4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.14 Fri » あれの第20巻

どうも、というわけで盟友の指揮によるベルクのヴァイオリン協奏曲を聴き終わったSt.Ivesです。作曲開始時には自分のレクイエムになるとはベルクは思っていなかったでしょうねえ。


さて、20巻目も私には面白かったです。初期のギャグ漫画的ば部分はかなり後退しつつも、さりげなく入っていて笑いを誘ってくれます。若干絵とセリフが雑かな?という気はしたのですけど(例えば、「ベルク最後のヴァイオリン協奏曲」というと、ベルクは他にもヴァイオリン協奏曲を作曲している感じがする)。

それにしても、ベルクとはいえ、またコンクールの課題曲とはいえ、十二音技法の作品が正面切って描かれるとは!もっとも、そのシーンのクライマックスは例のコラールに持っていかれるのですけど。
高校時代、音楽の授業でこれが取り上げられた際、音楽教師が、「これを聴くと泣けてくるという生徒が昔いたが、全くその感性が分からない」とのたまい、私は、あんたの感性の方が全く分からん、と心の中でつぶやいたことを思い出したのでした。

さすがに、清良はハーンじゃないのでシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲が描かれることはないだろうなあ。



オクレール先生は「まなざし」と「閉じた目」も弾かせていたのか、と感心したSt.Ivesでした。「まなざし」だけでも、ものにするのに相当時間がかかるだろうなあ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/307-793ce29e

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。