4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2010.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.31 Sun » メッツマッハー指揮新日本po.@パルテノン多摩

どうも、「たまプラーザ」駅と「多摩センター」駅を勘違いしてひやひやしたSt. Ivesです。「たまプラーザ」駅に降り立ったら、雰囲気が違っていて、モノレールもキティちゃんも見当たらないし、おかしいなあと。勘違いに気がつくのが早かったおかげで、東急田園都市線─南武線─小田急の乗り継ぎが非常にスムーズに行きまして、コンサートには間に合いました。


ということで、本日の公演の感想をば簡単に。

10月31日(日)15時開演 パルテノン多摩大ホール
インゴ・メッツマッハー指揮 新日本フィルハーモニー

ブラームス:悲劇的序曲
ハルトマン:交響曲第6番
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

11月2日にもサントリーで同じプログラムを取り上げますので、行けたらまた行きたいなあというコンサート。

久しぶりのメッツマッハーの指揮、会場についてみると、オーケストラは対抗配置になっていました。

会場が異なるせいもありましょうが、音の重心が低く、打楽器の音が良く響く感じ。特にブラームスでそう感じました。メッツマッハーは、ビオラと第2バイオリンを叱咤激励するように腕を振りまくって振っていました。それにしても、こんなに拍をとらずにかがんだり腰振りダンスしながら指揮する人でしたっけねえ。アクションが大きい

さて、ハルトマンの6番、生では初めて。「春の祭典」とショスタコーヴィチの交響曲第11番が聴ける人ならば苦も無く聴ける作品にもかかわらず、編成がでかいわりに演奏時間が短いんで取り上げにくい作品ではあります。
さて、演奏は、CDではクリアに聞こえない細部、ピアノやハープの音がライブの方が良くわかるのはEMIの録音がひどすぎるせいではありましょうが、実に面白い。第2楽章の後半の錯綜とした部分もオーケストラが何を演奏しているのかクリアに聞こえるし、打楽器群の音が響きわたる中、大いに盛り上がって終了。

休憩を挟んでチャイコフスキーの「悲愴」。一体どんな演奏かとおもったら、語弊はありましょうが、スタイリッシュだけど躁鬱が激しく交代するような感じ(情緒連綿という感じは全くなし)。引き続きビオラと第2バイオリンを叱咤激励する一方、オケ全体にもっともっと音出して情感豊かにという感じの指示も。メインの旋律以外の様々な旋律を浮かび上がらせてぶつけていき、第3楽章とかレスピーギの「ローマの祭り」のそれを思い出しましたけど、表現主義的で面白い演奏でした。なお、第3楽章から第4楽章へは間髪いれずにつなげていきます。


「悲愴」の第4楽章コーダ部分で携帯電話を鳴らした御仁がいて閉口したSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

2010.10.25 Mon » 求むニューヨーカー

どうも、東武東上線の人身事故のとばっちりで池袋で足止めを食っていたSt. Ivesです。相互乗り入れは便利ですけど、一か所が止まると全体がとまるので困ります。


さて、先月のレコ芸に掲載されていたメトのレヴァイン記念CD&DVDセット、あわせて500ドルと昨今の円高でお得感もあり、シェーファーが歌うルルもあるならば申しこもうと思ったら、何と米国以外のお客は「電話してくれ」との表示が。

電話してもいいけど面倒そうだし、カード使えないと面倒そうだし、ちゃんと届くかも不安だしと躊躇中。ニューヨークに知り合いはいないしということで、タワーあたりが輸入してくれないかと期待しているのですけどねえ。冬休みにCDを買うついでにラトルの振る「ペレアス」でも観にNYに行こうかという気もしたけど、時間があるかな(28日の回はまだ売れ残っていたけど)。


これからディスク・ユニオンで見つけた、ミヨーのオペラ「クリストフ・コロンボ」@シャンゼリゼ劇場のCDを聴こうかと思うSt. Ivesでした。いやあ、何年ぶりだろうこのCDをみるのは。新品であった。再発売でもするのかな?

2010.10.23 Sat » ポリーニ・リサイタル@サントリー 10月23日

どうも、祝杯をあげているSt. Ivesです。次は日本シリーズ制覇であります。


さて、本日のリサイタル、休憩なしでベートーヴェンの最後の3つのソナタとアンコールのバガテル2つで、午後7時開演で午後8時過ぎには終了しましたが、うーむ、32番はともかく、30番と31番がちとひどすぎた。時にポリーニの演奏を聴くと、

「n人で、nマイナス1人で書くこと、スローガンの数々で書くこと──リゾームになり根にはなるな、断じて種を植えるな!蒔くな、突き刺せ!一にも多数多様にもなるな、多数多様体であれ!線を作れ、決して点は作るな!スピードは点を線に変容させる!速くあれ、たとえその場を動かぬ時でも!幸運線、ヒップの線、脱出線。あなたの裡に将軍を目覚めさせるな!地図を作れ、そして写真も素描も作るな!ピンク・パンサーであれ、そしてあなたの愛もまた雀蜂と蘭、猫と狒狒のごとくであるように。」
(ドゥルーズ=ガタリ「リゾーム...序」豊崎光一訳、朝日出版社p.88)

を思い起こさせるんだけど、指が回らず不発であったし、31番にいたっては2楽章が無残に崩壊していたなあ。それでも32番は持ち直して前回聴いた1998年を彷彿とさせる、あるいはそれ以上に気迫と疾走感、そして斬新な音響処理を聴かせる前衛っぽいベートーヴェン演奏であっただけに、残念であった。


次回の「平均律」に期待するSt. Ivesでした。その前に、京都に行って腹を壊して帰国しないことを願うばかりです。

2010.10.18 Mon » ペーター・レーゼルに決定

どうも、カジモトから払い戻しの案内メールを読んでいたSt. Ivesです。封筒が届いてからですな。


新日po.のHPで22日、23日の代演はペーター・レーゼルに決まったとのこと。CD、実演ともにレーゼルは聴いた記憶がなく、それに新日po.の会員で払い戻しはないし、聴きに行くことにします。リームの作品もあるし(どろーんと重ったるい作品だろうか?)。


VPO3回分、ルプー1回分の払い戻しで急に懐状況が豊かになったSt. Ivesでした。全く嬉しくないんですけど。

2010.10.18 Mon » ポリーニ@サントリー 10月17日

どうも、サロネンに引き続きルプーまで来日中止になってがっくりのSt. Ivesです。これで、本日のプログラムが、「演奏家たっての希望により、ブーレーズのピアノ・ソナタ第2番から、ショパンのピアノ・ソナタ第2番に変更となりました。ご了承ください」とかいう案内が貼られていたら泣きっ面に蜂だな、と思いつつ出かけたところ、プログラムに変更はありませんでした。


2010年10月17日(日) サントリーホール 午後7時開演

マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル
<プログラム>
ショパン:24の前奏曲 op.28
(休憩)
ドビュッシー:6つの練習曲(「練習曲集」第2集)
ブーレーズ:ピアノ・ソナタ第2番

<アンコール>
ドビュッシー:沈める寺
ドビュッシー:西風のみたもの
ショパン:練習曲集op.10第12番「革命」
ショパン:バラード第1番ト短調op.23

大変重量のあるリサイタルでした。さすがに御歳68ということで若干指回りにもたつきがあったり、音の輝かしさに陰りが聴かれましたけど、それでも凄かった。老残とか老醜という言葉とはまだまだ無縁でありました。


ブーレーズのピアノ・ソナタ第2番のディスク中で(といっても我が家には4種類しか確認できませんでしたけど)、構造を感じさせつつも、輝かしい音、強弱・テンポの微細なグラデーションを駆使したピアニスティックな美しい演奏を収めたあのDGの録音に匹敵するとは言えませんが、それを彷彿とさせる演奏でありました。やや意気込み過ぎた感じで第1楽章が始まり、そのままの行くのかな?と思ったら、そのまま最後まで行きました、凄い(ブーレーズがどうのたまおうと「詩的」に聞こえる第2楽章があんなに短く感じるとは思いませんでしたけど)。ところで、第4楽章、各部の間にちょっと休止が入りますが、ハンカチ出して額を拭えるほどの長さの休止の指示だとは思ってもいませんでした。特に、盛り上がる第3部と静かな第4部の間の休憩がちと長くて、誰か間違って拍手しないかとちょっと心配しましたよ。
ともかく、この手の曲は、「ともかく俺についてこい」的強引さで聴衆を引っ張れる力量がないと退屈してしまいますが、今のポリーニにはまだまだその力量があったのでした。

その後、ブーレーズの2番で静かに終わるかと思っていたら、盛大な拍手に応えて「沈める寺」が弾かれ、ポリーニのドビュッシーの「前奏曲集」の実演は初めて聴きますが、CDのそれや野平の実演以上に明晰でありまして好ましかったです。これで、しっとりと終えるのかとおもったら、すぐに「西風」を演奏し(これも良かった)、聴衆を盛り上げてどうするんだと思っていたら、「革命」を弾き始め(これはちと指というか腕がもつれていた感じもする)、最後はバラード第1番で大盛り上がりで終わりました。プログラムの前奏曲も含めてショパンも凄かったなあ。


ポリーニは、ブーレーズを真ん中に挟んで前半後半が対称的なプログラムにしたかったんんだろうか?と思いつつ帰宅。23日のベートーヴェンの最後の三つのソナタ、11月3日バッハの平均律第1巻が楽しみです。



今週の金、土曜日の新日po.のベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番は誰が弾くんだろうねえと顔ぶれを考えているSt. Ivesでした。ルプー・クラスのピアニストをカジモトが今から揃えるのかねえ。まあ4番何で大方のピアニストのレパートリーには入っているだろうけど。

2010.10.13 Wed » マーラー生誕150周年

どうも、リームのクラリネット五重奏曲を聴きながらのSt. Ivesです。重たいです。

本日コイン商よりマーラー生誕150周年記念コインが届きました。発行国はチェコ。

Coin_Mahler
これはコインと共に付けられた証明書で、先月でしょうか、チェコのカリシュトで行われたマーラー生誕150周年記念コンサートの模様をNHK BSハイビジョンで放映していまして、まあチェコの作曲家と言えなくもないなあという気がしましたけれど、コインでも主張するとは思ってもいませんでした。チェコ語だとGustava Mahleraと綴るんですねえ。

ところで、コイン裏面の楽譜が非常に見づらく、どの曲か判読できません。何でしょうかねえ?



一緒にアルフォンス・ミュシャ生誕150周年コインも入手したSt. Ivesでした。ということは、マーラーが、ナチスによるオーストリアやチェコ併合の時代まで生きていてもおかしくなかったんだなあ。

2010.10.11 Mon » 「誇り高きデザイン 鍋島」展とオルメカ文明展に行く

どうも、ポリーニの平均律を聴きながらのSt. Ivesです。実演でも同じだろうということが分かり切っているけど、聴きにいってしまいます。第2巻は取り上げないのかな?


ということで、本日は午前中に「鍋島」展@サントリー美術館に、午後に「オルメカ文明」展@オリエント美術館に行ってきました。

六本木のサントリー美術館での「鍋島」展は本日が最終日、相応に混雑していましたが、堪能しました。誇り高きかどうかはともかく、中には民間窯からデザインのアイデアを借りながら、それとは趣が異なる幾何学的で洗練された意匠に非常に感心しました(いつもながら、茶碗系美術展では手にとって見れないのが、切歯扼腕、隔靴掻痒という感じ)。幾つも手元に置いておきたいデザインの皿が並んでいます。特にぼかしをいれた文様で創りだしたおぼろ月夜の大皿には感心しました。ミュージアムショップにも欲しいなあと思うデザインの皿が売られていまして、一瞬買おうかと思ったのですが、一皿だけでは用が足りないのであきらめました。


続いて池袋サンシャインシティ内のオリエント美術館で9日から始まったオルメカ文明展に行きました。インカ、アステカ、マヤ、そして最近ではシカン文明以上に知られていないオルテカ文明の展覧会とは珍しいと思う一方、正直、あんまり期待せずに出かけましたが、「鍋島」と違い華やかさはありませんが、古代メそ・アメリカ諸文明まかんずくマヤ文明に興味がある方ならば是非とも見るべき展覧会でありました。。オルテカ文明を代表する黒人の顔思わせる巨大な頭石像はさすがに持ち込まれていませんが(床が抜けるでしょう)、殆ど日本で紹介されていないオルテカの遺跡や文化・文明について知る絶好のチャンスであり、マヤ文明が直接的に影響を受けている、というより素人目には文様等に差が見られないことが確認できます。2012年12月23日前後に終わりが来るマヤの長期歴の始まりがオルテカ文明の終わりごろにおおむね合致しているのは、神話を信じてトロイを掘り出したシュリーマンならずとも、何かあると思えるのでした。

その後、好日山荘池袋店で靴とリュックを買って帰宅。



サロネンがVPOの定期を降板したというニュースを知ってやきもきしているSt. Ivesでした。

2010.10.10 Sun » フィガロの結婚@新国(10月10日)

どうも、沼尻指揮大阪センチュリー交響楽団他によるメンデルスゾーンの「賛歌」を聴きながらのSt. Ivesです。


さて、本日表題の公演に行ってきましたのでごく簡単に感想を。

2007年初舞台の再演とのことですが、先日の「アラベラ」以上に堪能し、実に楽しゅうございました。私の印象では、ダ・ポンテ、モーツァルトの脚本・音楽にホモキの演出そして舞台美術が、隙間なくぴったりとあっていました。簡素な舞台、少ない小道具、白い衣装の貴族と黒系の衣服の庶民が入り混じり、婚礼に際して皆白い衣装で同質化するという見た目も面白かったですが、何よりも演技です。どの歌手も、細かいしぐさ、表情、位置取りが歌・セリフとぴったりとはまっており、演劇としてみても面白かったです。

そして歌、アンサンブルともに全体的に見ればとりたてて非を唱えるほどのこともなく(指揮がもうちとキビキビしたものでも良かったかも程度)、その中でも特に気に入ったのはケルビーノ役のミヒャエラ・ゼーリンガーでして、個人的にはゾフィー・コッシュ並みに注目したいズボン役です。拍手も実は一番多かったのではという感じ。是非ともオクタヴィアン役で見聞きしたいものです。そして、伯爵夫人役のミルト・パパタナシュ、スザンナ役のエレナ・ゴルシュノヴァもそれぞれのアリアを始めとして様子も美しく、何よりも、強靭とは言えないけれど美しく情感のこもった無理なくよく伸びる通る声であり、それぞれの役にぴたりとはまっていました。パパタナシュはウィーンでドンナ・アンナを歌い、ゴルシュノヴァはゼンパーでパミーナを歌うそうで、これも見聞きしたいものです。


次の新国は12月の「トリスタンとイゾルデ」のSt. Ivesでした。冴えない演出にもかかわらず、TVの貧弱な音にもかかわらず、震えが来る歌だったテオリンのイゾルデ役に大期待。

2010.10.03 Sun » 音楽寺に行く

どうも、アーノンクールの振る「フィガロ」を聴きながらのSt. Ivesです。

本日は、お日柄もよくと、秩父にある音楽寺まででかけてみました。

西武鉄道のレッドアロー号に乗るのは新型になって初めて。駅から音楽寺までは歩いて1時間程度で到着。その登っている最中、音楽が聞こえる、さすが音楽寺と思って耳をすますと、ベートーヴェンの「ハンマークラヴィーア」の第3楽章。足だけでなく心まで重くなりました(その後4楽章に突入していた)。

音楽寺と名乗ることになった経緯は不明ながらも、吹奏楽コンクールで好成績をおさめたいといった願い事などが残されていました。

そこから、山の中を抜けると、依然として音楽がスピーカーから流されている。公園内とはいえ、人気もない静かな環境で山歩きを楽しみたいのに、何故ツィガーヌやチゴイネルワイゼンを聴きながら歩かなくてはならんのだと思っていると、スピーカーが無い地帯に入り、やれやれと思っていると、「クマ出没に注意」の看板が...。人がいることをクマに気がつかせろとのことだったので、鈴は持っていない、しょうがないので口笛でも吹こうと何気に吹き始めた曲は、ブラームスの交響曲第4番。曲が進むにつれて歩くだけでなく人生まで嫌になってきそうだったので、途中で別の曲にしようとシェーンベルクの室内交響曲第1番に切り替えたら、出だしの音程が上手くとれず、繰り返していると足を木の根にとられて挫けそうになったので、口笛は中止。その内自動車が頻繁に通る道路に出て、たらたらと秩父まで戻りました。

殆ど舗装された道だったので、ちと面白みに欠けるハイキングでありましたが、「クマ出没に注意」にはちょっとドキドキしました。



「隣のツキノワグマ」を今度購入しようかと思うSt. Ivesでした。

2010.10.02 Sat » 新国立劇場新シーズン開始「アラベッラ」

どうも、リヒテルの弾く平均律クラヴィーア曲集(インスブルックライブ)を聴きながらのSt. Ivesです。

ということで、新国立劇場2010-2011シーズンの幕開けとなる「アラベッラ」(10月2日初日)を観に行きました。演出・美術・証明・衣裳、歌手、オーケストラそして指揮者ともに実に良い舞台でありました。

演出家のアルローはズデンカに焦点を当てるかのようなことをプログラムに書いていますし、実際演出的にもそう見えなくはないのですが、「アラベッラ」がメインだと感じる舞台でした。歌手はアラベッラ役のカウネ、マンドリカ役のマイヤー(新国でヴォツェックを歌っていたなあ)、ズデンカ役ラスムッセンがいずれも素晴らしい歌声と演技、特に第3幕はダレることなくコミカルになり過ぎず、素晴らしい場面の連続でしたけれど、それもこれも姉妹の父であるヴェルトナー伯爵役の妻屋が実に良かったからだと思いました。1幕の過剰とも言えるコミカルさが第3幕では見事に嘆きと威厳のある役に転換しておりました。決闘前後のシーン自体はコミカルですけど、ヴェルトナー伯爵自体がコミカルになってしまうと舞台としては台無しになってしまうなあと思っているので、見事でありました。

そしてシルマーの振る東京フィルハーモニーですが、かなり柔らかい音色、私の好みのシュトラウスサウンドっぽい感じが出ていまして、こちらも満足。

ということで、尾高体制はひとまず好スタートを切ったのではないでしょうか。


次回の新国は「フィガロの結婚」の予定のSt. Ivesでした。

2010.10.01 Fri » 祝 セ・リーグ優勝

どうも、それどころではないニュースでかき消されてしまったのが残念なSt. Ivesです。


ともかく、中日ドラゴンズのセ・リーグ優勝はめでたい。アラベラが無ければ名古屋まで行くところだった、かも。次はクライマックス・シリーズで勝って、パ・リーグの覇者を倒して日本一である。できれば、パリーグは西武が出てくれれば、所沢ならば観にいける可能性もあるし、西武百貨店の「残念でした」セールの恩恵もあるんだけどねえ。



とはいえ、「お父さん犬ストラップ」が欲しくてソフトバンクの「優勝おめでとうキャンペーン」に応募してしまったSt. Ivesでした。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。