4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.15 Tue » エマール・リサイタル@タケメモ

どうも、蒸し暑さにも負けずアリアーヌの予習にいそしむSt.Ivesです。

本日は、エマール@タケメモのリサイタルに出かけましたので、例のごとく事実報告と総花的な感想をば。


バッハ:フーガの技法BWV1080から
      コントラプンクトゥスI
      3度音程でも展開可能な10度のカノン
カーター:2つのダイヴァージョン
バッハフーガの技法BWV1080から
      5度音程でも展開可能な12度のカノン
      反進行における拡大カノン
メシアン:「8つの前奏曲」から
       第2曲 悲しい風景の中の恍惚の歌
       第5曲 夢の中の触れ得ない音
       第8曲 風の中の反射光

(休憩)

バッハ:フーガの技法BWV1080から
      10音程で展開可能のコントラプンクトゥスX
      展開可能ののコントラプンクトゥスXII.1
      コントラプンクトゥスXI
      展開可能のコントラプンクトゥスXII2
      12度音程で展開のコントラプンクトゥスIX
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調op.110

(アンコール)

カーター:カテネール(日本初演)
メシアン:「8つの前奏曲」から第1曲「鳩」
メシアン:火の島1
メシアン:火の島2
カーター:マトリビュート
メシアン:静かな訴え

仕事の都合で前半を聞けず、メシアン&カーター・メモリアル・イヤーなのにエマールの演奏で聞けないとは残念と思ったら、アンコールでたっぷりと聞かせてくれまして、ありがたやありがたやという感じです。

後半最後のバッハやベーさん、そして「火の島」は、音が若干つぶれて濁ろうが構わん!とベタッと叩きつけるような打鍵を交えて、コーダに向かって猛烈に高揚させるかと思いきや、マトリビュートなどは硬質な鋭いタッチ(ヴェーベルン的な点描作品でありますけれど)でキラキラと音を鳴らす、ベートーヴェンでも、思わぬところでこのキラキラとした音で思いもかけぬ旋律を浮かび上がらせておっと思わせ、「鳩」や「静かな訴え」は幾分しっとりとした感じのタッチと音で、ドビュッシーですなあ、と思わせる演奏でありました。そして「カテネール」、多分初耳ですが、リゲティの練習曲、特に「悪魔の階段」か「無限柱」、あるいは一柳の「タイムシークエンス」をもっと激烈な音にして、鍵盤の一番上から下まで縦横無尽に音が動きまわる感じの曲(2階席から見た楽譜は細かい音符で真っ黒でした)。聞いているとかなり長い演奏時間の作品で、二昔前のコンピュータ合成のピコピコ音を思わせる音で弾いておりまして、ある種の感動を覚えたのでした。

リサイタルが東京で1回だけとはもったいない話であります。


それにしても毎回アンコールに現代物をいっぱい持ってきてくれるので嬉しいSt.Ivesでした。楽譜をきちんと用意しているので、実は本人的にはそっちがメインだったりして。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/354-61bd4ba6

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。