4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2012.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.30 Sun » アイヴス 交響曲第4番 クリティカルエディションが届く

どうも、シーララの弾くベートーヴェンのラストソナタ集を聴きながらのSt. Ivesです。

2005年に日本に戻ってからは、一度海外でアンドリュー・ディヴィスが振ったのを聴いて以来、さすがの大阪シンフォニカーも取り上げない難曲 アイヴスの交響曲第4番、また海外にでも聴きに行こうかと思う今日この頃、ようやくクリティカル・エディションが届いたのでした。

Ives 4th 1

右側が従来のスコア、左側が今回のクリティカルエディション。MTTの振った4番のCDと比較しても大きいことが良くわかります。また他の曲のクリティカル・エディションがペラペラの紙カバーであるのとは異なりハード・カバーです。この曲に対する協会の力の入れようが分かります。

また、これまでの下手くそな手書き楽譜のコピーからきちんと浄書されています。
Ives 4th 2
あんまり上手く撮れていませんが、見違える程見易くなっています。さらに楽譜が大版なので第4楽章も縦置きにすることなく、横のまま読めます。

もちろん気になるのは旧版との違いですが、色々あります。例えば第4楽章冒頭、アドリブ指定されているBU(打楽器群)の導入が、8小節から7小節に変更(冒頭の2拍分の休止を無くしたことによる)あるいは下記の写真にあるように、1楽章冒頭のアドリブ指定されていたフルートが無くなったことなどです(最上段に注意)。

Ives 4th 4
Ives 4th 3

そして、さらに旧版には無かった各楽章の標題が中央に大きく掲げられるようになったことも大きな違いでしょう。旧版には無かった詳細な解説や校訂報告があるのは有難いのですが、解説の中にはかなりプログラム的に作品構造を読みとるようにしている向きを感じます。

また、解説の中には、1927年の第1楽章、第2楽章初演を受けたアイヴスによる「指揮者への注意」が全文掲載されています。その中で、第2楽章については、アッパーとローワー(大まかにいえば、アッパーが金管・木管群、ローワーは弦楽器群)の二つのオーケストラがあるので指揮者を分けた方が良いかもしれないと述べています。

結果、第1楽章と第4楽章の別働部隊の弦楽器群に指揮者1名、第2楽章の補助指揮者、それに全体総括で最大3人が必要となるのですが、ナガノとエトヴェシュは、別働部隊指揮者1名のみ増員(空間的に離れた場所に彼らを設置)、オラモは別働部隊とローワー兼用で1名増員、小澤とA.ディヴィスは全部一人で振っていたと記憶しています。

また、ピアノは、ソロと、オーケストラピアノとは離すべきという指示のほか、そもそもエマーソン協奏曲がひな形にあったと想定されているので、指揮者の前にソロピアノを置くようにしています、特にオラモがプロムスで振った際は、後半に「ペトルーシュカ1947年版」だったので、そのままの配置でしたし、ミュンヘンでのエトヴェシュも、後半はベリオのシンフォニア、の時もそうしていました。


さて、クリティカル・エディションには付録でCD-ROMがあり、そこにはマニュスクリプトに書き込まれている鉛筆書きの指示だけでなく、アイヴスの引用についての詳細に分析した著作"All Made of Tunes”(イェール大学出版)のBurkholderによって、交響曲第4番の総譜上にその部分が何から引用されているかが一目でわかるように色付けがされています。音楽を流しながらPC上で総譜を辿って引用曲が分かる、実に便利な代物です(とはいえ、かなり大画面のPCでないと見辛いです)。

最後に、序文は旧版のカーク・パトリッックから新版はシンクレアに変わっています。


そろそろA.ディヴィス以外にもSACDで4番が出て欲しいものです。マルチチャンネルだと空間的に分離されたBUや第2オーケストラが分かるようならば、オーディオ・システムをそれに合わせて変えますよ。エトヴェシュが出さないかなあ。



これから こちらも届いたばかりのジェレミー・デンクの弾くアイヴスのピアノ・ソナタ第2番でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。クーリエ・ジャポンのレコーディング記事は興味深かったなあ。
スポンサーサイト

2012.09.17 Mon » シナイスキー指揮、東響 ショスタコーヴィチ 交響曲第4番@よこはま

どうも、ということで15日に続いての横浜での公演に行ってきたSt. Ivesです。

横浜まで出張った甲斐があったどころか、このような演奏を2度も聴けるとは幸せである。

演奏の精度からいえばサントリーの方が優っていたように思えたけれども、やはり素晴らしい演奏であった。演奏に瑕疵はつきものであるが、両日ともファゴットとトロンボーンは素晴らしく、他の木管・金管のソロも決めるべき時に決まっていたほか、ヴィオラがよく浮かび上がっていて、ウルトラ対位法とは言わないが、構成主義的なこの作品の特質が良く聴きとれた。またテンポや強弱の非常に細かい部分も丁寧にすくっていて、全体の構成・構造が良くわかる上に、第1楽章、第3楽章の音響の炸裂する部分がさらに浮かび上がっていた(それと弦や打楽器群をはじめとして、迫力は十二分にあった)。

さらにシナイスキーは、随所に聴かれる底意地の悪い悪意の塊のような音があちこちで煌めかせていたので、第3楽章の大テロルの部分がより効果的でありました・さらに、あの部分をあれほど遅く粘っこく演奏して、すべてを根こそぎ破壊していくような感を与える演奏は、ディスクを含めてあまり記憶にありません。素晴らしい。

なお、とってつけたようで申し訳ないが、ラーンキを独奏に向かえて行われたモーツァルトのピアノ協奏曲第27番も良かった。ラーンキのピアノの音は曇りや濁りが一切なく、全く作為が感じられない理想的なモーツァルトの演奏であった。アンコールに15日は、K.545の3楽章、本日はK.570の3楽章を弾いてくれた。王子ホールあたりでソナタ集を聴きたいものである。


これからメジューエワの弾くルリエでも聴こうかと思うSt. Ivesでした。帯に浅田彰と亀山郁夫が何か書いているぞ。

2012.09.17 Mon » プレヴィン N響 マーラー 交響曲第9番

どうも、何時になったら秋になるのかと暑さにへばっているSt. Ivesです。すでに近所では彼岸花が咲き始めているというのになあ。

ということで、標記のコンサート。

9月16日(日) 午後3時開演
NHKホール

指揮:アンドレ・プレヴィン
演奏:NHK交響楽団
曲目:マーラー 交響曲第9番

結論から言えば、とても良い演奏であった。バーンスタインやテンシュテットの如き没入型の指揮者による阿鼻叫喚、慟哭と彼岸への憧憬に満ちた演奏を期待すると大外れである。そもそもプレヴィンが振るという段階でそれを予測すべきであり、私もそれほど期待して行ったわけではなかった。しかし、ホルンをはじめとする金管による旋律をくっきり打ち出し、テンポをいじったり、奇妙な溜めや間などは用いずに造形がしっかりしていたし、全体にじっくり穏やかに、しかし緊張感と必要な迫力を保って、言うべきことはきちんと言うという感じ演奏であった。

第4楽章の最後、音がスーッと消えると、あまり間を置くことなくプレヴィン自身が、パタンとスコアを閉じて、はいお終いとしたのにも端的に演奏の特質が表れていたと思う(もっとも、個人的はもうちと余韻が欲しかったのだが...)。

ブーイングも聞こえたが、まあ、勘違いして来てしまった腹立ちであろう。インバルに行けばよかったのに。

明日は、横浜に再びショスタコーヴィチの4番を聴きに行く予定のSt. Ivesでした、

2012.09.16 Sun » ダブルヘッダー(デ・ラ・パーラのブラームス、シナイスキーのショスタコーヴィチ4番)

どうも、

9月15日 午後3時開演
オーチャード・ホール

指揮:アロンドラ・デ・ラ・パーラ
バンドネオン:三浦一馬
演奏:東京フィルハーモニー

曲目
ピアソラ :タンガーソ
ピアソラ :バンドネオン協奏曲
ブラームス:交響曲第1番

マイクが林立していたので、ディスクか配信でもするのだろうか?

ピアソラの1曲目は初めて耳にした曲。ピアソラ節満載だが、ちと重い曲であった。

2曲目は私のお気に入りの曲なのだが、いやあ1楽章と3楽章は私が何時も聴いているPons指揮Mainettiの演奏(harmonia mundi)と比較するとメチャ速くて、バンドネオンではあのテンポは大変であったろうなあ。1楽章は今一つオケとズレたりしていましたけど、3楽章は快速テンポにピタッと合わせていました。2楽章とアンコールでしみじみとしたバンドネオンの響きが楽しめました。

そしてブラームス。荒々しさと振幅の大きな演奏であり、また巨匠風に粘って朗々と歌わせ盛り上げる一方で若手指揮者らしいすっきりかつ整理された音が響き渡るユニークな演奏で、実に面白く聴けたのでした。マーラーの9番とかは似合わなそうだけれど、1番とか5番辺りならばどうであろうかと思うのでした。次回また来たら聴きに行こう。
なお、写真と変わらぬ美人でありました。



9月15日 午後6時開演
サントリーホール

指揮 :ヴァシリー・シナイスキー
ピアノ:デジュ・ラーンキ
演奏 :東京交響楽団

曲目
モーツァルト   :ピアノ協奏曲第27番
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

17日にも行くので、あらためて書きますけど、1989年秋のヤノフスキー指揮N響以以来十数回聴いた交響曲第4番のライブの中では、2002年のプロムスでのゲルギエフ指揮マリンスキー劇場と並び立つ鳥肌ものの凄い演奏であった。4番愛好家としてはこれほどの演奏が聴けて感涙ものであった。本日のライブCDが会員特典になるならば、東響の会員になりますよ。

シナイスキーは、BBCマガジン付録CDでショスタコーヴィチの4番を振っていた指揮者とは別人だと思ったSt. Ivesでした。

2012.09.14 Fri » ドイツ・レクイエム アルミンク指揮 新日po.

どうも、Ivesの交響曲第4番の楽譜(クリティカル・エディション)が送れないというアマゾン米国からのメールに頭を抱えているSt. Ivesです。

それはともかく、本日のコンサートの感想を簡単に

9月14日 すみだトリフォニー
 アルミンク指揮 新日本フィル
 リーサ・ラーション(ソプラノ)
 ロベルト・ホルツァー(バリトン)

ブリテン: イリュミナシオン
ブラームス:ドイツ・レクイエム

イリュミナシオンは、ヴァイオリンとヴィオラの掛け合いが始まって、おっ、これは良いかもと思う間もなく意識が途絶え、気づいた時には終わっていた。ここんところ全然寝不足なのである。

こんな体調ではドイツ・レクイエムも轟沈するだろうと思いきや、第1曲出だし、合唱の淡い陽の光が透けるような霧がたゆたうような美しさに驚き、以後全く寝ることなく聞き通してしまった。

演奏には確かに瑕疵が見られたし、ラーションの歌唱は如何なものかと思うほど音程が狂い苦しそうな歌い方であったにしても、また合唱団も終わりの方は少し強い声だとざらつきがあったとはいえ、全体のフォルム、美しさ、そしてここぞという時の高揚感(合唱団もオケも)が素晴らしかった。

明日は デ・ラ・パーラの振るブラームスの1番とシナイスキーの振るショスタコーヴィチの4番を聴きに行く予定のSt. Ivesでした。

2012.09.01 Sat » 歓喜の声をあげよ! クセナキス 「オレステイア」

どうも、ここんところ疲れているSt.Ivesです。雑駁なここんところの状況について。


「大地の芸術祭」2日目の夜には、今年岸田戯曲賞を受賞した演出家・振付家の矢内原美邦率いるNibrollによる「see/saw」を観まして、モダンダンスと地元のお祭りをミックスしたような不思議なものだなあと思いつつ宿に戻ったのでした。このイベントの最中、最初の会場である「ポチョムキン」と呼ばれる美術品からお神輿に導かれて夜の田圃道を神社まで移動する時、ふと昔、ガーディナーに牽き連れられて、バッハのカンタータを演奏したセント・ポール寺院から、ミレニアム・ブリッジを渡ってマートランドを演奏したテイト・モダンを夜に移動したことを思い出し、また、当日は祭りの日で、あちこちかの集落からお囃子が聴こえたのも印象的でした。

最後の日は星峠集落まで棚田をみにいきました。私は観ていないのですが、NHK大河の「天地人」のオープニング映像に使われていた棚田のようでした。とても美しかったです、実は公式ガイドブックにのっていたこれを見たくて、ここまで来たようなものでした(しかし、「最後の教室」はもう一度見たくなるほど素晴らしかった)。ご当地はお米が極めておいしかったので、土産に買ってしまい本日食べまして、上手かったです。

さて、27日のサントリーも、28日の一柳も行くことが叶わず(あー、駄作と言いながらもスコアとCDまで買って予習していた第8番のフルオーケストラ版が聞けなかったのは残念である)、昨夜も危ぶまれつつ、会社を脱出してサントリーホールに。今年唯一のサマフェスとなったクセナキスのオペラ「オレステイア」へ。

席に向かうと、緑のセロハンが置いてありました。

green

これで古代ギリシャ語の単語の勉強でもしろというのかと思ったら、最後の方でこれを振ってくださいとのことでした。そして、場内が暗くなり音楽が始まりましたが、ギリシャ語なのでセリフは全く分からず。コロスの歌唱は御詠歌のように聴こえたのでした。平均律が歴史的・世界的には異常なこと何だろうなあ。

席を1階席のセンターにしたので、音響のるつぼの中で見聞きできたのも幸いでありましたが、予想よりは音響的にはおとなしいかな、とも思ったのでした(セリフを聴こえるようにするため、抑制的にしたのかもしませけれども)。ただ、打楽器は響きわたっていたなあ。

そして最後の最後、「歓喜の声をあげよ!」とホール中に散った歌手=演奏家が、金属の管を打ちならす中、指揮者のニュー・ヤマカズがセロハンを振りかざしたのを気に、1階席の人々も振り始めたのですが、いやあ、アステリズムが演奏されないわけだよ、どこまで頑張って振り続けなきゃいかんのか、長いぞ!と。左右の腕でかわるがわる振ったのですけど、腕と肩が痛くなりましたが、幸いなことに、エレクトラのように歓喜のあまり振り死ぬことはありませんでした。

衣装デザインと舞台装置は今一でしたけど、照明とホール中を縦横に使っての演出と歌手やオーケストラの演奏はとても良かったです。ちなみに、ニュー・ヤマカズの指揮を聴くのは初めて。他の音源との比較出来ないのですけど、清潔で整った演奏でありました。


体をほぐすために、第2代ラジオ体操第3(昭和21年~22年)でもやってみようかと思うSt. Ivesでした。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。