4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.06 Tue » 2008年「熱狂の日」終わる。

どうも、コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブル他によるシューベルトのミサ曲第6番D950の演奏中、並びの席でしゃべくりまくり、挙句の果てにむずかる子供にうんざりとしたSt.Ivesです。心のそこから"Dona nobis pacem"と思いました(でも旋律はシューベルトではなく、モーツァルトのハ短調ミサ<レヴィン版>。覚えやすいというか耳につくんですよ、あれのドナドナは)。


さて、本年の「熱狂の日」も本日が最終日。私はチケットがとれた3つの演目に行ってきました。会場はいずれもホールC(マイアーホーファー)です。このホールを訪れるのは、オープンの頃以来で、相変わらず残響0、聴衆の動線に改良なしというとんでもない自称「コンサート・ホール」のままだったことに唖然としました(ホールの音響くらい改善されていると思ったのですけどねえ)。


1.午前11時開演 542 シューベルト:ミサ曲第6番 変ホ長調D950

コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブル、オーケストラがポーランドのシンフォニア・ヴァルソヴィア(ペンデレツキが音楽監督を務めているそうで)、独唱に谷村由美子、ジャッキー・カアン、クリストフ・愛費ホルン、マティアス・ロイサー、クリスティアン・イムラーを迎えて。上記の通り落ち着いて聴いてられませんでしたが、いききとした演奏。もっともホールの特性かもしれませんが、合唱の精緻度や透明度では、一昨日のミサ曲第5番を演奏した団体の方が勝っていました。知名度だけでは図れません。もっとも、独唱では、出番が少ないのですけど、谷村の(若い頃の)シェーファーを思わせる透き通った声が良かったです。今後チェックしておきましょう。

2.午後1時開演 543 シューベルト:ミサ曲第4番 ハ長調 D452
               ベートーヴェン:合唱幻想曲 ハ長調 op.80

ロルフ・ベック指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢 シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭合唱団、ウルリーケ・バイヤー(ピアノ)、カタリーナ・ライエ、ヴィープケ・レームクール、シュテファン・ツェルク、有馬牧太郎
4番はライブで聴くのは初めて。ベートーヴェンの(ヘンテコな)作品を聴くと余計に若書きだったなあという印象であります。指揮者が飛びまくって最後を盛り上げてくれました。


3.午後4時半開演 545 シューベルト:劇付随音楽「キプロスの女王ロザムンデ」D797
ペーテル・チャバ指揮 フランス国立ロワール管弦楽団 林美智子、晋友会合唱団

アバド指揮のCDを購入して、ほんの数分しかオッターが歌っていないのに驚愕したのは何時のことだったか。林はルードヴィヒのようなほの暗い声で歌っていまして感心しました。オクタヴィアンには、容姿はいいんだけど、声質は向いていないと思ったのですが、「大地の歌」は是非聴いてみたいです。さて、演奏ですが、大規模なオーケストラをゆったりとしたテンポで鳴らしていくというもので、オケのちょとくすんだというか鄙びた感じの音色ともども、懐かしさをもって聴いていました。合唱団は声質がブレンドされておらず、いま一つでありました。


とにもかくにも「熱狂の日」を楽しんだSt.Ivesでした。来年はどんなテーマだろうか?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/329-da0fb3ab

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。