4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.18 Tue » エシュノーズ 「ラヴェル」

どうも、何かしなくてはならないことがあったはずなのに思い出せないSt.Ivesです。


さて、このみすず書房から出たエシュノーズの「ラヴェル」、どう表現していいのか良く分からないが、ラヴェルっぽいなあという感じ、特にカラマーゾフの途中に読むと、魂だとか、神だとか、感情だとか、重厚さだとか、そいうものとは別種の世界。さらさらと、淀みなく、隙なく、透明感の高い小説、何か起きるわけではなく、といってもラヴェル最後の10年を扱っているのに、何か起きるわけでもない小説でありました。



そうだ、部屋を片付けるつもりだったんだと思い出したSt.Ivesでした。でももう夜遅いから明日にしようと思うが、寝付けないからなあ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/278-088cdf31

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。