4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2010.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.30 Sun » ハーン、サロネン、フィルハーモニア(5月30日)

どうも、6月2日のサントリーホールでのコンサートも楽しみなSt. Ivesです。


5月30日(日)午後2時開演 東京芸術劇場

サロネン指揮、フィルハーモニア管弦楽団
ヴァイオリン独奏 ヒラリー・ハーン

曲目
サロネン:ヘリックス
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
(アンコール)
 バッハ:サラバンド
シベリウス:交響曲第2番
(アンコール)
 シベリウス:組曲「ペレアスとメリザンド」より「メリザンドの死」
 シベリウス:組曲「カレリア」より「行進曲調で」
 シベリウス:「悲しきワルツ」


 5月26日発売のハーン独奏のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が、必ずしも終演後のサイン会目当てではなく、会場では飛ぶように売れているように見えました。このディスクは、「レコード芸術」6月号の「話題のニューディスク」でも取り上げられていますが、評者の太田氏が若干の戸惑いを持って論じていたように、かなりユニークな演奏で、例えば、映画「オーケストラ!」を観て、血湧き肉躍るような大向こうに受けるようなハデな、あるいはエンターテインな演奏を期待して購入すると、多分がっかりすること間違いないでしょう(かく言う私も最初に聴いた時は、これは何だ?と思いました)。

 ハーンのヴァイオリンは、そうした「パガニーニ的」要素が極力排され、雄弁な弱音を武器に、幽玄で、物憂げで、ハレの時もあるけれど、それすら覚めて距離を置いて見つめているといった趣を感じさせます(さらに細かい音符の動きをおろそかにしません)。例えば第1楽章のカデンツァは、透徹した響きのもと悲愴に、ただし情緒連綿とした嘆きや泣きが入るのではなく、例えば彼女の弾くエルガーのヴァイオリン協奏曲第3楽章のカデンツァのように、どこまでも高貴に聞こえ、第3楽章もオーケストラが雄弁に始めても、それを一歩下がって止めるかのように地霊のごとく重々しく弾かれます。そして、その後も華やかな盛り上がりを自らに禁じるかのように、しかし緊張度だけをやたら高めていく、クリスティーネ・シェーファーの歌う「冬の旅」が近い感じの演奏振りです。

 これを実演でそのままやらてしまい、第1楽章のカデンツァもしわぶき一つ立たない、と言うよりも誰も立てられず、息を殺して聴き続けざるを得ないので、聴いている私は緊張感で気絶しそうでした。一方、彼女は例のごとく、さらりと弾きながら、くるりとオケの奏者の方向いたりして楽しそうでしたけど。いやはや凄い演奏でした。
 

 非常に疲れ果てて満足(満腹)状態で臨んだ後半のシベリウスの第2番。サロネンはかつてシベリウスを嫌っていたらしく、ディスクも5番とヴァイオリン協奏曲(2種)くらいしかなかったと記憶していて、あまり期待していなかったら、こちらもすこぶる面白く、圧倒的な名演でした。
 全体感を強いて言えば、ヴァーグナー・ブルックナー的シベリウス、ただしブーレーズの振るヴァーグナー・ブルックナー同様に鈍重さのかけらは一切なく、細部を丁寧に作り込み、立体的で空間的な広がりのある音響空間、野蛮さすら感じさせる金管の響きと霧のように漂う繊細な弦楽器の弱音を巧みにコントロールした、とてもモダンな音づくりでした。特に第2楽章は、こんな斬新な響きの作品だったか?と見直しました。

 フィルハーモニアを聴いたのは、多分ロンドンでの2005年1月の創立60周年記念コンサート以来で、その頃は、ロンドンの5大オケ+2オペラハウスは、LSOを除けば、日本のオケの幾つかの方が良い演奏をするなあと思っていたので、ここまで機能的・機動的で、緊張度の高く、滑らかな音、特に弱音を出すオーケストラとはついぞ思っておらず、いやはや驚きました。やっぱりオケはシェフ次第なんだねえ。

 ということで冒頭に記しましたように、全く同一プログラムですが、6月2日のコンサートが楽しみです。


 予定に入っていなかった11月のサロネンが振るヴィーンpo.も聴きに行こうと思うSt. Ivesでした。とはいえ、うーむ、2公演ともS席だと7万円か...。
スポンサーサイト

2010.05.29 Sat » 「影の無い女」@新国

どうも、ミュライユの「ゴンドワナ」は「ペレアス」に練習時間を食われただんろうなあという演奏でちょっと残念であったSt. Ivesです。「影の大地」と比較すると明らかに演奏の練り具合が違っておりました。一方「影の大地」はしょっぱなからもろに「プロメテウス」が聞こえてきて、ダルバヴィの駄曲(ヤナーチェクのin the mistの単なる管弦楽版)の再現かと恐れたんですけど、御大の作品はあんなにひどくはなく相応に楽しめました。しかし、過去の作品の影法師をわざわざ作るとは、スペクトル楽派(俗称)も行き詰まっているんですかねえ。


さて、過去の作品の影法師ではないけれど、モーツァルトの「魔笛」とよく比較されるR.シュトラウスの「影の無い女」@新国を本日29日に観に行きました。午後2時開演で6時過ぎに幕と長かった。

この作品を劇場で観たのは2回、いずれもドレスデン州立歌劇場で2001年(シノーポリ指揮)、2003年(ボーダー指揮)だけしかないんですが、どうにもドレスデンで経験したようなドラマにのめり込ませるようなメリハリ、クローズアップと引き、繊細さと豪胆さがない。端的に言って平板でありました。オケの音に魅力が無い、特に第3幕では極めて手痛い問題も加わり、いま一つ楽しめない。歌手は個別にみれば相応に良いのですけど、オペラ全体としてみると指揮者に引っ張られてなのか、もっと突っ込んで歌って欲しいんだけどという感じで、もっと良い曲なのになあ(シュトラウスの最高傑作とは思わないけれど)という隔靴掻痒感を抱きつつ帰宅。

なお、演出・美術は最悪ですな。2幕のバラクが妻をナイフで殺そうとするところで、夜空にかかっていた月が真っ赤になったのは笑えたけど(池はどこだ!医者と大尉がいないぞ!子供がいないぞ!そりゃそういうオペラだった!)、全く何をしたいのか、どういう趣旨なのかも分からず。解説には色々書いているけど、どこが?という感じで、端的に言って出来の悪い現代の作曲家が音ではなく言葉で解説するのと同じで、言葉ではなく舞台で主張してくださいなという感じ。あれだったらコンサート形式でも良かったですよ。


マゼール指揮VPOによるシベリウスの交響曲第2番を聴きながらのSt. Ivesでした。2番をライブで聴くのは何時以来かなあ。

2010.05.26 Wed » 当たった!

どうも、「サミュエル・ジョンソン伝」を読んで、博士と新解さんが対談したらどんなものかと思っているSt. Ivesです。エンバクについて、もうちっと誰が(何が)食うかをはっきりせいと博士は言うのでしょうかねえ、riceはどういう語釈だったかなあ?


さて、帰宅してみると造幣局から手紙が届いておりまして、地方自治法60周年記念千円銀貨の高知県分の当選通知でした。日本コインは収集していないし、カラーコインは好みではないのですが、これは日本貨幣史上初の歴史上の人物がデザインに使われたものだったので、記念に入手せねばと応募しておりました。その人物が、日本を洗濯したいと述べた方だったので倍率を危惧していたのですが、無事に手に入ってほっとしています。


アルヴァ・アールト生誕記念コインがどこにも見当たらんねえとぼやきたくなるSt. Ivesでした。

2010.05.23 Sun » 23日新日po.「ペレアスとメリザンド」

どうも、ヴェデルニコフの弾くバッハのパルティータ第2番を聞きながらのSt. Ivesです。


ということで表題のコンサート(舞台あり)に出かけました。当初恐れていたような爆睡はせず、最初から最後まで目と耳をしっかっと開いていた、というより開かずにはいられない、個人的にはすばらしい舞台でありました。

そもそも「ペレアスとメリザンド」を家でほとんど聞かず・見ずなので他の演奏・舞台との比較はほとんどできません。しかし、アルミンクは例のごとく速めのテンポと軽いリズム感でもって曲をサラサラと進めてくれるので、ヴァーグナーやマーラーだといかがなものかと思うところもありますけど、この曲の場合はとても聞きやすい(とはいえ、第1幕と第2幕はちと長く感じた)。さらに、記憶の彼方のギーレン指揮ベルリン州立の舞台でさすがにこの音色はないだろうというかギョッとした野太く、ある意味がさつな作品と全く相反する音とは異なり、新日本po.、中でも弦楽器群はきわめて精妙で実に澄んだ美しく丁寧な響きによってさまざまなフレーズの絡み合いを浮かび上がらせておりました。楽器間のバランスも良く、特に要所のハープや木管群が良く聞こえており、アルミンクの契約が延長されてオケのコンディションがこのまま保たれるので良かったと思うのでした。

歌手についても、密やかさ、秘めやかさをあまり感じさせせず、オケと同様の明晰な歌いっぷりでありまして、このあたりをどう感じるかで評価が分かれるでしょうけど、私は「分かり易く聞き易い」、いわばモヤモヤと静止せずにドラマとして前に進んでいく点、これならこの曲を聞ける、と感心しました。

最後に演出ですが、音楽にあっていたと私は思いました。メリザンドのみ白のドレスで他を黒に統一した衣装、抑制的な歌手の演技(動き)、舞台奥とオケの手前を用いた心理的距離感の出し方、暗闇を主体とした中で時たま用いられる白々とした冷たい光を用いる効果的な照明、背景の投射映像も情景に即した落ち着いたものでした。来シーズンの「トリスタン」もこれくらいの演出にして欲しいです(ところでイゾルデは誰が歌うんだ?)。



今週はトリスタンはトリスタンでもトリスタン・ミュライユの作品展とハーン&サロネンを聞きにいく予定のSt. Ivesでした。


2010.05.22 Sat » チケットもろもろ

どうも、デイナースタインの弾くバッハのフランス組曲第5番を聴きながらのSt. Ivesです。


本日、無事に9月2日@武蔵野の彼女のリサイタルのチケットを購入できてホッとしています。曲目は「ゴルトベルク変奏曲」です。評判は高く、CDも良い演奏でしたので是非実演をと思っていたので嬉しい限りです。それにしても1000円という値段設定はあまりに安すぎるような気がしますよ。


一方、最上級クラスのチケット価格はディナースタインの30倍くらいするという秋に来日予定のポリーニについては、当初はショパンばかり弾くんだろうなあと関心が無かったのですが、メインにブーレーズのピアノ・ソナタ第2番を持ってくる日があると知って、俄然行く気になったのでした。ただ、あまりに高いチケット代は頭いが痛いところで(ロンドンでは幾らだったろうか...)、私はブーレーズさえ聴ければ満足なんで、ブーレーズを聴く気が無い人と組めばチケット代が半額で済むと思いついてみて、はたと、そんな知り合いはいないことに気付いたのでした。なにはともあれ、若き日の記録とどう違うのか、あるいは同じなのかとても楽しみなんで、頑張ってチケット争奪戦に参加するつもりです。



明日のアルミンク指揮新日本po.による「ペレアス」で爆睡しないように気をつけねばと思うSt. Ivesでした。ベルリン州立歌劇場でギーレンが振った時は、ドビュッシーの響き以上に私の意識は曖昧模糊・朦朧としていたからなあ。

2010.05.16 Sun » 根津美術館に行く

どうも、ハーゲンSQとツィメルマンとが共演するコンサートのチケットを引き換えに外出したついでに根津美術館まで出かけたSt. Ivesです。


天気も良く、庭を散策するのにも良いし、新装なってから行ったことがなかったしと出かけたら、ちょうど琳派展が開催されており、国宝「燕子花図屏風」も展示されていました。黄金の下地の中からくっきりと浮かび上がるカキツバタの群生は、背景も何もなく、よくよく考えるととても大胆に思えます。新しい建物は、隈氏の作品で、「和」のテイストが濃厚な建築でした。その後、庭に出ると、新緑の中、カキツバタがちょうど群れて庭に咲いており、日の光の加減でさまざまな濃さの緑と影が出来、また水面の煌めきと相まって美しい光景でした。なお、とても混んでいて庭も人が数珠つなぎ状態でした。

その後、チケットを引き換え、表参道のMOMAショップを覗き(欲しい物は多数あれど購入せず)、渋谷のロフトで穴を開けない粘着画びょう(商品名「ペタッツ」)他を購入して帰宅。


茶室(立ち入り禁止)で茶を飲みたかった、できれば第6展示室の茶道具で、と思ったSt. Ivesでした。

2010.05.08 Sat » ルーシー・リー展と和のガラス展に行く

どうも、MTT指揮LSOとジョシュア・ベルの共演によるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲他を聴きながらのSt. Ivesです。BBC3のエア・チェック録音です。


本日は、午前中に池袋へ店舗移転した泰星コインに寄ったら、アイルランドのベケット生誕100周年記念金貨とルクセンブルクの酸化ニオブと銀のバイメタル貨を発見したので購入。収集テーマである音楽関係コインではショパンの記念コインが、ポーランド以外からも膨大に発行されており、逆に買わないことにしました(ドイツで発行予定のシューマンの記念コインはマスト・アイテムですけどね)。

その後、国立新美術館に出かけ、PBのブラッセリーで食事をしてみて(さすがに平日なので空いていた)、「ルーシー・リー展」に行きました。海外の陶芸作品には殆ど興味がなく、彼女についても殆ど知りませんでしたが、初期から晩年にいたる多くの特徴的な作品や、BBCのドキュメンタリー番組の上映もあり、非常に見応えのある展示でした。中でも萩焼の十一代休雪を思わせるような白い溶岩のような表面をうみだす釉薬による焼き物や、晩年近くの華やかで鮮やかな色彩、しかし凛とした風格の碗、特にピンク釉の作品は面白く、あれで茶が飲むとどうだろうかと想像が膨らみました。そういえば、まだ出光美術館の「日本の美III・茶TEA」展を見に行っていなかった。

せっかく部屋の書籍類を整理したのにカタログを購入してしまう(昨日も映画「オーケストラ」もプログラムを購入してしまった)。

続いてサントリー美術館に出かけ、「和のガラス展」を観ました。この展覧会は、もっと暑い時期に開催すれば良いと思える涼しげな感じが漂っていました。展示方法や照明もありましょうが、どのガラス製品も江戸時代のものとは思えないデザインと美しい輝き、透明感があり、江戸や薩摩の切子もいくつかありましたが、HPに登場する急須のような深い青色ガラス系の作品、特に急須と取っ手付きの小さなカップのセットは、言われなければ江戸時代の作品とは思えないデザインで非常に魅力的でした。あれで冷やした緑茶を入れて飲めばさぞおいしいことでしょうなあ、そうだレプリカがあれば、母の日のプレゼントにかこつけて買って帰ろう!と思ったのですが、残念ながらありませんでした(またもやカタログを購入)。


器は使ってなんぼとはいえ、お高い物は使いづらいよなあと思うSt. Ivesでした。

2010.05.06 Thu » Le Concert

どうも、毎日新聞やフィナンシャル・タイムズほか世界の名だたる新聞が1面トップで報道するようなオーケストラの東京公演を逃したのは痛恨の極みと言えよう、と思ったSt. Ivesです。ところでセンチュリー・ホールって東京のどこにあるんだ?


というわけで、休みを取って銀座まで映画「オーケストラ!」(原題"Le Concert")を観に行きました。初回にも関わらず凄い混雑ぶりでしたし、終わってみて館外に出ると、十重二十重とまでは行かないまでも、相当に人が並んでいました(映画館のHPで混雑してますとは案内されていましたが、窓口で「立ち見になるかもしれません」と言われたのには驚きました)。


さて、映画のあらすじは、公式HPでほぼ分かるので割愛しますが、「のだめ」後篇より笑いが多い喜劇と涙ぐむ人々の鼻をすする音が聞こえる悲劇、オーケストラ公演に向けた人情話とその背後にあるソヴィエト・ロシアの冷酷な政治のあり様が渾然一体となって繰り広げられ、最後はハッピーエンドであることは分かり切っていたとしても、さらにチャイコフスキーの作品、特にヴァイオリン協奏曲が嫌いだとしても、十分ディテールとストーリーが楽しめ、ああ音楽を愛していて良かったと思える素晴らしい映画でした。非常におすすめです。



今月末からのハーンの独奏でサロネン指揮フィルハーモニアo.によるチャイコフスキーの協奏曲を含む来日公演と録音が楽しみなSt. Ivesでした。しかし、なぜに録音は別の指揮者とオーケストラなんだ?

2010.05.05 Wed » Zieht uns hinan.

どうも、部屋の大片づけが一段落したSt. Ivesです。


そこで、のだめカンタービレの後篇をようやく見に行きました。しかし、走り回るガキと傍若無人に席を立ったり座ったりするその母親達、しょっちゅう会話している女子中学生と思しき集団と、これほどひどい状況で映画を観るのは初めてでした。もう少し早目か、終わりに近くて、この作品を見に行こうという気構えのある人々で占められている時期に行くべきでありました。

とはいえ、映画は前編同様に良くできていました。前編と比べると笑いは少なく、重苦しいところが多かったのですが、前編以上に演奏シーンを長く回してじっくりと音楽を聴けましたし、ヨリ映画らしく感じました。それにしてもランランを全面的に起用するとはねえ、彼は31番を録音するんだろうか?

音楽も原作とほぼ同じものを使っていましたけど、シュトレーゼマンがのだめにコンチェルトの協演を持ちかけるシーンは、原作ではボーイトの「メフィストフェレ」の契約の場面を用いていて、とても効果的でしたけど、そのシーンの音楽がリストの「ファウスト交響曲」の最終合唱に変更されていました。この直後の千秋のモノローグもあり、「ファウスト」最終場の"Das Ewig-Weibliche zieht uns hinan."は余計に意味深く聞こえましたがね。しかし、誰の振ったものだったのだろう?


これからブリュッヘンの振った「ロ短調ミサ」を聴こうかと思うSt. Ivesでした。

2010.05.03 Mon » プログラムの整理

どうも、カンブルランの振ったストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴いて、普通に演奏しても大変なのに、あんなにテンポ揺らして間合いを取ってでは演奏はもっと大変だねえ、と思ったSt. Ivesです。


さて、今年は「熱狂の日」音楽祭にも出かけず、ひたすら紙類の整理。もう読まないであろう書籍を古本屋に出し、4つの本棚の移動を行い併せて本の並び替も実行し、肩と腰が痛くなりました。

そんな中でどうしたものかと思ったのが過去のコンサート・オペラ・リサイタルのプログラム類。行くと必ず購入していたので、膨大な量になり、どうにも処分しないと片付かないので仕分けを行ってみたのですが、読み始めると残したくなる。さらに、行ったことを忘れたコンサートもあり、そうすると余計に残しておきたくなるのですが、そこは我慢してとりあえず半分に減らしましたけど、なんとなくもったいないような気もしています、特に、パリ・オペラ座の年間プログラムや各公演の冊子は、読めないけれども、とても美しいんだよなあ、でもそう言っていると捨てられないしねえ。


ともかく大分部屋が広くなったような気がしているSt. Ivesでした。


09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。