4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.31 Sat » 求む書名

どうも、本日は雨の中神保町から新宿をさまよっていたSt.Ivesです。


空をつかむようなとしか言えない事情で、これまで読んだ本やDVD、美術館の図版等を幾つか読み返さなくてならず、困ったような楽しいような状況です。

大昔に読んだきりで我が家に最早無いというものも多くて、本日は購入したばかりのケストナーの「エーミールと探偵達」を30数年ぶりに読んでしまいました(昔の岩波のでっかい本では「エミール」だったはず)。いやあ、子供がみんなこんな感じだったら怖いよなあと思いつつ、大人としてはこんな子供がいたらいいよなあとか、エーミールの家庭環境はケストナーの子供の頃の反映だったんだなあとか、エーミールはノイシュタットに住んでいてそこからベルリンに向かったのかと、懐かしさと共に新たな発見を楽しんだのでした。

で、読み返さなくてはならないにもかかわらず、出版社、表題が分からない本が多々あり、例えば、四半世紀前に読んだ「スペイン内戦」に関する新書、岩波の青版だったはずなんですが家で見つからなず、またそれに類似した物も見つからず、中公新書と勘違いしていたのか?とか、中学3年生の時のレポートで使ったワイマール共和国の歴史を扱った本の一つで、第一次世界大戦中のドイツ帝国の皇帝と財務大臣か中央銀行総裁の会話が掲載されていた本はどれだったか(アイクの「ワイマール共和国史」だったような、明日にでも図書館で調べないと)。ショーの「メトセラへ帰れ」やシェークスピアの「ジョン王」も図書館から借りないといかんし、時間を食うのは困ったもんであります。



明日はABQのラスト・コンサートに行くSt.Ivesでした。私にとっては2005年2月、亡きカクシュカが参加していたコンサート以来の2度目、そして本当のラストコンサートとなります。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/341-8336f61f

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。