4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.29 Sat » 28日サマフェス行った

どうも、昨日はサマフェスから戻ってから上橋菜穂子の「獣の奏者」3巻、4巻を一気に読んでしまい、その結末の衝撃にとても感想を書く気になれず寝てしまったSt.Ivesです。他に方法はなかったのかねえと、物語であるにもかかわらず考え込んでしまいました。


さて、昨日の秋山指揮東響による演奏のサマフェスは面白うございました。曲目は、
リゲティ:サンフランシスコ・ポリフォニー
ヴェーベルン:オーケストラのための五つの小品op.10
ウンスク・チン:ロカナ'Rocana)
スキ・カン:カテナ
ウンスク・チン:シュウ 中国笙とオーケストラのための協奏曲

ロカナとシュウの共に音響的に面白かったです。

最近のリンドベルイ(あるいはその亜流者達)のように達者なオーケストレーションで豪華絢爛であっけらかんとした響きを聞かせて一丁お終いということはなく、親しみ易さの中にも、どことなく常に陰影が付きまとい、どこまでもピンと張った緊張感の持続が聴かれました。これは、よりごつごつとした音響を聞かせた、チンの師であるスキ・カンの曲にも共通していました。

さらに、最後の曲のシュウに用いられた中国笙を初めて見聞きしましたが、独奏ウー・ウェイは大熱演でした(私はLAというオケに近い席だったので、十分聞こえましたが、2階センターの奥ではどうだったでしょうか)。作品自体は、若干、音響への過剰な拘りも感じられましたが(終わり近くの梵鐘を丸い玉のついた棒でグルグルなでるとか。聞こえませんでした)、中国笙の独奏ともども、全く最後まで飽きさせない作品でした。笙でリズミカルな演奏をさせるというのも、は私は初めて聞いたこともあり、とても面白かったです。
それにしてもオーケストラは演奏が大変そうでありました。現代音楽全般にそうでしょうけど、演奏技術というより運動神経勝負とい感じもあり、特に大規模なパーカッション部隊は見ていて、言葉は悪いのですがスリル満点というかハラハラドキドキで、家でCDを聴いている場合ではない、コンサートホールに出かけねばとあらためて感じたのでした。正直、ナガノ指揮モントリオール響のCDより、秋山指揮東響のロカナの演奏の方が聴き応えがありました。再演はしないかなあ。


ということで、次は「グルッペン」を聴きに行く予定のSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/464-a23097b4

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。