4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.18 Mon » 新国へ

「薔薇の騎士」をまた聴きに行ったけど、やはりオケはあかんねえ、先週より粗くなった感じ。特にオーボエのへたり具合には閉口してしまって、レクター博士の気分も分かるよ(って食べたりはしないけど)。歌手は引き続き好調だったのが救い。この歌手陣で、R.シュトラウスを演奏できるまっとうなオケでまた聴きたいねえ。

電話ボックスのところに10周年記念ガイドが置いてあったのでGET。「軍人達」の演出家がデッカーになっていた。ということは今回のジョナサン・ミラーがENOの若干の焼き直し(時代設定を20世紀に持ってきて、演技に慣れていない合唱団のために動きを少なくした)のと同様に、アムステルダムの舞台の焼き直しになるのかなあ(例えばこんな感じ)。

Solderten1


デッカーの「軍人達」@アムステルダム国立劇場は、やたら場面転換に時間がかかるのが難点なんだよねえ、音楽的緊張感が途切れてしまうんでねえ。

なお、マリーの歌い手がバラインスキーと案内されていたと記憶しているが、6月14日現在では、ヴィクトリア・ルキアネッツとなっていた。どんな歌手だろうか?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/223-dbe4a60f

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。