4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.04 Mon » 今日の日経夕刊

ザルツブルクでの「フィガロの結婚」の写真が掲載されていたが、スザンナ役のネトレプコの正面写真の背後に、天使の羽をつけたケルビーノの背中姿が写されていた。歌手名は記事には書かれていない。クリスティーネ・シェーファーだというのに...。
と、同時にあの羽はバスティーユから借りたのかなとか別の連想が働いてしまった。

アッシジ

メシアン「アッシジの聖フランチェスコ」第3幕最終シーンより(バスティーユ歌劇場)。
左からC.シェーファー(天使)、ホセ・ファンダム(聖フランチェスコ)、C.メリット(癩患者)この後、キーロフ歌劇場によるプロコフィエフの「火の天使」最終シーンばりの舞台奥からの強烈な光に向かって歩いていきます。
「アッシジ」はシェーファー・ファンでも2回見ると疲れます。


ネトレプコ(というより今年のザルツブルク)の記事の下に、サマフェスでのダルバヴィの管弦楽曲についての批評が掲載されておりました。響きの空間の美しさを讃えていましたが、現代曲にだってそんなもんいっぱいあるんだがねえ、まあ人それぞれですけど。


スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/139-cf0be55b

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。