4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.05 Mon » 「軍人たち」日本初演

どうも、日本初演は成功したと思うSt.Ivesです。

2008年5月5日(月) 新国立劇場 午後2時開演

ベルント・アロイス・ツィンマーマン
歌劇「軍人たち」 日本初演

<スタッフ>
【指 揮】若杉 弘
【演 出】ウィリー・デッカー
【美術・衣裳】ヴォルフガング・グスマン
【照 明】フリーデヴァルト・デーゲン
【再演演出】マイシェ・フンメル
【指揮補】トーマス・ミヒャエル・グリボー
【共同衣裳デザイナー】フラウケ・シェルナウ
【衣裳・ヘアメイク監修】ロビー・ダイヴァマン
【音 響】渡邉 邦男
【舞台監督】大澤 裕

<キャスト>
【ヴェーゼナー】鹿野 由之
【マリー】ヴィクトリア・ルキアネッツ
【シャルロッテ】山下 牧子
【ヴェーゼナーの老母】寺谷 千枝子
【シュトルツィウス】クラウディオ・オテッリ
【シュトルツィウスの母】村松 桂子
【フォン・シュパンハイム伯爵 大佐】斉木 健詞
【デポルト】ピーター・ホーレ
【ピルツェル 大尉】小山 陽二郎
【アイゼンハルト 従軍牧師】泉 良平
【オディー 大尉】小林 由樹
【マリ 大尉】黒田 博
【3人の若い士官】中嶋 克彦 / 布施 雅也 / 倉石 真
【ド・ラ・ロッシュ伯爵夫人】森山 京子
【若い伯爵・伯爵夫人の息子】高橋 淳
【ラ・ロッシュ伯爵夫人の召使】木幡 雅志
【若い見習い士官】青鹿 博史
【酔った士官】川村 章仁
【3人の大尉】細岡 雅哉 / 藪内 俊弥 / 浅地 達也

【合唱指揮】三澤 洋史
【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団


終演後、舞台に指揮者の若杉が登場するとブーが飛んだとはいえ、特段何がブーを飛ばすほどの問題だったのか私が聴く限りにはさっぱり分かりませんでした。まあ、強いて言えば、何もせずにメトロームとキュー出しに徹したためかと思いつつも、ドイツの放送オケのように、この手の作品を常日頃演奏しているオケと振り慣れている指揮者ならいざ知らず、世界初演後半世紀近く経って、ようやく日本初演という事実を前にしては、それも致し方ないでしょうし、そもそもこの曲はそういう何もせず、機械の歯車が回るように進む方が曲として面白いと思うんですけどね(「球体の時間」概念とは無関係に、一直線にドラマは進むし)。
アムステルダムでの舞台や幾つかのCD、DVDと比較すると、やや叙情的な感じがしたのは、当日の天気が曇りから雨に移り変わったこともあるかもしれませんが、全体的に個々の楽器の相する音が非常に整理されて聞こえ、もっと混沌とした「音塊」を期待した向きにはその点で衝撃度が少なくなって不満だったかもしれません(リゲティでも何でもWERGOで育った世代の方は、すっきりと整理された新しい録音・演奏に拒絶反応を示す方が多いように感じますけど)。もっとも、最後のcon tutta forzaと指定されているオーケストラの音はもっと大きくした方が衝撃的だったと思うのですが、やはり疲れたのでしょうかね?(とはいえ、幸い、シベリウスの交響曲第5番の最後のようなフライング拍手が「間」に起きず、ホッとしました)。

歌手陣は、何も足さず何も引かない指揮者のキューを必死に追いかけつつ、自分の持分の歌をきっちりと歌い切り、高い水準でかつ凹んでいる歌手がおらず満足しました。そして特にというか、当然というか、主役を歌うルキアネッツが大奮闘。出だしの出だしこそちと声に不安を感じさせたところもありましたけれど、音楽が進むにつれ吹っ切れたのか不安定さは消え、演技も含めてグイグイと引き込んでいく力強さがありました。アムステルダムでは不鮮明であった最後の会話も、スピーカーからの大音響の中、1列目でははっきり聞こえました。

演出については、以前HPで紹介したものと変わっていなかったような気がしました。ただ、記録を読み返すと、アムステルダムではマリーと姉がモスグリーンの服を着て最初から登場したようだったほか、最後から2つ目のシーン、ヴェーゼナーとマリーが最後の会話(?)をした後で、倒れているマリーにヴェーゼナーの母が白い布を被せる演出をアムステルダムでは見ていないような感じでした(単に記録漏れか記憶違いの可能性もある)。アムステルダムの公演の模様はここを見てください。


ということで、わずか5年で同じ演出とはいえ、「軍人たち」を、それも日本で見聞きできるとは思ってもいなかったので嬉しいSt.Ivesでした(7日と10日も行きます)。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/328-f7eb7863

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。