4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.14 Mon » この2日間

鷲見可寿子の弾くデュカスのピアノ・ソナタ変ホ短調を聞きながらのSt.Ivesです。丁寧に、(他の演奏に比べると)あっさり、さっぱりとした演奏です。楽譜を細かく確認しながら聴くには良いかも。


13日 東京ハイエンド・オーディオ・ショーに行き、幾つか興味のあるブランドを視聴。その中では、セラミック製の目玉親父のようなスピーカーは、テレビ用によいかもとちと気になったが、音がやや古く聞こえるのが難点。私は解像度が高く透明で限りなくナチュラルな、昔で言うところの「原音主義」者なんで色がつくのは好まないだ。

もっとも、録音された物自体が実演とは比べ物にならないものも多いので困るのだがねえ。

その後家に戻り、デュカスのピアノ・ソナタ(演奏はM.フィンガーハット)を聞いた後、久しぶりに実演並みの体感音量にしてショスタコーヴィチの交響曲4番(ラトル指揮CBSO)を聴いてみる。こういうときは、母を含めて近所が耳の遠いお年寄りばかり(さらに裏は空き家)で助かる。日本でゲルギエフがマリンスキーを相手にこの曲取り上げないかねえ。


本日は、帰りに丸善本店に寄り、万年筆を予約する。実物が日本にはまだ殆ど入っていないので、代理店に確認するとのこと。



デュカスが終わったので、テツラフの弾くバッハの無伴奏ソナタとパルティータ(新録音の方)に切り替えようかと思うSt.Ivesでした。



スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/212-34859ea7

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。