FC2ブログ

4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2018.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.04.21 Sat » 4月20日 カンブルラン指揮読売日本交響楽団 アイヴス:ニューイングランドの3つの場所」マーラー:交響曲第9番

どうも、歌詞入りのメンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」を聴きながらのSt. Ivesです。どう聞いてもヘンです。

さて、表題の本日4月20日のコンサート。あまり演奏されないアイヴスの「ニューイングランドの三つの場所」とマーラーの交響曲第9番。
アイヴスは、特に第2楽章がマーチングバンドやフォスターの歌曲等があちこちで同時になるハチャメチャな曲なのに、すごく美しく仕上げられていまして、第3楽章なんかはそれはそれは美しいのでびっくり。そういえば15年くらい昔にドレスデンのシュターツカペレを相手にクセナキスの「メタスタシス」を、本当にそうなの?と思うほど美しく流麗な曲に仕上げていて唖然とした記憶がよみがえりました。
続く、マーラーの9番、カンブルランなので当然ながらバーンスタイン・テンシュテット系の阿鼻叫喚・慟哭系(演歌的という話もある)ではなく、かといってギーレン系のように現代音楽の始祖ですよ的なサバサバとしてレントゲンのように曲の骨格を浮き上がらせるものではなく、ジュリーニの演奏を思わせるじっくりとしたテンポの中でヴィオラと通常の第2ヴァイオリンの位置とを交換したオーケストラ配置の特性とフルートを筆頭とする名手を生かして、さまざまな旋律をたくみに入れ替え(ここでこの旋律浮かび上がらせます?と思うのものも含めて)、色彩感たっぷりで暖かみもある音響の玉手箱を聞かせる感じ(その点ではアイヴスの曲に通じるものをマーラーのこの曲にも感じる)。
第4楽章は、あたかもシェーンベルクの弦楽四重奏曲第2番の第4楽章を想起させるような浄化された音響で実に感動的でありました。終演後は盛大な拍手であったのもむべなるかな。


カンブルランが最終シーズンとは残念なSt. Ivesでした。
スポンサーサイト
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。