4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.27 Mon » アンスネス@武満メモリアル

どうも、本日はしっかり起きて聴けたSt.Ivesです。

アンスネス ピアノ・リサイタル
2008年10月27日(月) 武満メモリアル

ヤナーチェク:霧の中で
シューベルト:ピアノ・ソナタ ハ短調 D.958
ドビュッシー:前奏曲集より
         ビーノの門
         西風のみたもの
         ヒースの草むら
         さえぎられたセレナード
         オンディーヌ
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 op.27-2 「月光」

(アンコール)
ドビュッシー:アナカプリの丘
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調 op.27-1 より第3楽章、第4楽章
スカルラッティ:ソナタ ニ長調

極めて満足しました。先週の月曜日に爆睡したことをいまだに後悔していますが、特にアンコールでの13番ソナタを聴いて、この演奏で爆睡した私は一体何者?と自問せざるを得なかったのですが、華やかで、聴くつどにディズニーランドのイメージが湧く第4楽章、その左右の手の掛け合い漫才的な面白さも冴えていて、2階席からみる本人の背中の動きからしてもノリノリという感じでした。「月光」も、ぞくぞくとするような趣きを湛えた第1楽章から、D.850でも聴けたブーレーズのシュール・アンシーズを想起させるような右手が活躍する第3楽章まで素晴らしかったです。

しかし何より良かったのはシューベルトのD.958でした。D.850の実演でも思ったのですが、EMIの録音はフォーカスが甘くてボケた音になっていて演奏の素晴らしさが伝わってきません。硬質な打鍵ですが最後にほんの少し柔らかく触れるような感触を与える音なので、剛毅な音の演奏に慣れていると、物足りないかもしれませんが、おかげで第1楽章、第2楽章の低音部での弱音のうごめきが慄然とする響きを醸し出しています。第4楽章は実演の方が少し速く感じられましたが、見事に弾き切りまして、リヒテルのライブ録音に匹敵する素晴らしさだと感じました。

なお、TV収録されていました。完全放送を願っていますが、時間の都合で多分シューベルトの第3楽章とかがカットされるでしょう。冒涜であります(と爆睡した身で言える資格はないでしょうけど)。


明日は、会社の同僚に誘われて東京芸劇に行く予定のSt.Ivesでした。奥さんが舞台に乗るそうだけど、未来に残る作品が聴けるでありましょうか?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/379-99896d1b

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。