4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.12 Fri » 昨日からシーズン開幕

どうも、ディーリアスの「人生のミサ」を聞きながらのSt.Ivesです。楽譜が届いたからで、特段何かあったわけではありません。


昨日アルミンクの振る新日po.のサントリー定期をもって個人的な今シーズンの開始となりました。いきなりモンテヴェルディやジュズアルド、それにトリスタンの前奏曲と愛の死に「不思議なマンダリン」と、考えられた、でも不思議なプログラムでありました。不思議と言えば、マンダリンでは音が客席に来ないのに、ジュズアルドや「愛の死」では声がホールに響き渡ったことであります。何故でしょうかねえ。


さて、簡単な感想ですが、モンテヴェルディとジュズアルドのマドリガルは、ほぼ聞いたことが無いので、こういう曲ですかと謹聴。グスタフソンの声はちと窮屈そうな感じはしましたが、マルシャリンに期待。マンダリンは、最近サロネン指揮ロスpo.のディスクを聞いていたので、細部がつぶれて聞こえんと、演奏者にとってはそりゃご無体なと思うような感想を抱いてしまったのでした。それと家で聴くと床が震えてギョっとするグランカッサをはじめ全体的に大人しかったのが残念でありました。さらっとした感じは良かったんだけどねえ。


ということで、次はエトヴェシュの「セブン」をNHKホールまで聴きに行く予定のSt.Ivesでした。本人が振るはずですが、どうでしょうかねえ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/372-faa4ddb7

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。