4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.30 Sat » 生誕250年と没後160年、200年を巡ってとりとめなく

どうも、毎日モーツァルト全集のSt.Ivesです。

その合間に、没後160年と200年のお二人のレクイエムを久しぶりに聞いてみました、一人はアイブラー(1765-1846)、もう一人はミヒャエル・ハイドン(1737-1806)。後者はパパ・ハイドンの弟にしてモーツァルト父子の同僚。後者はモーツァルトの信頼した弟子。

前者のレクイエムはモーツァルトのそれへの影響があったと言われており、聴くとなるほどふむふむという感じ。トランペットをはじめとした金管とティンパニが大活躍しています。

後者は、依然どこかで書いたとおりモーツァルトのレクイエムが透けて見える作風。このアイブラーがレクイエム作曲をハプスブルクの皇后から依頼された1803年、この年はジュスマイアーがなくなった年でもありますが、ミヒャエル・ハイドンも同一人物に昔作った自身のレクイエムに欠けている章を作曲するよう依頼されているのでした(結局年をとり過ぎていて完成せず)。なお、弟ハイドンのレクイエムは、1809年に亡くなった兄ハイドンの葬儀でも演奏されたそうです。

さて、多分1809年パパ・ハイドンの葬儀にも出て、モーツァルトよりもジュスマイアーよりも弟ハイドンよりも長生きしたアイブラーは、1824年サリエリの後を襲ってウィーン宮廷音楽界の頂点に立つのですが、1833年指揮中に卒中に襲われて音楽界から引退。その際に振っていたのが、遥か昔、コンスタンツェの依頼を最終的に断ったモーツァルトのレクイエムでありました。どの部分だったのでしょかねえ、ラクリモザかな?

因みに、音楽之友社版のモーツァルトのレクイエムの楽譜はベーレンライター版の許可版ですが、発行日を見ると第1刷の日付が1991年12月5日でありました。わざわざこの日に設定するとは音楽之友社もしゃれっ気があります。


大晦日には何を聞いて一年を締めくくろうか考慮中のSt.Ivesでした。ヒンデミットの歌劇「世界の調和」(wergo)にするかな。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/175-b93b919b

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。