4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.27 Mon » 日生劇場での「女狐」

NHK教育で放映されたアーノンクール指揮ヴィーン・フィルハーモニカーのモーツァルトを見聞きしているうちに日がかわってしまい、もう寝ないといかん時間でありますが、少しだけ書きましょう。


行ってみて初めて日本語上演であったことに気づきました。しかし、それ程に違和感を感じないものでした。通例、ヤナーチェクのオペラに関しては、モラヴィア方言のチェコ語のリズムや抑揚が重要だと言わます。なので、私がそちらの方に精通していないので、違和感を感じなかったのかもしれません。まあROH(ガーディナー指揮、アップショウの女狐)の英語上演でも違和感を感じなかったしなあ。

もちろん、日本語だと若干間延びした感じに聞こえることは否めないし、たとえ日本語でも高音でビブラートを聞かせて歌われると意味が全く取れませんでした。これも、ENO<英語>でも同じことは感じたので、当方の耳の問題かもしれません。

演出は照明や小道具を上手く使って、シンプルで分かりやすく、適度にコミカルな好ましいものでありました(人によってはもっとコミカルさあるいは猥雑さが欲しいかと思うが、私はあの程度で十分だと思います)。ただ、最後に女狐が撃たれるシーンでハラシュタに向かっていくところは、奈落を利用するためだったろうが、気になりました。


指揮は広上、演奏は弦が薄いし音がちと汚いなあと思ったら、新日本フィルでした。演奏にはもうちょっと生き生きとしていたらと思う時もありましたけど、全体的には結構健闘。マイケル・ナイマンを思わせるミニマリスティックな部分の切れが甘く、叙情的な部分の方はより良く聞こえたのは、そこはチェコ音楽っぽくて新日po.も演奏し慣れているからかな?


歌手については、ハラシュタ役の折河が、役に似つかわしくない程美声でハッとした一方、森番役の泉は時々声がこもってしまう(通らない)のと張り上げ気味であったのが残念。

女狐役の中嶋の歌は、あまり有り余る生命力や自由の喜び、あるいは狡さを感じさせなかった(日本語で歌うことに伴って、そういった部分が減殺されてしまったのかな?)。そこらへんがもう一つ欲しいところであったが、可憐で美しい声で、求婚されるお嬢さんのシーンは中々に良かったのでした。


来週は、東響による「マクロプロス事件」。1年半ぶりのライヴなので、コンサート形式ではありますが、楽しみです。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/168-6709fb31

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。