4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.04 Thu » 5月8日 ランメルモールのシェーファー@フランクフルト歌劇場

どうも、セルを持っていなかったのでクレンペラーのシンフォニエッタを聴きながらのSt.Ivesです。奇妙にねじれて200Q年になっていなくて「やれやれ」です。Book1を読み終えた段階なので、感想はいずれ。ただ、みかけの構造は2声の、多数のマガマガしくナマナマしく重いテーマが織り成すフーガのような物語であります。


さて、表題のとおり5月8日のフランクフルト歌劇場でのクリスティーナ・シェーファーのルチアについて、極大雑把な感想を。


Musikalische Leitung: Roland Böer
Regie: Matthew Jocelyn
Bühnenbild: Alain Lagarde
Kostüme: Eva-Mareike Uhlig
Dramaturgie: Zsolt Horpácsy
Licht: Olaf Winter
Chor: Matthias Köhler

Enrico Ashton: Aris Argiris
Lucia : Christine Schäfer
Edgardo di Ravenswood: Matthew Polenzani
Lord Arturo Bucklaw: Peter Marsh
Raimondo Bidebent: Bálint Szabó
Alisa: Katharina Magiera
Normanno: Michael McCown

Chor der Oper Frankfurt
Frankfurter Museumsorchester


シェーファーの歌う「ランメルモールのルチア」、フランクフルト州立歌劇場の前には、彼女が歌う旨が張り出されていて、期待をいや増してくれました。もっとも、このオペラをCDで聞いたことは殆どなく(予習で一応聞きました)、実演は初めてなので、単にシェーファーの声と歌を聞きに行ったというのが実態であります。そうは言っても、シェーファーを含めて歌手はきちんと揃っていて、どの歌手も朗々と輝かしい声で歌っていることは分かりました。逆に、この手のイタリア・オペラを歌う歌手と大きく異なるシェーファーの声とノン・ビブラート歌唱(時たま混ぜていましたが)が非常に異質に、別世界の存在に聞こえました(その点では、あの世界に属していながら、最後はどこかへむこうに行ってしまったルチアの存在にぴったりかもしれませんが)。また、声量の点でも、細く鋭い声ということもあり、他の歌手対比で若干小さく感じなかった部分が無かったと言えばウソになります(このためでしょうか、ブーが3階席から飛んでいました)。ただ、そこは指揮者とドニゼッティも考えたもので、オーケストラの音量を若干絞り、また伴奏もルチアの部分ではそれほど盛大に鳴らさないし、ここぞ言うときや重唱では声を通していたので、聴取上はなんら問題はありませんでした。

「狂乱の場」については、音をピンポイントで当てるし、演技派・技巧派の面目躍如たる演技・表情と歌唱で、いやあ、才能の無駄遣いだ、ルルやマリー(「ヴォツェック」と「軍人たち」)はじめ、あなた以外で命を吹き込める歌手が少ない役が数多くあるのに!とか思ってしまいました。10月にベルリンに行きたいです。

他の歌手の中では、乳母役のKatharina Magieraが今後期待できるメゾではないかと思いました。声も良いのですが、容姿も良く、背丈があって体格ががっちりしている(太っているわけではない)ので、ズボン役としてはちょっと異質かもしれませんが、堂々としたオクタヴィアンや、舞台上で男勝りに映えるカルメンが期待できそうです。

演出については、アシュトン一族を現代の新聞社に移し変えていましたが、特段違和感はありませんでした。ただ、新聞社内なのに安易に部下を殺したりするのは、意味不明でしたけど。

ということで、演目はともかくとして、非常に満足した公演でした。


Book2が気になるけどもう寝ないといかんなあと思うSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/449-00b7d03b

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。