4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.12 Mon » ダルベルト@多摩パルテノン

どうも、ほぼ30年ぶりに聖蹟桜ヶ丘に行ったSt.Ivesです。

まずは日本建築史上の隠れた偉人 関根要太郎の設計による明治天皇御幸を記念して作られた聖蹟のある都立桜ヶ丘公園にでかけました。どこがどうユーゲントシュティール様式なのかはよく分からずも、当時としてはモダンというかケッタイな建築物が残されたことに感謝。当時は聖蹟から多摩丘陵全体が見渡せたらしいのですが、今やうっそうとした森の中ででした。


その後、京王永山駅へ。バスの中では、多摩ニュータウンで知り合いがどんどん減っているという話をしているおばあさん達がいました。日本の高齢化をひしひしと感じました。その後は箱根に犬を連れて一泊旅行する話をしていて、羨ましいというかバイタリティに関心。最近は箱根の宿も犬連れOKらしいとは大きな変化です。ところで犬も温泉に入るのだろうか?

多摩センター駅は初めて。かなり子供連れもおり、随所でキティちゃんが歓迎していました。
パルテノン多摩は、パルテノンではなくペルガモン神殿という程度の規模。上がりきったらそこの床にモザイクで魚達が描かれており、おーペルガモンと同じじゃないかと一人で盛り上がってしまいました。それにしても、公園はどこか日本離れした、ヨーロッパ的な風景でした。

さて、ダルベルトのリサイタル。プログラムから

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第31番
シューベルト さすらい人幻想曲
休憩
フォーレ    夜奏曲第7番、第6番
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第32番

かなり好み曲で構成されたプログラムでしたが、演奏はがっくりものでした。特に31番はひどかった。第2楽章は明らかに記憶が飛んでしまって適当に引く箇所が非常に多かったし、和音は汚いし(これはピアノのせいもありましょうが)、やたらめったら左を強打して、単調でデリカシーもへったくれもない感じ。当初の予定は「さすらい人」が先に演奏されるのをひっくり返したのもむべなるかなという感じ。

32番はまだ31番よりはよかったけれども、どうしてそこでその音を強調するのか?とか、どうしてテンポルバートをいきなりかけるのか?といった疑問満載の演奏。相変わらず和音は汚く、音が不均一かつ抜けがちだしと散々な演奏で、32番が終わると直ちに会場を後にしました。


その後多摩モノレールに乗って立川(北)に出て新宿経由で帰宅したSt.Ivesでした。モノレールの料金が高くてびっくり。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
 ふーむ。。。ダルベルトは出来不出来が激しい奏者ではあるんですがそんなにヒドいとは、、、。まあしかし、どの演奏を聴いても、ベートーヴェン向きの奏者じゃないことは確かですわなあ>ダルベルト。
Re: タイトルなし
>  ふーむ。。。ダルベルトは出来不出来が激しい奏者ではあるんですがそんなにヒドいとは、、、。まあしかし、どの演奏を聴いても、ベートーヴェン向きの奏者じゃないことは確かですわなあ>ダルベルト。

いやあ、確かに不向きとは思いましたけど、晩年のソナタならば自由度は高そうだしと思いましたけどねえ。もうちと弾き様があったのではないかと思いますよ。

明日は中川、明後日は野平のSt.Ivesでした。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/473-c2da998f

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。