4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.03 Wed » メルクリン

昨日は寒い中お宮参りに行き、その後、単にコレクションしているに限りなく等しくなりつつあるメルクリンで遊ぶことにしまして、本日もそのまま遊んでおりました。

空き部屋いっぱいに(お座敷)レイアウトを広げ、いざ新システムを稼動、ところがうんともすんとも走らん編成が多くて泣きました。私のぶきっちょさと文系の知識(というより物理が大嫌い)では手の施しようが無く、どうしたものかと途方にくれましたが、とりあえず走るものだけで楽しむことにしました。とりあえず、今年創設50周年のTEE(Trans Europ Express)のVT11.5はきれいに動き、適当に作った立体交差も難なくクリアし(BR45をはじめ立ち往生する機関車が多かった)、メルクリンの(多分)総力を結集しただけあるなあ、とほれぼれと見とれてしまいました(全金属製のボディ、二つのモータの同期、様々な細かいファンクション・キーの設定も素晴らしい出来であります)。まあ、これだけ動いただけでも良しとしましょう。
しかし、ヘンシェル社のDB61型(戦前にベルリン-ドレスデン間を結んでいた超特急の牽引蒸気機関車)は、もうトホホの動きでありまして、メルクリンはVT11.5に全精力を注ぎこんでしまい、翌年のトップ・モデルであるこれにはデコーダーや新型モーターの手抜きがあったのでしょうかねえ、ストップ&ゴーを連続した挙句にものすごい唸り、電子音を発して止まってしまいました。実は春先にドイツに修理に出したにもかかわらずこの走りではねえ...。ドイツのものづくりとメルクリンの先行きに懸念が生じてしまいます。


そんなこんなで毎年恒例ではありますが、ニュー・イヤー・コンサートは今年も見聞きしていません。

では、また。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。ウィーン・フィルのニューイヤーなら、人により意見はあるでしょうが、ご覧になるほどのものではなかったかと。その場に居合わせたら楽しいのですかね。

メルクリンいいですね~
子供の頃の夢でした。
どうも、M.F.さん明けましておめでとうございます。

C.クライバーが振っていた頃も含めて、あまり積極的に見聞きする気が起きなかったんですけど、ロンドンに行って完全に見聞きしなくなりました。こうもり序曲とか雷鳴ポルカとかはかつて実演で聴いたら楽しかったのですけど。

メルクリンの模型は見た目がよいし、ダイキャストの物は重量があって手にしっくりくるのが良いですねえ。ただ、お値段もさることながら(でも親子三代持つといわれているので実は安いか?)、大きいので線路を広げる場所の確保が難しいこともあって、日本での普及度合いは今一な感じです。今年は色々と新製品が出るらしいので、秋の各種オペラハウスの来日公演との見合いで悩んでいます。

それでは、今年もよろしくお願いします
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/177-c2b48a56

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。