4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.05 Sun » へばる

どうも、部屋の片づけ中、一休みしているSt.Ivesです。

ファビオ・ルイジ指揮ドレスデンシュターツカペレの来日コンサートに出かけたのですが、夜の8時から始まって、夜中の2時になってもまだ終わらない、「英雄の生涯」が終わって、これから「プルチネルラ」を始めるというので、「聞いていても寝るだろうから、もう帰る」と知り合いに話したところで目が覚めて、夢であったかと、残念だったようなちょっとほっとしたような気がしました。目覚めると、猛烈に疲れていたので、「英雄の生涯」の前に一体何を取り上げていたのだろうか?と、思い出せないのが残念でした。

その後、部屋の本・雑誌類の片付けを行い、午後からCDを聞きましたが、予習をしようと、B.A.ツィンマーマンの「若き詩人のためのレクイエム」のCD3種を聞きました。ただ、さすがに連続して聞くのはしんどいと思われたので、

レクイエム:コンタルスキー盤
マーラー「大地の歌」 MTT指揮SFSO
レクイエム:ギーレン盤
ショスタコーヴィチ:交響曲第14番「死者の歌」 ラトル指揮BPO
レクイエム:ベルティーニ盤

とアクセントをつけてみました。コンタルスキー盤はSACDなので、マルチで聞ければより実演に近いでしょうが、我が家にはSACDもマルチ録音を再生するだけの機材もないので、通常CDで聞きました。

「レクイエム」3種、慣れていることもありましょうが、ベルティーニ盤の演奏がやはり好みです(特にレクイエムの部分について)。最新のコンタルスキー盤は、ライブとは思えないほど録音が良く、後半はベルティーニ盤よりも切れのある聴かせる演奏です(なお、ギーレン盤は、合唱が遠いのと残響で全体的に音の輪郭がぼやけているのが残念です)。ただ、ベルティーニ盤を聞いていて、他の二つと違って、こんなに「トリスタン」を長く引用していた?という疑問が湧きました、空耳でしょうかね。

この曲を3回聴くことは、事前に予想されたとおりとても疲れるものでして、ベルティーニ盤を聞いていて、"ララ、ラーラーーー”の歌声が聞こえて、さすがにホッとしました、もう直ぐ終わりだ、と。


それでも「レクイエム」の日本初演には是非に行きたいなあと思っているSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/416-69f42ac6

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。