4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.26 Mon » 聴きに行きたいがねえ、プログラムがねえ

どうも、これからようやく届いたヘンツェの交響曲第8番(ヤノフスキー指揮ベルリン放送響)でも聴こうかと思うSt.Ivesです。


メツマッヒャーがベルリン・ドイツ響と3月に来日することを本日初めて知り、テツラフも一緒だというので、どんな曲を取り上げるのかと期待したら、

ワーグナー:歌劇『ローエングリン』第1幕への前奏曲
マーラー:歌曲集「亡き子をしのぶ歌」(バリトン:マティアス・ゲルネ)
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調『英雄』op.55



ヴェーベルン:管弦楽のための《パッサカリア》op.1
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64(ヴァイオリン:クリスチャン・テツラフ)
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 op.98

だそうで、何か行こうという気力が急速に萎えてきたのでした。サロネン指揮ロスpo.も見送ったくらいなんで(あれは価格要因も大きい)、これも見送りかなあ。メッツマッヒャーだったらもうちとひねったプログラムにして欲しいところであります。



かつて毎年行われていた「20世紀音楽なんか怖くない!」のCDが数年分見当たらず、家中探しているSt.Ivesでした。片山氏の如く山のようにCDを持っていないので、直ぐ見つかるはずなんだけどなあ。間違って売ったのかなあ?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/401-2e401adf

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。