4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.22 Sun » 気分はENO!

というところですかね。CHANDOSのCDでも確認できる、英国での英語版オペラ上映に必ずクレジットされるPeter Moores Foundationのロゴも冒頭に登場した映画の英語版「魔笛」@高島屋タイムズ・スクエア、すでに大分前ではありますが、IIOさんのCLASSICAでも紹介されていたように、面白かったですね。


舞台は第一次世界大戦頃。長い塹壕をはさんだ西部戦線(というのはドイツ側の見方か)。塹壕にこもる人間などお構いなしに野に花が咲き、蝶が飛ぶ多分フランスのどこか。そこの兵士、頭出して蝶を採ろとうとしないように、撃たれるよ!という状況と突撃のシーン(世界初の戦車Mark I も登場)が序曲に乗って流れていくと、読み替えもなんのそのでモーツァルトの世界へ。映像は見てのお楽しみと言うところですが、若い日本人の死者が結構いましたなあ(バターワースの名前は見当たらず)、それと夜の女王の最後はちと哀れみ感じてしまいます。あの二人は最後に多少なりとも分かり合えたのでしょうかねえ(娘への脅迫シーンは凄かったけど)。


演奏の方は中々に楽しい。ECOがこんな巨大な音は出さんよと思いつつ、コンロンの指揮の下できびきびと音楽を進められていて、若い二人のラブ・ストーリーと平和に向けた「魔笛」では良いんではないでしょうか。歌手も相応でして、期待以上によかったです。一発勝負の舞台ではないので取り直しも効くし、G.フリードリヒ並に周囲も含めた舞台上の人々の反応もきちんと描かれていることも、歌を一層盛り上げてくれていました。歌手の中ではルネ・パーペが、ザラストロ役を映画に合わせて重々しい宗教指導者というよりは格式あるステーツマンという雰囲気を漂わせておりました、中々立派であります。



それにしても、相変わらずソプラノで歌われる英語は分からんなあのSt.Ivesでした。


スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/235-92f3e325

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。