4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.04 Thu » 本届く

久しぶりにお仕事で疲れたSt.Ivesです。休みの間、欧州時間に合わせて生活していたんで、って単に朝寝坊の宵っ張りなだけですが、いきなり正常化すると無理が来ます。

帰宅してみるとアマゾンから本が届いておりまして、話題の光文社古典新訳文庫カント「永遠平和のために」をようやく目にすることが出来たのでした。大昔、カントは今年60周年だかの書店の青帯で読みましたが、「悟性」という訳語に「コリャなんだ?」とひっかかった記憶が蘇りました。まだちらとしか読み進めていませんが、読み易いです、といっても落語調ではありませんので悪しからず。

ただ「永遠平和のために」に直ぐ取り掛かれるかと言うと、まだ「言葉についての対話」(ハイデガー、平凡社ライブラリー)も読みおわっていないし、これを読んでいて「いきの構造」を読みたくなっているし、ふと目に止まった「春は馬車に乗って」(横光利一)も読み始めてしまったし、CD同様に本も溜まっていくばかりであります。

明日が終われば、また3連休で嬉しいなのSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/179-6bbd6323

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。