4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.23 Wed » 大規模声楽曲中心の「熱狂の日」

どうも、買ったはずの7月のエマール@タケメモのチケットが無くて焦っているSt.Ivesです。どこいった?

それはともかく、ようやく「熱狂」のチケットでも購入しようかなとe+を覗くと、ありゃりゃピアノは全滅、室内楽も殆ど全滅、かといってホールAで聴きたくないしなあということで、ミサ曲やロザムンデそしてツェンダー先生による再創作(帰宅できるかな?)ぐらいしか買えませんでした。「ラザロ」も休みが取れたら行くつもりですが、売り切れないか不安です。しかし、ラッヘンマンのピアノ曲含まれるプロぐらいは残っているかもと期待していたのだがねえ。まあ、4日は「マクベス夫人」だし、5日は「軍人達」だし、まあいいかなという感じ。

昔はチケット争奪戦争に思いっきり参加していたけど、最近は「あれば行く」に変わっております。それだけこだわるアーティストの来日が減ったのか、プログラムがつまらないからか、高額すぎて唖然としてしまうのか(どうして、と思いますよあの値段には)。


クレンペラーの振るブラ4を聴きながらのSt.Ivesでした。NHKBSの「名曲探偵アマデウス」に出ている筧さんも「第三舞台」で登場した頃とかわらんねえ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
 今年のLFJJは余った公演でいいや、どうせ割高だし、と思っていたんですが、そんなに売れてるんすか。

 自分も最近はあれば行くになってしまってます。第1にカネがない、という経済的理由もデカいんですが、プロが更に画一化されてしまい、食指動かないものばっかりなんですよね、、、。安チケ落ちてきたらラッキー、の気分(苦笑)。
どうも、St.Ivesです。

いやあ、じつにびっくりですが、中小ホールはどこも完売状況のようです(e+上だけかもしれませんけど)。なので、あまり聴けない宗教曲中心にしました。


プログラムについては、良く知られた曲を聞かせつつ、その合間にそれほど知られていない曲の魅力を知ってもらおうということなのでしょう。ちょっと珍しい曲のみ聴ければいいやという感じで望んでいま(その点で、5月2日の昼間に未完成作品の「ラザロ」が取り上げられるのは手痛いです)。

ただ、D.729やレンダリングの原曲であるD.936aの愛好家としては、それらが全く取り上げられない、省みられないのは残念です。また、大量の未完成のピアノ・ソナタ、せめてD.840やD.625ぐらいは紹介して欲しかったなあと思うのでした。

今年のPromsの演目、演奏家を眺めて、あらためて「極東」「円安(対ユーロ)」という言葉を噛みしめているSt.Ivesでした。
 ラザロは確かにナマで聴く機会は少ないだろうな、とは思うめれど、未完成のピアノソナタがごっそり無視されたのには、大いに驚くとともに、やっぱねえ、とも思った次第。。。

 シューベルトの全体像を示すのではなく、細切れにして切り刻んでバラバラに砕いた催し、なんすかね。

 対ユーロ円安は、海外発注かけまくりな我が家の家計を。モロに直撃 (-_-;。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/322-adbfbd54

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。