというかへたったような感じの演奏になってしまい、喜びの爆発にはちと至らなかったのでした。

しかし最後はトロンボーンが主題を奏し、大編成のオケ、オルガンそして合唱で輝かしく曲が閉じられましてめでたしめでたし、ともかく満足して帰宅したのでした。来週の宗教改革と1番も楽しみです。


来月3日に横須賀までシャイーの振る「宗教改革」を聴く予定のSt.Ivesでした。

2009.10.17 Sat » エマール@オペラ・シティ

どうも、ノリントンの振るメンデルスゾーンの交響曲第1番を聴きながらのSt.Ivesです。


ということでタケミツメモリアル・ホールでのエマールのリサイタルに行ってきましたので、その感想を簡単に。

2009年10月17日(土)午後7時開演
ピエール=ロラン・エマール(pf)

ドビュッシー:ベルガマスク組曲
ベンジャミン・ピアノ・フィギュアズ
<休憩>
シュトックハウゼン:ピアノ曲IX
ベートーヴェン:プロメテウス(エロイカ)の主題による15の変奏曲とフーガop.35

<アンコール>
リゲティ:ムジカ・リチェルカーレ第1曲
クルターク:ヤコテク第2番
シューベルト:3つのレントラー(どれかは分からず)
シェーンベルク:6つのピアノ小品 op.19(全曲)
ブーレーズ:「12のノタシオン」より1、3,4、2
ショパン:子守唄 op.57

アンコールでシェーンベルクを全曲弾くとは思っていなかったところに、さらに楽譜を持ってきて「ブーレーズの4つのノタシオン」(日本語)とか言って弾き始めたので驚きました。さらに、ブーレーズのノタシオンを第2番で終えて盛り上がり、さすがに終わりだろうと思ったら、ショパンの子守唄を弾き始めたのでさらに驚きました。ブーレーズとショパンを連続して聞くことなど、家でCDをかける際にも経験したことがないのに、ましてコンサート・リサイタルで体験するとは。それにしてもリゲティのムジカ・リチェルカーレをエマールのピアノで、第1曲だけでも聴けるとは嬉しい限りであります。全曲を聴きたいです

と、思わず本プログラムの事を書くのを忘れそうになりましたが、アンコールを含めて本日の白眉はシュトックハウゼンのピアノ曲「IX」でしょう。かつてこれほど美しく詩情溢れた「IX」が鳴り響いたことは無かったと思います。CDでも実演でもやけにガンガン鳴らしたり、「構造だ!」「フィボナッチ数列だ!(意味不明)」とばかりに音色への配慮、あるいは微妙で繊細なタッチを駆使して、ニュアンスの差異を出そうなどとして弾こうとしたピアニストは皆無だと思います。いやあ、こんなに美しい作品だとはついぞ知りませんでしたし、久しぶりにナマで「IX]を聞くかなという程度の意気込みで行ったら、「IX」を聴いて美的感動・感銘を受けることになろうとは思ってもいませんでした。その後のベートーヴェンはバスを良く聞かせて各変奏の性格が同一のようで違うという微妙な感じを聞かせてくれた大変な名演であったにもかかわらず、個人的には「IX」の印象の前に霞んでしまいました。

前半のベンジャミンとドビュッシーは簡単に。ベンジャミンはドビュッシー的な響きだとエマールもプログラムに寄せていましたが、ベルガマスク組曲の後に聞くと確かにうっすらと下敷きになっているように聞こえてきて、意外に面白かったです。


それにしてもお客さんが半分も入っていない感じだったので、次回以降のプログラムが急速に保守的になるか、エマールが日本に来なくなってしまうかもと恐れているSt.Ivesでした。

2009.10.16 Fri » マヌーリとニュネス

どうのも、昨日のコンサートを今頃書くのは間が抜けている感じがするSt.Ivesです。あくまで記録ということで。

10月15日
野平一郎ピアノリサイタル フランス近・現代の音楽
東京文化会館小ホール 午後7時開演

ドビュッシー:子どもの領分(1908)
マヌーリ:都市<...第1ピアノソナタ...>(2001-02)
ニュネス:火と海のリタニ(1969-71)
ドビュッシー:前奏曲集第2巻

アンコール:ドビュッシー:(あれ、曲名を度忘れしてしまった。)

マヌーリ、始まってみて、うむ?何か聴いたことがあるかもと思って帰宅後調べたら、献呈者が弾いたPRAGAのSACDが出てきました...。幾つかの同じモチーフ、パート、あるいは「音」が繰り返され、相応に聴き応えがあり、また聞き易い作品(演奏時間35分程度)。<第1ソナタ>とは、当日のパンフレットによれば、リストのソナタを参照したとのこと。批判しつつ賞賛するということだそうだ。マヌーリはリストがロ短調ソナタのフーガを途中でやめてしまって名人芸的パッセージに移行したことがお気に召さなかったらしい。しつこいと嫌われるからやめたんだと思うんだけどなあ、30分もあのフーガを繰り返されたらたまらんぞ。それにフーガも良いけどその後の高揚感がとっても良いんだけどねえ。

で、「都市」は結構しつこい作品です。演奏がクリアで強靭なタッチだからよかったものの、そうではないピニアスト、弾かないと思うけどレヴィナスとかブルーノ・カニーノとかが演奏したら耐えられないかも(二人が悪いピアニストだと言っているのではありません。レヴィナスの弾く平均律は好きですよ)。

次のニュメス。2部に分かれておりました。野平氏の解説をまとめると、海は平穏な、火は爆発的な音響となりましょうか。1はそれこそ「音と沈黙をはかりあう」という感じで、茫洋たる空間に楔の様に音が時々打ち込まれて、それがしじまに消えていく様を延々と聞かせるような作品です。はっきり言って好みです。一方2は、まあ一生懸命音を動かしてみました感はあるものの、あまり感銘は受けませんでした。録音は出ないのかねえ。

いやあそれにしても疲れた。ドビュッシーはどうだったかというと、うーむ分からん、殆ど他のピアニストの演奏でも聴かないからねえ。


明日(17日)は、エマールの弾くシュトックハウゼンとベンジャミンを聴きに行く予定のSt.Ivesでした。あっ、またドビュッシーが入っている。

2009.10.14 Wed » トークを楽しむ

どうも、ギーレンのSQを聞きながらのSt.Ivesです。

さて本日はサントリーホールでの中川俊郎作品集でしたが、彼の作品は、そうですねえ、柳瀬尚紀のダジャレを面白いと思うか思わないかで彼の翻訳への評価が異なるようなもんで、うーむ、個人的にはついていけないなあという感じ。

もっとも、新作「影法師」前の飯守氏とのトークは大笑いでした、いやあチャイコフスキーの5番はいいねえ!

ということで、明日は野平の弾くベンジャミンやマヌリ(だったかな?)のピアノ曲を聴きに行く予定のSt.Ivesでした。今時に何故ピアノ・ソナタと銘打っているんだろう?

2009.10.12 Mon » ダルベルト@多摩パルテノン

どうも、ほぼ30年ぶりに聖蹟桜ヶ丘に行ったSt.Ivesです。

まずは日本建築史上の隠れた偉人 関根要太郎の設計による明治天皇御幸を記念して作られた聖蹟のある都立桜ヶ丘公園にでかけました。どこがどうユーゲントシュティール様式なのかはよく分からずも、当時としてはモダンというかケッタイな建築物が残されたことに感謝。当時は聖蹟から多摩丘陵全体が見渡せたらしいのですが、今やうっそうとした森の中ででした。


その後、京王永山駅へ。バスの中では、多摩ニュータウンで知り合いがどんどん減っているという話をしているおばあさん達がいました。日本の高齢化をひしひしと感じました。その後は箱根に犬を連れて一泊旅行する話をしていて、羨ましいというかバイタリティに関心。最近は箱根の宿も犬連れOKらしいとは大きな変化です。ところで犬も温泉に入るのだろうか?

多摩センター駅は初めて。かなり子供連れもおり、随所でキティちゃんが歓迎していました。
パルテノン多摩は、パルテノンではなくペルガモン神殿という程度の規模。上がりきったらそこの床にモザイクで魚達が描かれており、おーペルガモンと同じじゃないかと一人で盛り上がってしまいました。それにしても、公園はどこか日本離れした、ヨーロッパ的な風景でした。

さて、ダルベルトのリサイタル。プログラムから

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第31番
シューベルト さすらい人幻想曲
休憩
フォーレ    夜奏曲第7番、第6番
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第32番

かなり好み曲で構成されたプログラムでしたが、演奏はがっくりものでした。特に31番はひどかった。第2楽章は明らかに記憶が飛んでしまって適当に引く箇所が非常に多かったし、和音は汚いし(これはピアノのせいもありましょうが)、やたらめったら左を強打して、単調でデリカシーもへったくれもない感じ。当初の予定は「さすらい人」が先に演奏されるのをひっくり返したのもむべなるかなという感じ。

32番はまだ31番よりはよかったけれども、どうしてそこでその音を強調するのか?とか、どうしてテンポルバートをいきなりかけるのか?といった疑問満載の演奏。相変わらず和音は汚く、音が不均一かつ抜けがちだしと散々な演奏で、32番が終わると直ちに会場を後にしました。


その後多摩モノレールに乗って立川(北)に出て新宿経由で帰宅したSt.Ivesでした。モノレールの料金が高くてびっくり。

2009.10.04 Sun » 東京インターナショナル・オーディオ・ショウに行ってみた

どうも、風邪も治り、天気も晴れたしと外出したSt.Ivesです。


外出先は有楽町の国際フォーラムで本日まで開催していた東京インターナショナル・オーディオ・ショウ。毎年この時期に開催されていましたが、まあご縁のない物が並んでいるから行ってもしょうがないと思って毎年見送っておりましたが、現在使っているアンプがそろそろ寿命が来るような感じだし、インターナショナルということは日本のオーディオ専業メーカーも出展しているので、ちょっくらどんなものかと見に行ったのでした。

自分の好きなCDで聞き比べすることは出来ませんが、普段は目に出来ないような、というよりは敷居がメチャクチャ高くていけないようなオーディオ・ショップ(タモリクラブでも紹介されてい秋葉原のお店とか)に並んでいると聞いている「お家が建つような値段」のオーディオ機器を色々聴けたのは楽しかったです。

ただ、聞くと欲しくなります。さすがにお家が建つほどの値段の物ははすっぱりと諦めがつきますけど、車が買えるくらいの値段までだと、車を買うのと同じくらいがんばれば買えるかも?とか誘惑されてしまうのでした。ただ、それだけのお金があったら現地に聴きに行く方が良いような気もしています。


まずは金をためることが先決だなと思うSt.Ivesでした。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。