FC2ブログ

4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2018.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.01

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.17 Sat » 白神典子と仲間たち

トッパンホールまで行ってきましたよ、モーツァルトのピアノ・コンチェルトを4人で奏でるコンサートに。

ピアノ:白神典子
フルート:ヘンリク・ヴィーゼ
ヴァイオリン:ペーター・クレメント
チェロ:ティボル・ベーニ

2006年6月17日 午後7時開演

モーツァルト:ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 K502
       ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466 フンメル編曲
       ピアノ協奏曲第25番 ハ短調 K503  フンメル編曲

アンコール  
モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K550より第1楽章、第3楽章


20番、25番はBISにも録音があり、私はiPodに録れて結構通勤途上で聞いております。

ピアノが殆ど弾きっぱなしで、原曲に無いアレンジや派手で長いカデンツァもあったり、時々原曲ではあまり関心をひかない対旋律が浮かび上がったり、若干ヴァイオリンの音が細過ぎてチープに聞こえたりと、聴いていてかなり楽しいので、実演を楽しみに出かけ、期待通りに楽しめたのでした。

ヴァイオリンこそ、三重奏曲の出だしでは怪しげなところもあったり、CD同様に音が細いなあと思わせましたけど、グループ全体の演奏はCD同様に達者かつ良く纏まっていて、録音上のテクニックかと思っていたバランスも、実演ですらピアノが出過ぎず、引き過ぎず、しかし華麗に聞こえるように弾いておりました。ただし、フルートは実演の方が正直映えておりまして、CDはちょっと残念。

演奏の出来というよりは編曲の出来なのかもしれませんが、20番の方が聴き応えがありました。25番はやはりオケの壮麗な響きが、特に出だしには欲しいなあ。なお、アンコールで弾いた40番は録音済みだそうで、さすがにお疲れなのかピアノはちとバタバタした感じでしたけど、出たら買おうと思っています。


コンサートへ行く前に、リゲティのラミフィカシオーン、レクイエム、ピアノ協奏曲、マカブルの秘密、チェロ・ソナタ、練習曲集第3巻(全4曲)、弦楽四重奏曲第2番、そしてルクス・エテルナを聴き、さらに行きの電車の中で、P.グリフィスがNYタイムズに寄せたリゲティへの追悼文を読みました。

追悼文は、「私は牢獄にいるのです。一つの壁は前衛で、もう一つ壁は過去なのです」という言葉を引用し、50年代のシュトックハウゼンやブーレーズといった前衛に懐疑的であったことや、スタティックな「2001年宇宙の旅」に使われた作品群とは異なる作風の作品がある点─特にピアノ協奏曲へ言及しつつ─にも注意を喚起するなど、その業績について簡潔に紹介していました。

あらためて合掌。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/119-df6b143b

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。