4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2005.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2005.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.23 Sun » 桜咲く CDを聴く 

どうも、15年近くだましだまし乗り続けた自転車が、先日の白子川紀行の無理がたたって使い物にならなくなり、自転車を新調したSt.Ivesです。


さて、近所の自転車屋に向かったら、これがメチャ込みでして、私の目の前で4台もの自転車が売れていきましたし、修理依頼がひっきりなしという状況で、30分近く待たされました。その帰り道、私が物心ついた頃から巨木だった近所のソメイヨシノが咲き始めていました。ソメイヨシノの寿命は60年くらいらしいので、もうそろそろ寿命が終わりに近づきつつあると思いますが、ご近所有数の名物桜なので何とかこの先も見たいものです。そう大地には永遠に花が咲き、という風に。

帰宅後幾つかCDを聞きましたが、最近届いたCDをここにアップするのを忘れていることに気づきましたので、本日はそんなところで。


658.jpg

モーツァルト ピアノ協奏曲K414、K491 ポリーニ(p) VPO DG

春はモーツァルトですよ、というわけではなく、当初買う気は無かったのですが、K491の第3楽章カデンツァがS.シャリーノ作曲ということで一体どんなもんだろうかという邪まな考えで購入。しかし、ベリオの「トゥーランドット」の再来とはいきませんでした。

272.jpg

モーツァルト ピアノ協奏曲K453、K466 アンスネス(pf)、ノルウェー室内o. EMI

20番以前は殆ど記憶にないというか、20、24,25,27番以外は何番のどの楽章かは分かりません。このCDは20番狙いで購入。極めて良い演奏であります。グルダ&アバドが私のデフォルトなんですが、それに匹敵します。

677.jpg

ヨアヒム ヴァイオリン協奏曲第2番、ブラームス ヴァイオリン協奏曲 テツラフ(vn)、ダウスゴー指揮 Virgin

ヨアヒムのヴァイオリン協奏曲狙い。いやあ、テツラフ君は熱演。でも曲がいま一つであります。


122.jpg


ダルバヴィ、Jarrell、ピンチャー フルート協奏曲集 パユ(fl)、エトヴェシュ、ロジェ、ピンチャー指揮、フランス放送響 EMI

指揮者3人いますが、グルッペンではないので順番に振っています。音の饗宴ではありますが、「これでいいのか、現代音楽」とかとも思ってしまう私は年を取ったんだろうなあ(と佐野光司の心境)。


659.jpg

シェーンベルク、シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ハーン(vn)、サロネン指揮スェーデン放送響 DG

シェーンベルクはiPodにも格納しましたが、実に凄い演奏であります。今年のCDの一押しであります。

117.jpg

ブラームス ピアノ協奏曲第1番&ハンガリー舞曲  アンゲリシュ(pf)<ハンガリー舞曲はブラレイとの共演)、P.ヤルヴィ指揮フランクフルト放送響 Virgin

未聴

603.jpg

シューベルト ピアノ・ソナタ全集 ダルベルト(pf) DENON

安かったので思わず購入。昔は高くて殆ど手が出せませんでした。なので殆ど未聴と同じ。

Stravinsky_rattle.jpg

ストラヴィンスキー 管楽のための交響曲他 ラトル指揮ナッシュアンサンブル

未聴です

Artemis_Flote.jpg

モーツァルト フルートと弦楽器のための作品集 Wiese(fl)、アルテミスSQ

いきなり、「後宮からの誘拐」序曲が始まってどうなっているんだとあらためてCDの解説を見ました。フルート四重奏と、フルートとSQの作品集で、「ティートの慈悲」のフルート&SQ版も収録。中々楽しい1枚ですが、しかし、このジャケ写のうち2人がすでにいないとはねえ。

Schubert_winter_SQ.jpg

シューベルト 「冬の旅」 男声と弦楽四重奏版  C.エルスナー(t)、ヘンシェルSQ cpo

日本人は「冬の旅」が好きなのです。ある統計によると、日本の1世帯あたり1.35枚の冬の旅のレコードあるいはCDを保有しているとのことです、というのは真っ赤なウソですが、声楽好きでもない私でも、「冬の旅」は8枚くらい保有しています。
ただ、この編曲を聞く限り、伴奏を弦楽四重奏にする必要性、さらにはヘンシェルSQを起用する必要性も全く感じられません。それと歌手の歌い方が声を若干絞り出すような、かつどこまで朗々とゆったりと歌うので、私の好みではありませんでした。

Shostako_Jerusalem.jpg

ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲1番、3番他  イエルサレムSQ  EMI

これがデビュー盤だったのでは。未聴

manyaru.jpg
マニャールほか 弦楽四重奏曲 イザイsq aeon

マニャールの作品は結構気に入りましたよ。


Beethoven_Ysaye.jpg


ベートーヴェン 弦楽五重奏曲op.29ほか四重奏曲のレア&断片集 イザイSQ aeon

op.14の編曲版も入っています。実は弦楽五重奏曲はこれが初聞き。ベーさんらしい曲ではありますが、なんか中途半端な感じもありますなあ。


KujikenSQ.jpg

クイケン一族 ベートーヴェン 弦楽五重奏曲op.29、ラズモフスキー第3番

演奏家がみんなクイケン、だからなんなんだというところですが、まだちゃんと聴いていません。


Ditter.jpg

ディッタ-スドルフ 交響曲「バスティーユ襲撃」、ハープ協奏曲 カプリッチョ

「バスティーユ襲撃」という曲名のみで購入。何となくそんなところもあるかなという感じで、看板倒れと感じつつ、景気の良い曲なんで保有することに。

まだまだ続きますが、疲れたので残りは明日にということで。







スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/313-77607018

バロックな感性の反照

先日体験したテレマン作曲のブロッケス受難曲においても、信心の三重唱などがあって、ややもするとその扱いによってはかなり誤解を招き易い描写となっている。それを後期バロックとカテゴリー付けしてしまえばそれで終わるが、その中身を覗きこむことが肝要なのである。 ...
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。