4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2011.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2011.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.28 Sat » クックの語るマーラー交響曲第10番

どうも、アナトール・フランスの小説「ペンギンの島」を読み終えたSt. Ivesです。「ペンギンの島」である必然性はなく、「ペリカンの島」でも「ペキン原人の島」でも良かったのではないかと思うのでした。さらに言えば、ペンギンはペンギンでも元祖ペンギン、1844年6月3日もしくは4日に絶滅したオオウミガラスなのであった。


さて、ようやくデリック・クックがマーラーの交響曲第10番の全曲を世に問うた放送録音を入手(TETAMENT SBT3 1457)。
思えば、マーラーを聴きはじめた30年以上前、2010年や2011年が来るというのは信じ難く、またアルマが聞いて激怒して、その後考えを変えたとかいう話だけを耳にしていた当のの録音を実際に聴けるとも思っておらず、バーンスタインの振ったアイヴスの交響曲第2番の初演時の放送録音と同じくらい、この録音を記念年に聴けることはとても感慨深い。

録音は、1960年代とは思えないクリアな音だし、喋りと音楽の音量バランスはクック解説の「リング」よりも良い。クックの喋りはいつものとおり聴きとり易いし、良く知った話なので理解し易い。できれば、この時のスコアが手に入ればより良いのだが、それは難しいだろうなあ。

CDを購入して気がついたのだが、放送用の断片はフィルハーモニア管、4年後のプロムスでの全曲演奏はLSOであった。すべてBBC響が演奏しているものとばかり思っていた。



それにしても、マーラーはこの先に何を創ったのかねえ、とゴルトシュミットの指揮を聞きながら思うSt. Ivesでした。


スポンサーサイト

2011.05.22 Sun » アンデルジェフスキ バッハ・リサイタル@所沢

どうも、昨日の新日po.のコンサートの感想を書いていないことに気がついたSt. Ivesです。マルティヌーの交響曲第3番はディスクと楽譜を手に入れようかと思わせる素晴らしい演奏でありました。一方、個人的には好きなチェリストであるタチアナ・ヴァシリエヴァが登場したのは幸いでしたが、うーむ、水と油とは言わないまでもソリスト陣はアルミンクとの個性とは違う人たちでありました。イチゴ大福はあまり好きではないのでねえ。


ということで、本日のリサイタル。

5月22日(日) 午後5時開演 所沢MUSE

イギリス組曲第5番
フランス組曲第5番
イギリス組曲第6番

(アンコール)
シューマン:「森の情景」から 「孤独な花」、「宿」、「別れ」

さて、アンデルジェフスキは10年以上前にフランス組曲第5番を録音していましてたが、当日のフランス組曲はその録音以上に自由闊達でニュアンスに富み、チャーミングで、聴いていると楽しい演奏でありました(弾いている本人も楽しそう)。これを聞くと、シューマンの「子供の情景」が聴きたいなあと思うのでした。時代を異にしながらも同じ精神で作曲されたかのような感じを受けるのですがねえ。ユーモアというかフモレスケとでもいうのでしょうかねえ。

そして、それを挟むイギリス組曲も、特に第6番はフランス組曲からの流れを受けてか、(普段聴いているヴェデルニコフのような)厳格・ストイックな演奏ではなく、よりも柔らかで流れるような、荘重な部分もあるが華麗に聴かせるピアニスティックなバッハでした。一方、第5番はペダルを少なめに荘厳でストイックな感じを6番よりも打ち出していました。そして、5番、6番ともに最終曲のフガートなめぐるましい指の動きで愉悦感たっぷりな演奏でした。両曲の最後をあれだけ弾ければ気持ちが良いでしょうなあ。

アンコールは、「子供の情景」ではないのですが、「森の情景」から3曲で、これは実に素晴らしい演奏、ほれぼれとするほど弱音のコントロールと間合いが良い。けれど録音では伝わらないような気がする演奏でありました。


残念だったのは、お客さんが少なかったことでして、最後の来日時のリヒテルin焼津を思わせる寂しさでありました。おかげで良い席で聴けたし、会場が静かだったのは良かったのですけれど、「もう所沢では弾かない」という話になるとなあ(我が家からは相応に近いし、チケット代は安いし、武蔵野のようにトリっぱぐれることはないから重宝しているのですけどねえ)。


これから本日届いたNEOSのドナウエッシンゲン音楽祭2009年を聞くか、アンゲリシュの弾くゴルトベルク変奏曲を聞くか思案中のSt. Ivesでした。

2011.05.19 Thu » インバル 都響 ブルックナー第2番

どうも、ようやく入手した新潮世界文学35収録のトーマス・マン「ファウスト博士」をこれから読もうかと思っているSt. Ivesです。中身の状態確認と適当に開いたら「あれは在ってはならないのだ」という全作品中で最も有名だと思われるアードリアーンのセリフのページだったのでギョッとしてしまいまして、気を取り直して、「そうだ、メールをチェックしよう」とENOからの案内を開けたら、あのテリー・ギリアム演出の「ファウストのごうばつ」だったので、これまたギョッとしました。はて、室内に黒いむく犬が見えたような、こうなったら部屋中の出入口に十字架を掲げておいて、人の思考と同じぐらいおまえは速いか質問するか、ヘレナを呼び出してもらうか、やっぱり「埋立地を信用するな、丘に家を建てろ」は真実の言葉だったよねとか会話してみるか、あっこれは三人組に殺された老夫婦のセリフだった。それにしても、ギリアム演出のこの舞台は見たい!短い宣伝ヴィデオだけでは欲求不満が溜まる!


本日5月18日はグスタフ・マーラーの命日、没後100年の日でありますが、上野は東京文化会館でのインバル指揮・都響によるブルックナー第2番を聴きに行きました。前半はプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番(Vnはマルキン)でしたが、好きな曲でもない上に、憂いによって盲目にされてしまったわけでないのですが、急に目の前が暗くなり、気がつくと拍手が起きていましたので割愛。

さて、ブルックナー。インバルは初稿だらけの全集でも第2番だけはノヴァークによる1877年版でした。まあ当時は1872年、1873年版の楽譜がまだ出ていなかったので仕方がなかったのですけど、今回も1877年版。

フランクフルト放送響と比較してみると、実測ベースではないのですが、どの楽章もテンポが速目に感じられまして、金管が大丈夫かなと思ったのですが、運命のモチーフが頻繁に登場する最終楽章までバテず、破綻せず、スパッと演奏してくれました、立派であります。インバルの指揮振りは、全体としては大昔のような緊張感あふれる弱音こそはありませんが、どこもかしこもリズミカルな中、テンポを揺らして、見得を切りつつ、壮麗に盛り上げていまして、聴いていてとても楽しい演奏(第1楽章の第2主題だっかた、いきなりテンポをガクンと落としてまた急速にテンポアップさせたのには驚いたなあ)。都響もインバルの見得切りに達者に応えていまして、好調であります。次回の演奏会も楽しみになりました。


「ファウスト博士」をやめて同時に入手したアナトール・フランスの「ペンギンの島」を読もうかと思うSt. Ivesでした。一体どんな話なのだろう、ペンギンが人になるらしいのだが?

2011.05.14 Sat » 尾高指揮、N響 エルガー 交響曲第3番

どうも、シューベルトのD.784を聞きながらのSt. Ivesです。演奏はダルベルト。


ということで明日に予定した尾高指揮N響のコンサートを所用があったので本日行くことに。

5月13日 午後7時開演 NHKホール

尾高指揮NHK交響楽団
イッサーリス(Vc)

ウォルトン:チェロ協奏曲
エルガー:交響曲第3番(ペイン補筆)

席に着いてみると、コンマス席に見たことのある外人が、とプログラムで確認したら、やはりライナー・キュッヒルであった。これだったら「英雄の生涯」にも行けばよかったかも。それにしてもヴィーンpo.のコンサートでは、まずエルガーの3番は取り上げられないだろうなあ(1番、2番が取り上げられたことはあっただろうか?)。


ウォルトンはほぼ寝ていたので省略、というかこの曲を聞くのは初めてのような気がする。

エルガーの3番は、解説にも書かれていた通り、ほぼパッチワーク作品であるが、聞き様によっては、最後のスケッチをもとに様々なエルガー作品をコラージュした4つの音詩と捉えてもよいのではなかろうか(ペインの出来はともかく、ベリオ=シューベルトの「レンダリング」のようなもの)。随所にエルガーの様々な作品の響きが聞こえるし、エルガーが影響を受けたヴァーグナー作品の響きも良く聞こえる(第3楽章なんぞパルジファルをアレンジしたのかねえ)。

偶々終演後に出会った仙台在住の知り合い(元気そうで何よりであった)は、3階席で聴いていたがスコア通りスカスカの音で、エルガーだったらもっと分厚い響きを創っただろうにと述べていたが、全く同感である、もう少し突き抜けた響きや展開があっても良く、様々なモチーフの連関があまりに感じられなさ過ぎである。ただ、私は、スカスカの響きを予想して、1階7列目ぐらいセンターブロック当たりに陣取っていたので、家でCDを聞くとしょぼく感じるこの作品が、オケのパワーもあり、それはそれで聴きごたえがあったのも事実だった。3階からブーイングが聞こえてキュッヒルが渋い顔をしてそちらの方を眺めていたが、まあ作品が作品だから、3階席ではつまらなく聴こえてもいたしかたなかろうが、私には、少なくとも当夜の演奏は、サー・ディヴィスのLSO盤、ナクソスのもの、あるいは尾高自身の録音よりはずっと楽しめたのであった。

隣のおじいさんは、エルガーに凄い思い入れがあるのか、演奏が始まると、こぶしを膝の上だけでなく、自分の顔の前で振りまわして感じ入って聴いていた。後ろの席の人はさぞ迷惑であっただろうなあ。


終演の後、帰り際、近くを歩いていた年配のご婦人が、「軍艦が海を行くような曲だったわねえ、最後も遠くに消えていって」と連れの人に話をしていたが、中々に言いえて妙なたとえであった。そうするとあのおじいさんは「海ゆかば」とシンクロしながら聴いていたのか?


シューベルトに続いて、S-HMCD盤になったシノーポリの振る「ローマの祭り」を聞こうかと思うSt. Ivesでした。

2011.05.07 Sat » カウチのマーラーとサロネンの録音風景

どうも、エッカーマンの「ゲーテとの対話」を何十年振りかに読み返していたら、「自然は自然の道を行く、我々には例外とみえるものも、実は法則にかなっているのだ。」(岩波文庫版上巻p.164)とゲーテは言っていたんだなあと感心したSt. Ivesです。


ということで、原題は全く「装飾」のかけらもないとマーラーに笑われるであろう映画「君に捧げるアダージョ」及びサロネンによる録音風景を移した記録映画を見てきました(渋谷ユーロスペースにて)。

ブライトコプフをはじめとした伝記を読んでから行くと中々に示唆に富むセリフやシーンがあって面白いですし、性格や位置づけは違うけど、アルマには「Taroの塔」に描かれた岡本敏子を思い起こさせるものがありましたし、第10番で目立つシュトラウスの「サロメ」のテーマをあまり強調していなかったのは逆に興味深かったし、精神分析は1回45分までと確か決められているのに、始祖がその決めごとを破っていいかのかしらん、あっこれはフィクションにござろうであったとフロイトとマーラーの掛け合いに笑いをこらえてしまったり、登場人物の造形は良くできているし、ということで色々と楽しめる映画でした。ただ、肝心の音楽がモノラルで音質が悪く、かつコンサートでもこんな大音量の場所では聞かないので辟易してしまいました。

音質・音量についてはサロネンの記録も映画同様でしたけど、作品をパーツごとに分解して録音する様や、サロネンが総譜をどういう風にみるのかとか、第10番の第1楽章に関するサロネンの見解、4番、5番、10番の指揮風景も垣間見れてサロネン・ファンにはよござんした。それにしても、監督からのアンダンテとアダージョの部分を同じテンポで演奏して欲しいというリクエストはいくらなんでも無理な注文だと思うんですけどねえ、サロネンも怪訝な顔をして反論していましたよ。


映画に行く途中に立ち寄った大体いつもチャイコ・ボロディン・リムスキーのド派手系で明るい曲を流している本屋が、今日はおもむろにショスタコーヴィチの交響曲第5番の第1楽章を流し始めてびっくりしたSt. Ivesでした。「本屋のかわりに荒唐無稽」とか「本屋のウソ」とかどこかの新聞に書かれたのだろうか?

2011.05.04 Wed » 写楽 中日

どうも、ヴェデルニコフの弾くバッハ:イギリス組曲第5番を聞きながらのSt. Ivesです。アンデルジェフスキ@所沢のリサイタルの予習です。しかしS席2000円とは、武蔵野市の文化会館に対抗し得る値段設定だなあ。


ということで、午前中に上野まで出かけて東京国立博物館でこの1日から始まった写楽展を観てきましたが、圧巻の品揃え。現存作品が殆ど来ていて、展示されていないのは4点(うち2点は所在不明、1点は門外不出、もう1点は現在ボストン美術館展で来日巡回中)という規模でした。また、展示として秀逸だったのは、同時期のライバル絵師による同じ題材の絵を並べてみせて写楽の特徴を分かり易くしていることです。それと歌舞伎の筋書きとか御一門についての知識を持っていればヨリ面白いだろうなあとか思いましたね(一応展示解説はあります)。

それにしてもたった10ヶ月で作風が変わっていくのは素人目にも感じられますし、第1期の大首絵が一番良いと私も思います(やはりエビゾウがすばらしい)。それにしても浮世絵版画での彫師・刷師の役割は重大だと思うのだけれども、誰がほったか、誰が刷ったかを研究した人はいるのかねえ?楽譜だとコピストの特徴で追いかけるし、シェイクスピアぐらい時代の出版物だと印刷業者や印字工の特徴が「綴り」で追いかけられるけどねえ。

なお、「絵」の展示ですので、写楽が誰か?という話は、展示で特段スポットライトは当てられていません(音声解説でチラと阿波藩の能楽師の話に触れていました)。まあ、「鑑賞者の誕生は絵師の死でもって贖わなくてはならない」という感じでしょうか。

ちなみに、東博では同時に手塚治虫の「ブッダ」原画と実際の仏像等をコラボした企画もやっていまして、立川で休養中のあの御二人もきっと見に来ていることだろうと思いながら、そもそも原作読んでいないし、時間もないということで本日はカット(これで極楽行きは無くなったかも...。生誕400年の親鸞上人に「手塚展を見なかったような悪人ですが、そこは一つ」と口添えしてもらうか)。そう言えば、「写楽展」の音声ガイドは落語家の春風亭昇太、これに対してブッダ展の音声ガイドは声優の水樹奈々と、東博は一体どちらに力を入れているのだろうかと一瞬思ったのでした。

東博には、類似企画として「へうげものと大名物展」を是非開催して欲しいものです。音声解説に中島先生を起用する場合は、NHKの解説番組のような棒読みは避けていただきたい。

その後、上野から神宮球場に向かいましたが、いやあ驚きましたよ、陽光に誘われたのか、当日券売り場は凄い行列で、15分くらい並び、試合が始まってもまだチケットを買えない。ようやく3塁側内野席のチケットを購入して席に着いた時ヤクルトに1点取られてしまいました。その後は岩田のピリッとしない投球で点を取られ、ピッチャー級の打率を誇る(誇らなくてよい)クリーンナップがくるくるバットを振り回すだけという、実に冴えない試合展開で進行。それでも5回、8回とビッグ・チャンスが訪れたのにもかかわらず、それを物にできない。さらに、9回表の大詰め、ブランコの普通ならばレフトフライが強風のおかげ&審判のお情けでの3塁打になり(あれは3塁タッチ・アウトだろうなあ)、中日ファンに追い付くかもと期待させながら、あっけなく試合終了。実に疲れました。


これから東博の写楽展で購入した、写楽絵のルービック・キューブで遊ぼうかと思うSt. Ivesでした。大体6つの絵とそれぞれが9分割された部分を把握しないといかんので難しそうで、再び6面の役者絵が揃う日は来るのだろうかと、崩すのに躊躇してしまいます。

2011.05.02 Mon » 今年のコンポージアムは延期

どうも、ぼけーっとRegis Campoの弦楽四重奏曲Les Heures Malefiques他を聞いているSt. Ivesです(演奏はカルテット・ディオティマ)。楽しげな曲です(仏語のアクサン何とかは省略)。


ということで、標記のとおりとあいなりました。延期というからどれくらい先かと思えば来年1月!殆ど次回(審査員は細川)に近いぞ。

その上、シャリーノ作品の日は17日と、都響Aのリゲティのピアノ協奏曲とロンターノ(それと北爪の2作品)と同じ日でありました。当然ながらリゲティ愛好家としては、さらに都響Aの定期会員としては、コンポージアムのチケット払い戻しを直ちに決定。いやはや同時代音楽の愛好家の数等たかが知れているのに(その上邦人作曲家のオケ作品の日など極めて限られているのに)、その少ないパイや機会を後から公演日を設定して無理に争わないようにしようという配慮は全くないんだねえ。


そうそう、払い戻しは5月12日から6月30日までだそうです。


チケットはある程度年間予定を立てて購入しているSt. Ivesでした。

2011.05.01 Sun » 本日の模様

どうも、これからNEOSの"Works for Viol solo"でも聞こうかと思うSt. Ivesです。


11時過ぎ:水天宮にあるロイヤルパークホテルで本日まで開催していた東京国際コインコンベンションの会場に着く。あまり収穫なし。最終日ということもあろうが、心なしか人が少ない。人形町まで歩く。今日は日曜日なので玉秀は御休みであった。今半は混んでいたのでパス。

12時半頃:東銀座に出る。インド料理のナイルにてムルギランチを食す。久しぶりで上手かった。

13時頃:銀座ショールームに1ヵ月半ぶりに出かける。地震のせいだろうか、前には見当たらなかったひびが壁に入っていた。中の商品(メルクリン)もキズものになったのが幾つもあるとのこと。今日のところは雑誌のみ購入。

14時頃:天賞堂に寄る。エバー・グリーンのコーナーにはメルクリンが殆どなかった。

14時過ぎ:銀座ユニクロでジーンズを2本購入。歩行者天国は心なしか人出が少ないが、ユニクロ内は混んでいた。裾上げに1時間とのこと

14時半頃:銀座ヤマハに着く。3階楽譜売り場では、シャリーノ&細川が特集されていた。特段購入せず。3階はかなり混んでいた。

15時頃:銀座とらやで休憩。季節の和菓子と玉露にする。上手かった。それにしてもおばさまたちはどうしてあんなに席で粘っているのだろうか?

15時半頃:ユニクロで物をピックアップして家路につく。

16時半頃:春日町図書館で本を探す。目録にはあるのに棚にはない、どうなっているのだろうか?

17時:理髪店。カットしてもらっている最中に雨が降る。そのま雨中を帰宅。

今年はカレンダー通りの休みのSt. Ivesでした。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。