4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2013.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2014.02

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.21 Tue » アバド逝去

どうも、今朝になってBBCでアバド逝去を知ったSt. Ivesです。


30年以上クラシックを聴いていて、アバドを最初に聴いたのは何時だったかなと思い起こすと、まだ温暖化の声も聞こえなかった80年代初頭の夏休み、NHK FMだったか、VPOとのベートーヴェン(確か5番)だったかを解説者が「コカコーラのようにさわやかな」と表現していて言い得て妙だなあということでしたね。

そして、生体験は、93年2月にベルリンでSONYからCD化されているプロメテオ・シリーズのコンサート(BPOを聴きに行って、リゲティの無伴奏合唱曲を聴くとは思ってもいなかった)、そして96年来日時の「復活」のたった2回。ヴィーン国立とのオペラにしても、BPOとの最後の来日時のトリスタンにしてもチケットがあまりに高くて行けなかったのが、ちと悔やまれる。

ディスクというとポリーニと組んだバルトークのピアノ協奏曲集は愛聴盤ですけど(なんだかんだと言っても、あれが刷り込まれているんだよなあ)、それより何より、演奏の良し悪しや好みはあろうけど、プロメテオやファウスト・シリーズのようなプログラミング、ヴィーン・モデルンなんかのディスクは、現代音楽専門指揮者と言われる人以外のいわゆるメジャー指揮者(ブーレーズは別)が振るとは思ってもいなかったし、それがまた後の世代に彼が道を開いた感もあり、やはり偉大だったなあとあらためて思うのでした。カラヤン、バーンスタインが相次いで亡くなった時とはまた別の意味で、一つの時代が終わったような(といっても同世代の指揮者はまだ生きていますけど)、気がしましたよ。


追悼の意味を込めて、マーラー没後100年記念にBPOをアバドが振ったマーラーの「大地の歌」の録画を見聞きしたSt. Ivesでした。さようなら!
スポンサーサイト

2014.01.02 Thu » 復旧した

どうも、新年のあいさつ回りから戻ったらPCが立ちあがらずヒヤヒヤしたSt. Ivesです。

家人が寝ていてオーディオを使えないので、PCのiTunesで聴くかと思ったら、個人プロファイルを認識してくれないので、再起動と同時にF8ボタンを連打したのち、システム回復手段を幾つか試みてようやく今復旧。

今のPC(WINDOWS7)も購入して早4年超、HDDの寿命と呼ばれる5年にも近づきつつあり、WINDOWS8も安定しきたのかなあとか、ハイレゾDL音源にも挑戦してみるには非力かなあと、若干新規購入に気が向きつつあるのでした。

取りあえず、これから景気付けに今年初アイヴスの交響曲第4番でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。

2014.01.01 Wed » 年初に聴く

どうも、明けましておめでとうございます。雑煮とおせちで腹が膨らんで苦しいSt. Ivesです。

ということで年初に聴いたのは、イザベラ・ファウストの演奏によるバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータより第2番のパルティータと3番ソナタおよびパルティータでした。ただし、最近入手したSACDシングルです。

演奏自体が素晴らしいことはすでに出ているCDでも明らかですが、SACDシングル盤だと、CDよりも残響が美しく、音に立体感がでてきてさらに素晴らしく感じます。演奏としては、残響が少々ありすぎる感もあるクレーメル盤(ECM)と並んで私には好ましい演奏です。メルニコフと組んだベートーヴェンのVnソナタ集のSACDも欲しくなりますが、まだ年初なので出費は抑え目にしないと。

そのあと、タワーで再発売(?)された、ラサールSQとレヴァインのピアノによるシューマンのピアノ五重奏曲を聴きました。今からたしか20年以上前にCD化された際、収録時間の関係でシューマンは一部カットされていた旨の注書きがあったことを思い出しました。音は、ファウストの最近の録音を聴いた後かつDGとハルモニア・ムンディの録音の違いもあって、やや古めかしく縮こまった感じもありますけれども、演奏は明るく余り硬質ではない響きながら達者なレヴァインのピアノとラサールSQのキリッと締まった(人によってはきついと表現する)音と演奏が予想とは異なり上手くマッチングしていて私は好きな演奏です(もっとも、最近良く聞くのはイェルサレムSQとメルコフのピアノが素晴らしいハルモニア・ムンディのCDですけど)。


今年も良い作品、演奏に出会えんことを願うSt. Ivesでした。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。