4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.29 Tue » 音質比べ

どうも、日曜日の晩から続いた右半身の頭の先から足首まで様々な痛みがようやく収まりホッとしているSt.Ivesです。


痛みが出る前の日曜日の昼はオーディオ・メーカーのエソテリック特製のクライバーの振ったブラームス4番とカラヤンの振った新ヴィーン楽派のSACDと元のCDとを聞き比べをしておりました。

まずはクライバーのブラームスの4番。発売以来名盤とされており、2009年7月号のレコ芸の名曲名盤でも1位に選ばれていますが、実は私は曲はそう面白くないし、演奏も面白くないなあと思っていまして、4番を聴くとするとハーディングやハイティンク(LSO)でありました(将来的にはガーディナーの演奏となる予感)。また、録音の質についてもどこか隔靴掻痒感があって、このCDのどこがいいのだろうかと思っていました。

さて、通常盤からエソテリック盤に切り替えて聴いてみると、まず音がぐぐっと前に出てきて生き生きと感じるようになり、低音も引き締まって明瞭になり、木管楽器群等の絡み具合もより明瞭になるなど、かなり演奏のイメージは改善しました。しかし、当分はこの曲を聴かないだろうなあ。

続いてカラヤンの新ヴィーン楽派の録音。エソテリックの収録曲はベルクの作品6、ヴェーベルンのパッサカリア、そしてシェーンベルクの「浄められた夜」....。オリジナルは傑作「管弦楽のための変奏曲 作品31」であったのに、何故収録を変えたのか!ジークフリート牧歌、牧神と並び立つ私の嫌いな曲ベスト3がこのSACDに収録されている理由は、リマスタリング・エンジニアが好きだからということでした。

気を取り直してパッサカリアで聞き比べ。
パッサカリアは、「西ドイツ製」も麗々しい1980年代後半の20世紀クラシック・シリーズ(3枚組輸入盤)、その後のオリジナル・ビット・シリーズ(輸入盤)、つい最近出たSHM-CDの3枚組み、それに今回のSACDの4種類で聞き比べをしてみました。なお、オリジナルのレコードは聴いたことがありません。ベルクで無くヴェーベルンにしたのは、まあブラームスの4番の後に聞くからといった程度の理由です。

20世紀クラシックのCDは、今聞くとかなりぼやけた音でありまして、この印象はオリジナル・ビット・シリーズでより明らかになります。冒頭のピチカートからして鮮度が全く違います。そしてSHM-CDでより鮮度と奥行き感、透明性が高まるのには改めて驚きを感じます。しかしSACDにはもっと驚きました。まず霧が晴れるが如く見晴らしが非常に良くなり、一聴すると音が痩せたと勘違いするほどです。例えば、第1ヴァイオリンが初めて登場するところの旋律が同じ音源を使っているのかというほどに、震えるほど繊細な音に変ったことは好ましいと思った一方、音が痩せた?と思わせたのは、途中の幾度かのクライマックスが、SHM-CDよりもかなり抑制気味に聞こえるためで、盛り上がりに少し欠ける印象を受けます。

エソテリックのSACDは今回初めて購入してみて、これだったら曲目や演奏者次第ではまた購入しても良いかなとは思いましたが、値段がちと高いなあという感じは否めません。


音友で2003年に出版されていたメンデルスゾーンのスコットランド交響曲の変遷史を扱った本がすでに絶版になっていて驚いたSt.Ivesでした。いつか購入しようと思っていたのになあ。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/471-ba55e1ea

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。