4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2012.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.12 Sat » ポゴレリチ他

どうも、ヴァイオリン奏者のハーンのニューディスク”SILFRA”を聴いて愕然としたSt. Ivesです。ファンとしては、彼女を見捨ててはいかんと思いつつ、その上ディスク買う前に浜離宮ホールでのリサイタルのチケットも買っており、どうしてこんな曲を録音する選択をしたのか、彼女の音楽センスはどうなっているのか?と正直泣きたいような気がする。曲は退屈なヒーリング・似非ポップ的ミニマル音楽と最悪の部類のものであり、その上彼女のヴァイオリンで演奏する必然性が全く無い。ここは、ベルクのヴァイオリン協奏曲でも録音して、色気や媚の全く感じられないので、この曲を嫌っていたアドルノから"グッジョブ!"とでも言ってもらわないと、先々の彼女の録音活動に支障を来たすのではないだろうか。


ということで気を取り直してラトルの振ったブルックナーの9番を聴いて、第4楽章を3回聞き直したが、これは素晴らしい。9番の4楽章の中では、音の分厚さといい第1楽章からの伏線の度合いといい、素晴らしく説得力のあるものであった。


ラトルの読みを聴いた後に、ポゴレリチのピアノ・リサイタル、特にロ短調ソナタの演奏を思い起こすと、あれで本当にいいのか?という気が余計にするのであった。

もちろん、どのように弾くかは各人の自由だが、瞬間瞬間の響きに耽溺し、感興にのれば指を走らせているだけ、どこでも低音部をガンガン鳴らして殆どトーンクラスター状態になり、様式感・形式感は崩壊状態で、何ら音の連なりに意味が無く、何を弾いているのやらという感じ。演奏時間は全体で50分、Allegro energicoと表示されるフガート風のところ(再現部)まで35分もかかり、そこから急にサントリーホールの係から「巻き」が入ったかのようにテンポアップ。他の曲も最後になるとテンポアップ、そして、最後は、シベリウスの交響曲第5番のコーダ並みに音をポツポツと極めて離して弾き、最後のロ音を強調するのが見栄見得見えであった。かの王様は実は裸で、単なる悪趣味である。正直、聴いていて、痛々しい感じがして仕方なかった。フジコ・ヘミングの演奏と大して変わらんぞ、あれでは。


これから、アイスランドso.を伴奏にGudmundsdottirというヴァイオリニストが弾くエルガーのヴァイオリン協奏曲のディスクを聴こうかと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

2012.05.05 Sat » 「熱狂の日」最終日(5月5日)

どうも、実に満足して帰宅したSt. Ivesです。

本日は、以下のコンサートに行きました。

351 パステルナーク 10:30~11:15
    チャイコフスキー(北村朋幹編):組曲「白鳥の湖」より前奏曲(2台ピアノ版)
    ヴィシネグラツキー:2台のピアノための24の前奏曲
     伊藤恵、北村朋幹(pf)

322 チェーホフ 12:15~13:00
    ストラヴィンスキー:弦楽のための協奏曲ニ長調
    ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番 変ホ長調 op.107
     タチアナ・ヴァシリエヴァ(VC)、パリ室内管弦楽団、ジョセフ・スヴェンセン(指揮)

343 ドストエフスキー 13:45~14:30
    チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」より
    プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 op.16
アブデル・ラーマン・エル=バシャ(pf)、シンフォニア・ヴァルソヴィア
      ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)

376 ゴーリキー 18:15~19:00
    スクリャービン:5つの前奏曲 op.15、2つの前奏曲 op.27、ピアノソナタ第5番 嬰へ長調 op.53
    プロコフィエフ:年取った祖母の話 op.31、ピアノソナタ第7番 変ロ長調 op.83
     アダム・ラルーム(pf)

356 パステルナーク 19:15~20:00
    ストラヴィンスキー:イタリア組曲(チェロ・ピアノ版)
    プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 op.119
      タチアナ・ヴァシリエヴァ(VC)、プラメナ・マンゴーヴァ(pf)

どれもとてもよござんしたが、とても疲れたので、最初のコンサートの出来事をば。
会場にはローランドの電子ピアノが2台、横並びで置かれていました。やはり微分音を使うので、調律が大変なんだろうなあと思っていると、「白鳥の湖」が最初は第2ピアノで4手で弾かれていたところ、最後部分で伊藤が第1ピアノに移動し鍵盤を叩き、あれ?という音が。そのままヴィシネグラツキーに突入。最初は第1ピアノをA=427.5、第2ピアノをA=440で弾いていたそうですが、途中で、知らぬまに入れ替え。ヘンテコなガムランのような響きが満る中で、フワフワとしていた身には何時変わったかは全く分かりませんでした。

ということで、とても楽しんだ3日間だったSt. Ivesでした。


2012.05.04 Fri » 「熱狂の日」二日目(5月4日)

どうも、ようやく「渋さ知らず」に遭遇できたSt. Ivesです。楽しかった、というよりパワーに圧倒されたのでした。


ということで本日は3つのコンサート

223 チェーホフ 14:30~15:15

グリンカ:幻想曲
ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番
  タチアナ・ヴァシリエヴァ(Vc)
  アレクサンドル・ルーヴィン指揮 ムジカ・ヴィーヴァ

やはり、2番は聞くのが辛い曲でありました。晩年のショスタコーヴィチの曲は大変です。とはいえ、チェロは骨太な音でグイグイと演奏しており、オケもしっかりしていまして、演奏は良かったです。でも部屋の残響がないので余計に寒々とした空っ風にしゃれこうべが歌っている曲に聴こえましたよ、ショスタコーヴィチは。


283 トルストイ 16:00~17:00
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第1番
       前奏曲作品10ほか
       サンサーンス 白鳥
(アンコール)
ショパンから2曲

 ボリス・ベレゾフスキー(pf)

いやあ、良かった、実に良かった、最終日のAホールでの最終公演──ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番──を買おうかと思ったら、すでに売り切れていたのも分かるリサイタルであった。第1番、実演で聴くのは初めて、実に雄大な演奏、すばらしいムストネン君以外にもう1セット揃えておこうと思ったのでした。そして、ベレゾフスキーがよくわからない日本語をしゃべって演奏開始。要は曲目変更で前奏曲でしたけど、エル・バシャ、ル・ゲと重なっていましたが、両者がコンソメ・スープの味で競っていたところに、いきなり、壺焼のビーフ・シチューを出されて、この曲はこれだ!と来た感じ。同じ曲(かつおなじピアノ)とは思えないものでしたが、「濃厚なロシア」色たっぷりな演奏で楽しめました。

そう言えば、開演前に、近隣の女性二人がロシアの小説の話をしていたのが面白かった。ホールがトルストイなのでそこから始まり、トルストイには良い男が出て来ないけど、ドストエフスキーにはいるよね、と始まり、そこから、カラマーゾフの兄弟はあっちこっちに話が飛んでいるんだと片方が言うと、もう片方が、父殺しの話なのにまだそこに到達していないんだ、大審問官は長いけど読み切ったと思ったら、長老の武勇伝が始まってしまったと応えていた。うーむ、武勇伝か、なんか違う話に思ってしまった(ケンシロウを思い出したのだけど)。


291 ベリャーエフ 19:00~19:45

モソロフ:2つの舞曲 op.23b
メトネル:忘れられた調べ第3集 op.40
ルビンシュタイン:ヘ調のメロディ op.3-1
(アンコール)
分かりません
 有森博(pf)

モソロフのピアノ曲を生で聴けるだけで十分でありました(というより他の2人は聞いたことがない)。端正ながらも熱演そしてそうかこう弾いているのかと感心しきりでありました。もっとも、ルビンシュタインは、どこかで聞いたことがあるメロディでありました。しかし思い出せない、どこで聞いたのだろうか?
なお、木目調のスタンウェイでありました。久しぶりにみたなあ。


キオスク 渋さ知らずライブ ?~20:00頃

当初予定では19:10~19:30で、またもや体験できないかと思いきや、ベリャーエフから表に出てみたら大音響が聴こえるので、もしやと思ってキオスクにいってみたら、まだやっていました。で、結局最後まで見てしまったのでした。来年も呼ばないかな。


明日は最終日は、5公演に行く予定のSt. Ivesでした。結局、ファヴォリン君のラフマニノフの3番もすでに売り切れでありました、残念。

2012.05.04 Fri » 「熱狂の日」初日(5月3日)

どうも、最後の権代&ペルトが25分以上伸びて、ようやく家に帰り着いたSt. Ivesです。

朝から晩まで有楽町に貼り付いて「熱狂の日」を満喫したのは今日が初めてでして、曲目を書いているだけで明日の朝になってしまいそうなかんじですが、適宜捨象しつつ、簡単な印象をば。

(最初数字はコンサート番号、次の人の名前は会場です)

151 パステルナーク 11:00~11:55(10分後ろに押しました)
「ロシア紀行」  クレール=マリ・ルゲ(pf)

 何とかル・ゲのチケットを入手できて良かったよかったという感じ。曲目はMIRAREから最近出たCDから選ばれています(詳細は、「熱狂の日」公式HPのタイムテーブルでご覧ください)。

さて、いつものように誠実でけれんみが殆どない演奏。昔に比べて低音の質感(あるいは粘度?)が増しておりまして、ラフマニノフの前奏曲嬰ハ短調やスクリャービンの二つの前奏曲などはとてもグッドでした。ちと、聴衆ノイズが多かったのが残念(一つは泣きだす子供がいたこと。もう一つは、開始時刻に間に合わない聴衆がどかどかはいってきたこと)。
明日の方がその点は落ち着いて聴けるでしょうけど、チケットは入手できず、聞けません。残念。


112 プーシキン 12:15~13:00
下野指揮 読売日本交響楽団
モソロフ:鉄工場
ストラヴィンスキー:春の祭典

パステルナークからプーシキンへ移動途中、地下2階でジャジーな「展覧会の絵」が流れ、仮装した人々が踊っておりまして、最初米米クラブ?とか思ったら、あれが噂の「渋さ知らず」という集団だったようです。そのまま聞きたっかったけれども、会場へ。

まずは数年ぶりに実演を聴くモソロフの「鉄工場」。下野はホルンを立たせ、ガンガン打ち叩く金板を前に出して視覚効果的にも面白くしていましたが、いかんせんホールが変に響く。さらにスピーカーを使っているのかどうか知らないが、真横から木管群の音が聞こえたり、いやに金管が聴こえるという状況。そうした音響を考慮してか、かなり遅いテンポを採用しておりました。まあ、この曲は聴けるだけで良いです。
一方、「春の祭典」は、あのホールでの指揮と演奏は大変であることは明白なので、その出来については書きません。


163 ゴーゴリ 13:45~14:30
プロコフィエフ 風刺op17
ロスラヴェツ  5つの前奏曲より第2番、第4番、第5番
メトネル    4つのおとぎ話
メトネル    ピアノ・ソナタ op.11-1
(アンコール)
ルリエ     「大気のかたち」第1曲

何よりの驚きは最後のアンコールで弾かれたルリエの「大気のかたち」。名前だけしか知らず、というよりもルリエのピアノ曲は聞いたことが無かったので余計に驚き。楽譜は、現代音楽でよく見かけるような、必要なところ以外は五線を引かないもの。あー写真を撮っておけばよかった。

さて、後半のメトネルはよく知らないので割愛するとして、前半の不協和な響きだらけのプロコフィエフとロスラヴェツは、意外や意外にというと失礼かもしれないけれど、音に切れと推進力があってとても良い演奏でした。ルリエを録音しないかな?

144 ドストエフスキー 15:30~16:30
「ヌーヴェルバーグ」
「勝手にしやがれ」ではなくマルタンの新人演奏家紹介コーナー。
フェインベルク:ピアノ・ソナタ第5番 op.10
プロコフィエフ:4つの練習曲 op.2
 ユーリ・ファヴォリン(pf)

ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 op.19より第3、4楽章
 エドガー・モロー(Vc)、ピエール=イヴ・オディク(pf)

ストラヴィンスキー:3つのやさしい小品
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカより第1場 謝肉祭の市場
 ビジャーク姉妹

後でも触れるファヴォリン君のフェインベルクが出色の出来。いやはや凄いもんです。ラフマニノフは飛して、ビジャーク姉妹の「ペトルーシュカ」、CDよりも繊細な演奏だったので、出だしは若干もどかしい感じがするも、途中からはパワフルさも加わって楽しさ倍増(もっとも最近ルービンシュタインのカーネギーライブの「ペトルーシュカ」を聴いてしまって、あれが新基準になりつつあるので、ポリーニを除くどれも物足りなく感じています)。

184 トルストイ 17:15~18:00

ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調 op.3-2
ラフマニノフ:10の前奏曲 op.23
 アブデル・ラーマン・エル=バシャ(pf)

この公演が売り切れいていないとは一体なぜ?実に素晴らしい演奏で、ル・ゲと2曲ダブっていましたけど、いずれも軍配はエル・バシャの演奏に挙げざるを得ません、実に多彩な音色・タッチ、余裕のあるテクニックで、正直紀尾井とか凸版とか王子とかで聴きたい感じ。なお、5月5日には残りの前奏曲も取り上げるのですが、人間は瞬間移動が出来ないので、別のコンサートに行くため聞けません。残念無念であります。


166 ゴーゴリ 18:30~19:15
シソエフ:Antiphases
ミャスコフスキー:ピアノ・ソナタ第3番 ハ短調op.19
ロスラヴェツ:ソナタ第2番
ロスラヴェツ:前奏曲
ウストボルスカヤ:ソナタ第5番
 ユーリ・ファヴォリン(pf)

本日最大の収穫か。いやあ、凄かった、エル=バシャは素晴らしかったが、こっちは凄かった。
シソエフは、もしかしたら我が家のどこかに音源があるかもしれないが、初耳。バラケやブーレーズのソナタの愛好家ならば十分楽しめます。もっとも、情けないことだが、構造や構成原理は全くは分からず。
続く初耳のミャスコフスキーの3番、結構前衛っぽいので驚き。もっともシソエフの後で聴くと、とっても耳に滑らかなんですけど。

そしてロスラヴェツの2番、ファヴォリン君の打鍵は、とても重くかつ硬質なため、アムランの(彼の録音にありがちな)さらっとした端正な佇まいで、博物館の陳列棚にある「かつての前衛」ではなく、後に惹かれたウストヴォルスカヤにつながっていく今を生きる鬼気迫る作品として演奏されていました。

そしてこれだけでも聴きに行く価値があったのが、ウストヴォルスカヤのソナタ第5番。いやはや、この曲には数種の録音がありますけど、そのどれよりも良い、最近出たNEOSのSACDなどペラペラの音で聞いちゃいられないと思うほど空恐ろしい演奏。シュトックハウゼンのピアノ曲Xの如きしつこい連打が、「1984年」のルーム101での拷問を思わせる叩き込みぶりでした。

明日、有森が弾くモソロフのピアノ曲の回と重なっていなければまた行くのだがねえ。

ちなみに、LFJ公式ブログでもこの回とファヴォリン君は紹介されています(ここ)。うーむ、明日のラフマニノフの3番協奏曲に行ってみるか?


136 ツルゲーネフ 20:15~21:00
ヴァインベルク:弦楽四重奏曲第8番 op.66
グラズノフ  :弦楽四重奏曲第3番 ト長調 op.26
(アンコール)
チャイコフスキーの何かのスケルツォ
 ツェムリンスキー四重奏団

ヴァインベルクの弦楽四重奏曲は、すでにダネルSQの演奏(CPO)で知っていたとはいえ、(ダネルSQと比較して)実演でワイルドかつ苦み走った音の演奏で聞くと、本当にショスタコーヴィチそっくりでありました。ショスタコーヴィチの例えば7番、8番とかと合わせるか、もう少しヴァインベルクの他の弦楽四重奏曲とあわせたプログラムだったらねえ。


157 パステルナーク 21:45~22:55(結局25分近く伸びた)
「祈り」
権代:カイロス──その時
 児玉桃(pf)
ペルト:カノン・ポカヤネンより(オードVI、コンタキオン、イコス、カノンの後の祈り)
権代:クロノス──時の裂け目
 山根孝司(バス・クラ)、伴野涼介(ホルン)、宮田大(チェロ)、池上秀樹(打楽器)、北村朋幹(pf)

一柳の時も思ったのだが3.11というだけで美的判断が思考停止に陥ってしまうことがないかと危惧したが、権代作品はそんなことはなかった。もっとも、解説に出て来た権代のジャケット色は、ターコイズブルー(あるいは明るい青緑)ではなく、保守的な趣味かもしれないが、黒か暗い灰色に変えた方が良いと思ったのだけれど。
さて、カイロス、リゲティの練習曲が好きならば気にいるはず。連続打鍵とトリル、数オクターヴにわたる上下の音の運動と(リストのリゴレットパラフレーズっぽい壮大さを感じつつも)、3.11云々を言わずとも、中々に良い曲。それにしても指が痛くなりそうな曲だ。

ペルトは、何十年ぶりにこの曲を聴くだろうか?合唱は美しいのだが、どこを歌っているのか分からないので正直聞くのはきつかった。なお、歌手16人中3人がiPadを片手で持って見ておりました。楽譜よりも軽いのだろうか?

クロノス、曲の傾向はカイロスと同じ。連続打鍵とトリルを各種楽器に割り振り、特に打楽器(マリンバとグロッケン)を使用して、ピアノ単独以上に轟音を響かせていました。しかし、不思議な静謐感もあり、個人的には結構気に入りました。


とあるレストランで食事をしたら、「熱狂の日」ドロップを貰えてご機嫌なSt.Ivesでした。あしたは3演目に行く予定。


09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。