4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.27 Thu » 録画したコンサート・オペラ鑑賞記

どうも、本日から来年6日まで冬休みのSt.Ivesです。基本的に家でごろごろする予定。

ということで、大掃除もせずにハイビジョン・レコーダーに録り溜めたオペラ、コンサートを幾つか眺めて過ごしました。


最初はゲルギエフ指揮ロッテルダム響他によるマーラーの8番。これは、ちと出来が悪いです。歌手は良いのですが、テンポ設定がめちゃくちゃだし、あおりすぎてオけと合唱は殆ど崩壊状態。よく最後まで行きましたねえという感じ。公演はアムステルダム・コンセルトヘボウで行われたにもかかわらず、オランダでは必ず見かけた終演後のスタンディング・オベイションもなし。

続いて、2005年プロムスでのワルキューレ、ドミンゴ、ターフェル、マイアーの豪華キャスト。手元にあるDATの録音は第2幕終わりの「生きなさい!」というブリュンヒルデのセリフから第2幕終わりまでが欠けていたので、ようやく全部聞けました。ドミンゴはあんなに下を向いて歌っていたら、RAHの上層部の聴衆には声が聞こえなかったのでは?うすっぺらなコヴェント・ガーデンの響きも今となっては懐かしい限りです。

続いて、あまりのお値段の高さに来日公演を見送ったラトル指揮BPOによる「フィデリオ」のザルツブルク公演の記録。時間の都合で第1幕のみを鑑賞。演出と美術は私好み。画面があると長い沈黙・動きのないシーンといった演出も含めて全体が分かります。演奏はCDでもすでに出ている通りと言えばそれまでだけれど、デノケとバンゼほか歌手が素晴らしい。DVDは売り出さないかもしれないので、永久保存扱いにしておかねば。第2幕は後日のお楽しみにしておきます。


明日は、大宮の鉄道博物館に行く予定のSt.Ivesでした(雨が降ったら中止)。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/281-86fc3ba0

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。