4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.18 Fri » 君の出番だ、コリンマシューズ!(続報)

クラシック・ファンの一部でちょっとだけ盛り上がっている「惑星」個数増加問題。タネジがギャング団(はたから見るとそうとしか見えない、お仲間や生徒たち)とギネスで祝杯を挙げているかも。

なお、サーリアホの小惑星4179は地球にぶつかるかもと言われた小惑星。新定義でも、ジャガイモのような塊なんで惑星2部リーグ(冥王星族?)への昇格は見送りとなる模様。

因みに、杞の人々は小惑星4179のリンク先を見たら卒倒するかも、特に今年の7月3日なんて月までの距離の0.7倍まで地球接近物体があったんだから。

そういえば、昨日の夜中、NHKが米ソの宇宙開発競争のドラマを放送していて、ちょうどKomarovが墜落死した場面だったなあ。EMIの発売タイミングは絶妙だと感心。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
Warriors from Pluto
ラトルの目には留まらなかったようですが、ニュージーランドの作曲家ギャレス・ファーも《惑星》の続編として《Warriors from Pluto》という曲を書いているんですよね。
《惑星》の後に合うかどうかはともかく、かなりカッコイイ曲。贔屓の作曲家なので、こういう機会に話題になるといいのになぁと思っているんですが…無理か…
Re:Warriors from Pluto
どうも、さすがユビュ王さん。この作曲家、というよりニュージーランドの作曲家をはじめて知りましたよ。カッコイイ曲とのことで、ホルストの「惑星」の雰囲気に会わなかったのでしょうねえ。

Warriorsというとグレインジャーを思い出してしまいます。そういえば、ガーディナー盤は、惑星との組み合わせでした。

第10惑星の名前が決まると良いのですが。ギリシャ・ローマ神話からとるとすると、さて誰か著名人物が残っていたかな?
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/131-d03e9fa5

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。