4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2010.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2010.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.27 Sun » To gild refined gold, to paint the lily.

どうも、Borboudakisのピアノ曲集(NEOS)を聴きながらのSt. Ivesです。


ということで、本日、新国での池辺先生作曲のオペラ「鹿鳴館」を見に行きました。池辺先生がここを読んでいるとは全く思えませんけど、プログラムでくどいくらい自分がいかに演劇に係わってきたかを書かれているならば、本日のタイトルが意味するところで私の感想が尽きていることはお分かりになろうかと思われます。まあ、そんなところでした(ついでに、事業仕分けの対象にならなければよいのですがねえ、という意味もあります)。

さて、演奏については、初日を聞かれた方によると、こっちの方が歌手は良かったとのことでした。確かに声は良く通り、ビブラートを効かせ過ぎて何を歌っているのか分からん歌手は少なく、所作も相応にあり、「劇」としてせまるものはありました(主役はゲオルギュー演じる「椿姫」みたいな出で立ちであったなあ)。


演出については、幾つか見られた集団や謎の踊り(群舞を含む)は、鹿鳴館や「政治」の滑稽さを醸し出したかったのかもしれませんけど、この「劇」には全く持って不要に思いました。その他はとりあえず「新派」──岸田戯曲賞の審査員だけど最近新作あったか?と思う鴻上氏が、初期作品の劇中で盛んにバカにしていたなあ──っぽくしておりまして、可もなく不可もなくという感じ。まあ、プログラムに寄稿した辻井喬の述べるように、三島にとっての明治の美しき思い出である鹿鳴館という感じの舞台美術・衣裳だったかは定かでありません。


そのプログラムには片山氏が池辺論を寄稿しており、例のごとくバッサバッサと整理して論じており、個人的に音楽評論界の竹中平蔵と呼んでいる彼の面目躍如という感じ。

そしてもう一つ面白かったのは池辺先生自身の4ページ弱にわたる自己弁護(?)。先にも書いたとおり自分がいかに演劇にかかわってきたかを延々と書き連ねております。しかし毎日素振り2000回をしたからといってホームラン・バッターや4割打者になれるわけではなく(なれる可能性を高めはするだろう)、それで何ですかという感じ。また、オペラにおける演劇的要素を重視しているとのことで、そりゃ20世紀を超えてそうだと思わない方がおかしいよと思いつつ、だったら台詞を二度歌わせるなとか思うのでした。個人的には演劇的時間進行とオペラの時間進行の最大の違いはセリフの「繰り返し」の有無だと思うんですけどねえ、いやもちろん台詞を延々と繰り返すような演劇もありますが、少なくとも三島では違うでしょう。そして、もう一つ面白かったのは、当作品で自分はこれはやらないあれは採用しないリストでして

1.歌い回しに明確な特徴をつけない。くどくなるから
2.ライトモチーフも使わない。具象的な説明に陥るから
3.「ヴォツェック」のような器楽形式も導入しない。そのことに関心が偏ってしまうから

そして最後に、
4.「ツィンマーマン『軍人達』、ラッヘンマン『マッチ売りの少女』のような現代音楽の先鋭ともいうべきオペラに対し、興味もあるし畏敬の念を抱きはするが、あのような方向で書きたいとは考えないのである。新しい語法、新しい方向への関心を試すなら他のジャンルで、と考えてしまう」

とのこと。最後の4について、多分誰も全くそんなことを池辺先生に期待していないと思うですが。逆に、もし、そうした方向に思いっきり進んでいたら、余命が実はないので一度はじけてみようとしたのか?とか、「知の欺瞞」でも読んで、それを現代音楽界に対してやってみようと思ったのか?とか、良いダジャレがついに思いつけなくなったのか?とか、作品以前に一体何事がその身に起きたかと考え込んでしまいましたよ。

で、結局、その場面場面の解説に重点を置いた「劇伴」に留めておけば良かったのにと思うダラダラとした作品ができたのでした。


これからピアノをメッツマッハー、歌をゲルネによるシューベルト歌曲集でも聞こうかと思うSt. Ivesでした。シューベルトのオペラは、アーノンクールがどんなに力説しても、締まりなくダラダラの、まあ「駄作」の部類だと思うんだよねえ、でも旋律が美しいから良いけどね。
スポンサーサイト

2010.06.26 Sat » サロネン指揮フィルハーモニアo. マーラー9番

どうも、津田ホールでのアルディッティSQの演奏会から戻って明日の予習にMTTの振る「ローマの祭」を聴きながらのSt. Ivesです。本日実演も聴いたデュサパン作品(弦楽四重奏曲第5番)は、全17分強の作品ですけど、半分くらいまではカンチェリ?とか思ってしまいました。実際雰囲気も時折聞こえる旋律もそっくりであったなあ、あの手の作品はカンチェリだけで十分だと思うんだけどねえ、ベケットを引用してごまかさないで、という感じ(あっ、私はカンチェリ、特に「風は泣いている」は大好きですので)。初耳のバートホイッスルの作品"The Tree of Strings"はチェロ主導(独裁?)の作品で、最後はハイドンの「告別」交響曲のように終わり、何か劇というか演技と共に演奏すれば良いかもと思った分かり易い作品でしたけどねえ、たいして良い曲には思えんでしたけど、繰り返し聴けばジワジワと良さがわかるのかねえ(解説は、懐かしのガーディアン紙のAndrew Clements氏による、内容の無い評論の翻訳)。アンコールのリゲティの2番が一番作品として出来が良かったと言うと、初っ端に取り上げられた自作の「弦楽四重奏のためのプロジェクション」を聴きに会場にお出ましになっていた湯浅御大がお怒りになられるでしょうか(残りもう1曲は石井眞木の弦楽四重奏曲「西・金・秋」)。



 さて、本日は所要で会社を休んで諸々を片付け(WCを観るために休んだのではない。その時間は普通に寝ておりました)、さらにミューザ川崎でのサロネン指揮VPOによるマーラー9番のチケット(プレオーダー分)も入手し(席はどこに座ればよいのか分からないので適当に決めた)、そうだまだ聴いていなかったと標記CDをかけたところ、いきなり音飛び。


 ヘッドフォン用にDENONの古いDCD-α1を使っていると時たまそういうCDに出会うので、盤面を磨けば大丈夫だろうと見たところ、何と長さ1cm弱で深いキズがある。CDを購入して四半世紀以上、2枚入っていたり、レーベル記載と違う曲が収録されていたり、相性が悪くて再生できないCDに出会ったことはありますけど、最初から大きな傷入りというのは初めて。某毒入りギョーザ事件のように、CD製造工場の誰かが付けたのでしょうかねえ。ともかくさっそく返品しました。タワー渋谷の当該CDはほぼ全滅らしいと聞き(でも売り場には一部と書かれていた)のですが、他店はどうなんでしょうかねえ。しばらく購入は控えて様子見であります。



明日はハチャトリアンの交響曲第3番とレスピーギの「祭」を聴きにトリフォニーに行く予定のSt. Ivesでした。耳が痛くなりそう。

2010.06.23 Wed » ようやく入手

どうも、音楽之友社のオーディオ雑誌「ステレオ」7月号を付録につられて購入して読んでいて、ふと奇妙な既視感に襲われたSt. Ivesです。ハーンの演奏するチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の批評がレコ芸と同じ歌崎氏でありました。全く同じ文章のような気がしたんですけど、この場合、同じ出版社とはいえ原稿料は別なんでしょうかね?


それはともかく、帰宅途中にタワーに寄ってようやくデゥサパンの弦楽四重奏曲集のCDを入手できて、予習が間に合いそうで良かった良かったと満足して、現在はシューマンのピアノと管弦楽作品集成(RCA)を聴いております。どちらも日本語解説付き。良く知らん作品の場合は日本語解説がある方が良い場合がたまにありますので。シューマンのCDはピアニスト本人の解説だけでなく、その細かな修正・訂正と追加情報が別途なされていて助かります。そしてデュサパンは、あれを英語で読むのはめんどっちいなあと思いましたし、あんまり曲の解説になっていないことがよくわかりました。ただ、予習ついでにデュサパンのオペラ「ファウスト博士 最後の夜」のDVDも見ておいた方がよさそうだということは分かりました。

このほか、近々売り出しが始まるサロネン指揮VPOのコンサートのチケットはどのクラスにすべきかを決めるべくフィルハーモニアとのマーラー9番も購入。しかしまだノリントン盤の封すら切っていないし、ジンマン盤も近々でるしなあ、聴く暇がない。他は、見つけたら買うことにしているバッハ=ブゾーニの「シャコンヌ」など。


ということで、現在シューマンのピアノ協奏曲ヘ長調の3を楽章を聴いているSt. Ivesでした。もうちとオーケストレーションが厚めでもよいかも、あるいは「管弦楽なしの協奏曲」に編曲し直すとか。

2010.06.22 Tue » ロダーリ「猫と共に去りぬ」

どうも、バルトークのミクロコスモス第3巻第95番の「キツネの歌」ってどんな曲か聴いてみようかと思っているSt. Ivesです。


ということで、イタリアの作家ロダーリの短編集「猫と共に去りぬ」を題名に惹かれて入手し読み終えました。どれもユーモアにあふれた面白いもので、標題の「猫と共に去りぬ」をはじめ猫が結構登場しますが、クラシック音楽愛好家ならば「ピアノ・ビル」(ピアノ・ビルは人の名)には抱腹絶倒するでしょう。例えば保安官とビルの次のようなやり取り、

「『よそ者め(中略)しょせん音楽なんて無駄なんだ。山羊飼いたちにしてみれば、バッハのかわりに山羊が一頭うまれていた方がどれほどありがたかったかわからない』
最愛の音楽家をこきおろされたピアノ・ビルの胸が、疼いた。
『いまの言葉、必ずや撤回させてみせる!』ビルは叫んだ。」

保安官は「諸調によるカノン」を最後の審判の日まで連続して演奏し続ける、ないしは「マタイ受難曲」をやはり最後の審判の日まで聴かされ続ける刑が待っていることでしょう。

あるいは、あるお嬢さんへのビルの台詞、

「それより、一度でいいから三チャンネルを聴いてみてください。エミール・ギレリスのコンサートが毎日のように放送されています。彼はよく、スカルラッティやプロコフィエフやショスタコーヴィチの曲を演奏しますが、決闘の瞬間が差し迫っているいま、精神を強く保つのに、これ以上のものはありません。」


何故ビルはリヒテルをお勧めしないのか?答えは最後になれば分かります。まあ、聴く確率が高いだろうからねえ。


それにしても、光文社古典文庫でもこれは書店に並んでいないので取り寄せたら初版第1刷であったのに驚いたSt. Ivesでした。

2010.06.21 Mon » リゲティの肖像@水戸(6月20日)

どうも、レコ芸を眺めて、300選の代り映えしないチョイスは選者が代り映えしないからだねえと思うSt. Ivesです。



さて、1日遅れですけど、水戸芸術館で行われた「リゲティの肖像」。午後1時15分にリゲティがオマージュをささげたフレスコバルディのオルガン作品「クレドの後の半音階的リチェルカーレ」から始まり、午後5時過ぎに「ルクス・エテルナ」で終わったとても満足・満腹する演奏会でした。

プログラム詳細は、ここを観てもらうとして、まずはプレ演奏=1で取り上げられた「ヴォルーミナ」。サントリーで見聞きした記憶がありますが、この曲はやはり迫力が欲しいところで、その点だけとっても水戸の方が遥かによろしかったし、大熱演でありました。

そして、本日のメインであるとは言いませんけど、個人的にはとっても楽しみなプレ演奏=2の「100台のメトロノームための<ポエム・サンフォニック>」。2003年にバービカンで一度見聞して以来ですが、やはり楽しい作品。ただ、思うに困難とはいえ100台すべて同じメトロノームでして欲しかった。というのも、四分音符=60程度かな、一つ妙に良く聞こえるメトロノームがあって、それとのズレがちょっと気になりましたもんで。リハーサルをきちんとしていたそうなので、このズレや各メトロノームの醸し出す音のブレンドも狙ったもんだったんでしょうけどねえ。NEOSあたりでクセナキスのピアノに続いて、コンピュータで再現したリゲティ作品集とか出さないかな、その中でポエム・サンフォニックも取り上げてほしいものです。

さて、本演奏会。アルディッティの弾く二つの四重奏が白眉でありました。アルテミスSQ@青葉台の実演と比較すると乱暴かなという感じ。あれれ?という音も時々平気で聞こえてましたけど、2番の滑らかで、空中に浮遊する輝く織物のような感触は十分に楽しめました。席の位置のせいで、第1ヴァイオリンがやたらめったら音が大きかったようには思えましたけど、まあそれも御愛嬌。実演では初めて聴くヴィオラ・ソナタもよござんしたが、楽譜をまだ持っていない身には第1楽章のコーダ部分が視認できて、一人で納得。でも、寝ている人が多かった。今回の中では一番渋い作品でありますが、しみじみというか寂寞としたところもあるいい作品だと思うんですけどねえ。


さて、ピアノ部門。背景のショパンは、つい先日にツィメルマンのまさにリゲティ!と思わせる4楽章を聴いた後では圧倒的に不利でありましょうが、それでも自画像のヘンテコさが非常によくわかるドライな演奏。そしてそのままドライな練習曲を聴かせてくれましたが、うーむ、私はエマールの滑らかで軽ろやかで素早くて迫力のある正確で美麗な演奏が好きなんだなあ、ウィグモア・ホールでの実演もCDのまんまだったぞ、という感じ。

最後のルクスエテルナ、浮遊感あふれる美しい演奏でありました。舞台下手の2人のソプラノが良く聞こえたので、アルディッティSQの演奏も席の位置の関係だと得心した次第。やはりコンサートは良い席で聴くことが重要であります。


25日のアルディッティSQ@津田ホールを楽しみにしつつ帰宅(でも水戸は遠かった)。



これからClara Maida作品集(RZ)でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。

2010.06.19 Sat » モルゴーア・クァルテット@浜離宮朝日ホール 6月18日

どうも、9月にベルリンに長期滞在したいSt. Ivesです。時間が無いので無理ですけど。


さて、本日は標記の演奏会に出かけましたんで、例のごとく極めて簡単な感想をば。

モルゴーア・クァルテット第33回定期演奏会
2010年6月18日 午後7時開演
浜離宮朝日ホール

プログラム
モーツァルト :弦楽四重奏曲ヘ長調Kv.590
シェーンベルク:弦楽四重奏曲第3番 op.30
コルンゴルト :弦楽四重奏曲第3番 ニ長調 op.34

(アフタートーク)
第1ヴァイオリン荒井英治氏:シェーンベルクの弦楽四重奏曲第3番およびそれを演奏することについて

(アンコール)
シェーンベルク:スケルツォ(1897年)

会場に着いてプログラムを眺めるまで、本日の第1曲はヒンデミットの弦楽四重奏曲第3番だとばかり思っていて、前夜も予習をしながら、3番揃えとはいえ渋過ぎる選曲(特にヒンデミット)で、お客さんは入るのだろうか?とか思っていたのでした(それなりに入っていたように見えました)。

さて、モーツァルトとコルンゴルトはスルーさせていただき、シェーンベルクの3番について。彼の弦楽四重奏曲の中では、第1番と並ぶ愛好曲でありながら、荒井氏がトークで述べていたように実演は稀なため、今回が初めてのライブ(私にとってはどの楽章もかっちりしていて、メロディーがあって親しみ易い作品だと思うんですがねえ。2番の方がよっぽどフワフワしていて親しみづらい)。

さて、その演奏は、「血の通った演奏を目指しました」というアフタートークの言葉にある通り、こんなに盛り上がる作品だったとはと驚くような力演・熱演でありました。ディスクで聴くラサール・アルディッティ系の、細身の音で、カチカチと歯車がきれいに噛み合っていくような快感とは異なり、振幅の大きな表現とワイルドな響きで、十二音でも燃えるシェーンベルクという感じでありました。

まあ、実際シェーンベルクでは寝ている人も多かったのですが、音楽というのはルードヴィヒII世のように一人で楽しめればよいわけで、個人的にはとても満足した演奏会でした。

ちなみに次回のモルゴーアSQの定期公演は来年1月18日、曲目はアレクサンドル・モソロフ:弦楽四重奏曲第1番ほか。万難を排して行かねば!


20日にメトロノーム100台による演奏会を聴きに行くSt. Ivesでした。練馬からはベルリン、パリよりも遠く感じるんだけどねえ、水戸は。

2010.06.13 Sun » 久しぶりにエア・チェック

どうも、交流戦ではまたもやパリーグのチーム、それもオリックスが優勝か、と現時点では全くスポーツ・ニュース的に盛り上がらないことにがっくり来ているSt. Ivesです。我が愛する中日はこの交流戦がどうも苦手のようなのだが、セリーグ自体がダメダメなんだねえ、と思うのでした。

本日は、久しぶりにFMラジオのエア・チェック。我が家のあたりは電波状態が悪くてNHKFMを聴く気が全くしない。何時になったらBBC3のようにデジタルFMラジオ放送が始まるんだろうと思っているんですけどねえ、ここらあたりについては、NHKはBBCの真似をする気はないみたい。

とはいえ、本日のサンデークラシックは、メトロポリタンで先月上演されたベルクの「ルル」ということで、ひょっとしてBSで舞台を放送してくれるかもという期待を抱きつつ、無かった場合に備えて録音。「ルル」役はハンブルクのの「ルル」であったマリス・ペーターゼン、そして「ゲシュヴィッツ伯爵令嬢」をアンネ・ゾフィー・フォン・オッターでありますから、たとえ音がビリビリしていても、あるいは雑音混じりでも、私個人にはとても価値ある音源であります。ペーターゼンのルルは、ハンブルクとは異なり少女らしい声(あちらは成熟した女性という性格付けであったからなあ)。オッターの伯爵令嬢は、いつもの声でありました。

放送では解説によると、メトが3幕版を最初に取り上げたのは1980年だそうで、そして今回の舞台はその時のものを使用しているとのこと。いくらなんでも古すぎない?と思ったのでした(見てみたいけど)。


これからレーガのヴァイオリン協奏曲でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。楽譜の前書きにすら「ヴァイオリニストのレパートリーにはなっていないよーん」と書かれているくらいで、新録音はでないねえ。テツラフあたりが録音してくれんかなあ、ヨアヒムのよりはよっぽど良い曲だと思うんだけど。

2010.06.12 Sat » ツィメルマン@所沢

どうも、ということで標題のリサイタルに行ってきたSt. Ivesです。


6月12日 午後5時開演 所沢ミューズアークアホール

クリチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル

All ショパン・プログラム
ノクターン第5番 嬰ヘ長調op.15-2
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調op.35
スケルツォ第2番 変ロ短調op.31
ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調op.58
舟歌 嬰ヘ長調op.60

どれをとっても、いつもながらとはいえ、見事な演奏。隅々までコントロールされた均質で美しいタッチ、ゆるぎ無い構成感、練りに練られたプログラム。明晰でしかし詩情に溢れ、そして光輝さと高揚感に満ちた3番ソナタ、そしてその後に立ち現れた「舟歌」の寂寞たる心象風景、アンコールなどあり得ないと思わせる完璧な演奏。至福の時間あるいは音楽の魔術にとらわれた時間、複製技術の時代であってもアウラは存在し得るのだという証明、好きでもないショパンの作品だというのに!


9月のツィメルマン再来日が待ち遠しいSt. Ivesでした。

2010.06.09 Wed » ベネット「やんごとなき読者」

どうも、本日、本屋で何気なく手に取った標記の本を読了したSt. Ivesです。2時間弱程度で読み終えられる中編小説です。


実に面白かった。コーギー好きだが音楽と陶器に興味が無いことで知られる英国女王エリザベスII世を主人公に、彼女が読書に興味を持ち、さまざまな読書遍歴を重ねていく中で徐々に変わっていく様を、敬意ある(ちょっと辛口も含めた)ユーモアあふれる筆致で描いた作品でした。彼女のジェーン・オースティンやヘンリー・ジェームズに関する感想、特にオースティンの面白みが当初分からなかった理由は実に女王陛下らしくてすこぶる面白いものでした(ゾンビ付きの方はまだ読んでいないようです)。また、アニタ・ブルックナー、イアン・マキューアンそしてカズオ・イシグロも読んでいるとされていますが、その感想が書かれていなかったのは、現役作家への高貴なる配慮ということでしょうか(パーティーには招待したのかな?)。そして多分、小説中の女王がもっとも気に入った作品は、プルーストの「失われた時を求めて」でしょう。長い物語をたどった果てにたどりつく小説最後のセンテンスは、若者ではなく年老いた人にこそ実はふさわしい。


これから光文社古典文庫のブッツァーティ「神を見た犬」を読もうかと思うSt. Ivesでした。この文庫(か河出の夏澤個人選集)でマンの「ファウストゥス博士」の新訳は出ないものだろうか?

2010.06.02 Wed » ハーン、サロネン、フィルハーモニア(6月2日)

どうも、来年3月24日にハーンのリサイタルがあるそうで、行こうと思っているSt. Ivesです。オペラ・シティ友の会で割引はあるのだろうか?


というわけで、本日サントリーホールでの公演を聴きに行きました。感想は「お疲れさまでした」という感じでしょうか。

5月29日から連日公演に加えてサイン会では疲れない方がおかしいわけで、東京公演最終日なんだから前日くらい空けたらと思うんですが、呼び屋とフィルハーモニアの都合なんでしょうかねえ、演奏の水準自体は高いのですが、ノリと切れと緊張度は明らかに5月30日に比べて落ちていました。ハーンもオーケストラも殆ど笑顔が無いし(除くヴィオラのトップの女性)、コンサートマスターのアクションも小さくなっていましたからねえ。ハーンのヴァイオリンは本日は冴えがいま一つでした。こうなると派手なアウアー版でないのでチャイコのヴァイオリン協奏曲は退屈になりかねませんです(とはいえ1楽章のカデンツァは素晴らしかった)。


もうひとつ、東京芸術劇場と違ってサントリーはP席があるので、1階席に座って聴くと、チューバやトロンボーンの音が後ろから空中に抜けてしまいまして、やはり2階席にすべきだったかと思ったのでした(シベリウスの演奏で空間性や立体感が大分損なわれてしまった気がする)。

なお、アンコールはシベリウスの2曲、「メリザンド」と「行進曲調で」(「なぜ合唱が無いんだ?」とか「歌合戦は始まらんのか?」と思ってしまう曲)だけでした。オケは一応楽譜を準備していたのが見えましたが、サロネンがコンサートマスターを連れ帰ってしまったんで、そこまで。やはりお疲れのようでした。



来年2月に来日予定のマリンスキーは、「影の無い女」と「トゥーランドット」に加えて、「トロイアの人々」やパルジファル第3幕他までを連日演奏するとは、いったいどういう体力なんだろうかと思うSt. Ivesでした。演奏の精度は度外視ということか?
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。