4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.25 Tue » 今年はダルバヴィだそうで

サマフェスの今年のテーマ作曲家は誰かな?と思ったらダルバヴィ(1961年生まれ)であった。

サントリー・ホール公演

目玉は(多分)日本初演のピアノ協奏曲、独奏に世界初演者(だったはず)のアンスネス、指揮が本人というあたりに意気込みを感じたとはいえ、テーマ作曲家の管弦楽曲がこの1曲だけというのはちと悲しいなあ、まあディスクも数枚しかないから仕方ないか。

もう一つの特集は現代音楽のパトロンの一人パウル・ザッハーを巡る作品集。バルトークやストラヴィンスキーから始まってブーレーズや武満あたりまでの委嘱作品が紹介されるものであった。

それにしても予算制約や歌手の問題があろうと思うが、サマフェスで現代オペラのさわりだけでも良いので必ず1作位は取り上げてくれんかねえ。新国や他のオペラ団体が通常公演でリームやデュサパン、エトヴェシュやアンドリーセンを取り上げる日は多分来ないだろうから、せめて一体どんなものかを垣間見せてくれるだけでも良いのだが。特にデュサパン、レヴィナス、エトヴェシュは、パリやリヨンあるいはベルリンやハンブルクでかなり頻繁に取り上げられていたにもかかわらず、どうにもタイミングが悪くて生で見れなかったので、よけに見てみたい。

そう言えば、アンドリーセンの「フェルメールへの手紙」のCDがBBCマガジン5月号で取り上げられていた。DVD化の話もあるそうだが、今回はとりあえず音だけとのこと。1回はコンサート形式、1回は舞台で見たが、これはグリーナウェイ風の舞台(リブレットはグリーナウェイだが、演出はSASKIA Boddekeによる)があったほうが絶対に良い作品である。




Vermeer.jpg


オランダ国立劇場での初演時のポスター


Vermeer_affiche.jpg


オランダ国立劇場での再演時のポスター
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/109-e08e05c3

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。