4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.31 Tue » フィガロ@パリ・オペラ座のDVDを見る

「のだめ」第3話は、ちとパワー不足というかエピソードの盛り込み過ぎ(間が無いというかテンポがせっかち気味)に感じました。それとプロコフィエフのロメジュリが多用されていたのは、フジTVからIT企業ソフト・バンクへのあてつけ?は、ありえないか。


さて、ロンドンでの知り合いから、今年のパリ・オペラ座での「フィガロの結婚」がDVDで売り出されていると教えてもらい購入。昨日から1幕、2幕と見ましたが、演出が歌手を殺しているなあというのが第一印象。

さらにシェーファー・ファンとしては、ちょっとがっかりなケルビーノ役の演出と立ち居振る舞いでもありました。見た目は「ルル」の「学生」こそふさわしい感じで、あれでは伯爵夫人は見向きもし無いでしょうし、歌も何かやる気がみられないよう気がしたのは、視覚に騙されているのかな。それにしても周囲の歌手と比べても小柄だなあ。

セットが変わらないのもちと無理がある感じ。ただちらとみたインタビュー集は面白そうでした。

演奏は特段奇を衒ったようなところはなく、浮き立つような音楽とまでは言いませんけど、伝え聞くところのブーの嵐が飛び出すような演奏には思えないのですけど。

なお、12月に指揮者のカンブルランがトゥーランガリーラを読売で振るのを聴く予定です。

NHKでもちらと紹介されていた今年のザルツブルクでの「フィガロの結婚」もDVD化されるので、HMVのオンラインショップで早速予約。こちらにもシェーファーがケルビーノ役で登場するので、パリとの比較が楽しみです。

シェーファーと言えば、今年は「叙情交響曲」「冬の旅」、「復活」、「無言歌」、2つの「フィガロ」に「ドン・ジョヴァンニ」と録音が多数出て、ファンとしては喜ばしいのですが、幾多の録音よりも生で聴ける方が遥かに嬉しいのですけどねえ、それは当分は叶わぬ夢でしょう。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
ブーのわけは
演奏それ自体は確かにブーが飛び交うようなものではないです(カンブルランには根強いアンチ派がいることは事実ですが)。1幕2幕でも既に大分活躍しているのではないかと思いますが、ヤマハのシンセサイザー(エレクトーン?)を肩から背負って舞台上も動き回る通奏低音担当の人が、ブーの原因です。
3幕4幕をご覧下さい。どんどん過激になっていきますから。

私は見ていて楽しかったですけれどね。

なお、ザルツでシェファーが出た「フィガロ」はパリとの共同制作ですから同じ舞台の筈です。

ところで、私はあの少年ケルビーノ、結構良かったですけれど。
フィガロ
ザルツでのアーノンクールとシェーファー・ネトレプコの《フィガロ》がDVD化されるのですね。これはNHKでちらっと見て、見る手立てはないものか、と思っていたものでした。情報ありがとうございます。と言っても、HMVを今見たところ「リリ-スが確定次第、ご予約を開始させていただきます」でしたので予約できませんでしたが。

こちらはグート演出ということで、マルターラー演出のザルツ(2001~?)・パリオペラ座共同制作のとは違う舞台のようです。
フィガロ@パリ、ザルツ
どうも、ガーター亭亭主殿、返事が遅れて申し訳ありませんでした。
時間がとれず第3幕、第4幕をまだ見れていませんが、レチタティヴィストのイェルク・キーンベルガー氏は、メイキング(先に見てしまった)によると、カンブルランのアイデアだそうで、そういう意味ではモーツァルトの音楽のみを楽しみたい人々からすると、カンブルランはブーの対象になっちゃうんでしょうねえ。なお、シェーファーの少年ケルビーノは、上記の様にどうにも「学生」を思い起こしてしまいしてねえ、確かに、胸は無いし、短髪だし、顔も華のある美女(ネトレプコとかゲオルギューとか)というわけで無く中性っぽいので、そういう点では似合っているとは思いますがねえ。

そういえば、こちらでは、化粧品の宣伝で女性の年齢は手に現れるというのをしておりまして、確かに手についてはちと少年ぽくないなあとか思ってみておりました。


M.F.さん今晩は。
昨日まではHMVオンラインで2007年5月25日だったか27日発売となっていたのですが、現在は取り扱い対象になっていませんと表示されていました。E.グリモーのDVD「クレド」だったかなんかのように発売中止にならねば良いのですが(ギーレンと組んでブラームスの第1協奏曲を取り上げるというので予約したのですけどねえ)。

ただ、22作品まとめたDVD(33枚セット!)にのみ所収にして売ろうという魂胆をユニヴァーサルがもっているのかな?という気もしています。ドイツではネトレプコ人気が凄いらしいので。もういくつか予約してしまったし、あまりに初期作品はモーツァルト・フリークではないので、見る暇もないだろうし、ねそうだし(宗教劇については、ブリテンの「カーリュ・リヴァー」で転寝してしまったのだから、ましてやと想像されます)、気長に単独での発売を待つつもりです。

それでは、今後ともごひいきに。


週末にクリスティの振る「遍歴騎士」を見に行く予定のSt.Ivesでした。
あ、ご指摘ありがとうございます。>M.F.さま
ザルツの新演出もシェファーがケルビーノなのですね。勘違いしておりました。

さて、St.Ivesさま
その後、3,4幕をご覧になる時間は出来たでしょうか?レシタティヴィストの活躍は縦横無尽というか傍若無人になっていきます。面白いですよ。
ブーはカーテンコールの時ではなく、演奏中にとび(私が見に行ったときには)、対象はカンブルランと言うよりはレシタティヴィストその人でありました。

でも、それにブーが飛ばしたのは、もともとカンブルランを嫌いな人たちだと睨んでおりますが。

遍歴騎士、東京公演の練習?としてシャトレでもやったのですよ。切符は買ってあったのですが、その週風邪で倒れ断念、残念です。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/160-eac74aca

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。