4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.06 Thu » 衝撃の復刊

コンサートのプログラムで20世紀物中心が増えてくると、「夏だねえ」と感じてしまうほどに日本に馴染んでしまったSt.Ivesです。ロンドンから戻ってようやく1年だというのに。

7月1日の読売日響コンサートは8日のN響と併せて極めて軽く感想を書く予定として、このところでもっと衝撃を受けたのは、「ビュヒナー全集全1巻」の新装復刊でありました。お値段9500円。

池袋リブロでウッドハウスの「エムズワース卿の受難」の続きでも出ていないかと眺めていたら、英文学コーナーの並びのドイツ文学コーナーに目が移った先に「それ」が鎮座していました。つい数週間前に長年逡巡した挙句に(かなり汚れた)古本を購入したこともあり、目に入った瞬間は、「それ」が何かを理解できず。新訳だったら購入したのだが、単なる新装ではなあ。

この調子で待てばヘルダーリン全集全3巻も復刊されるだろうか、もっともこっちは練馬の図書館でも読めるのだけど。



これから最近の愛聴盤のC.シェーファーの歌う「冬の旅」を聞いて寝ます。イェーツが書き表そうとしたものとは全く異なるけれども、ここには「恐ろしい美が生まれている」。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/120-d1fabece

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。