4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.04 Mon » CS

といっても通信衛星ではなく、鉄道模型のメルクリンのコントローラーである(以下、音楽の話題はありません)。


Central Station、何故ドイツのメーカーなのに英語名なのか?というのはともかく、鉄道模型としては革新的なシステムであり、先日ようやく入手した。詳細は上記リンク先を見ていただくとして、メルクリンは「たかが鉄道模型」ではない、実に精巧にできているし、取り扱いが楽なのに加えて、こうした複数の列車(一応16000車両まで同時に管理可能ということだが、そんな車両はさすがにここにもない)を同時に動かしたいという欲求もかなえてくれるのである。

しかし、いざ使おうと思ったところに問題が一つあって、これを動かす日本向けトランスフォーマーがPSE法のあおりでいまだ発売されていないのだ。

日本におけるかつてのメルクリン代理店(今は代理店業務をしていない)が申請を行なわなかったために、今年4月で日本向けトランスの輸入ができなくなってしまった。これまで何の問題もなく使えていたものが、シール1枚で使えなくなるというのは非常に理不尽であると思いつつ、仕方ないので230V52Aの欧州用トランスを昇圧器を使って使用。なお、メルクリンの社長によると対応予定ではあるとのことだが、日本におけるメルクリン人口を考えると、もう売り出されないのではないかという気もする。

CDの解説同様に電気系統の接続に関する部分以外の仕様書をほぼまったく読まず、適当にボタンを押して試してみたが、歯が立たなかった(笑)。特に非メルクリン製(ただしメルクリンの軌道上で動く)機関車をどうにも認識してくれず動かなかったのには閉口。とはいえ、幾つかの純正機関車の拡充機能を試せたので、まあよしとするかなという感じ。特に購入後箱に入れて飾っていたBR05型蒸気機関車(戦前のベルリン-ハンブルク間を2時間程度で結んでいた)を初めてCSを使って動かしたが、さまざまな音は出るしと中々良かった(BR61型のようなギクシャクした動きも無し)。というわけで今週末にかけて解説書(英語)を読む予定。

しかし、夢のレイアウト建設はいつになることやら。基本プランは出来ているのだが、用地問題で宙に浮いているのだった。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
最近はメルクリンはどうなっさているのですか
どうも、柴田さん初めまして。

最近も時々お座敷レイアウトで遊んでいます。特にミストラルは車両が大きいし、編成が長いしで走らせがいがあります。幸い2008年の新モデルは昨年の様に財布の底が抜ける心配をしないので、ちょっとほっとしています。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/138-a2a95dfb

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。