4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.13 Fri » 記憶違いか?

どうも、ふと思い立って「リゾーム 序」を読み返しているSt.Ivesです。

初めて読んだ時(中学生だったか)、「訳分からん、これは現代詩か?」と思いつつとりあえず読み進めていってある箇所に至った時、グールドの演奏を援用して説明した場所で何となく「そういうことか」と理解できたのでした。で、その後もそういうものだと思って何回か読んで書棚にしまって早20年超。最近、ふと思い立って「ゲーデル・エッシャー・バッハ」を読み返しているうちに、同じ頃読んでいた「リゾーム 序」にグールドが出ていたが、あれはどこだっけと疑問が。記憶にある場所を読むと無い。変わりに当時は全く気が付かなかったブーレーズ御大のお言葉が「リゾーム 序」に引用されているではないですか。グールドはいずこに?つまり、私の理解は幻だったのか?

ということで読み返しているのですが、当時同様に特殊なテクニカル・タームにいらいらするSt.Ivesでした。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/232-92930a3e

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。