4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.03 Tue » 初期の「宗教改革」

どうも、朝は青空に突き抜ける美しい富士山を、夜は煌々と空に輝く満月を眺めながら練馬と横須賀を往復したSt.Ivesです。横須賀美術館にも行きまして、展示品だけでなく噂の建物とレストランも堪能しました。美術館について言えば、トンビの大群が虎視眈々と美術館前の芝生広場で昼食をとる人々の食べ物を狙っているのが印象的でした。油揚げを食べている人は見当たらなかったなあ。


さて、本日のコンサートの感想をば

2009年11月3日(火) 14時開演 横須賀芸術劇場

リッカルド・シャイー指揮
ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

メンデルスゾーン:交響曲第5番 ハ短調 op.107「宗教改革」 (初期稿)
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

後半のブルックナーは「ノヴァーク版」と書かれていましたが、じゃあどれ?とブルオタなら言うところでしょうが、まあ初稿でなかったのだけは確かでしたよ。それにしても長い曲で、2楽章では力尽きて寝込んでしまいました。どんな壮麗で上手な演奏でも金太郎飴のような作品は飽きるもんです。実は4番は好きではない上に、ブルックナーは、2番(初稿)、3番(初稿)、5番、6番、9番の4楽章ぐらいしかここんところ聞かないしねえ。iPodに一応ヤンソンス指揮RCOを予習用に入れておきながら聞き始めると寝込んでしまうんだよなあ。


そういうわけで、本日の私にとってのメインは「宗教改革」。先ごろ、下野指揮、読売日本交響楽団でも1番ともども聴きまして、2番よりは遥かによい演奏でありました。弦の編成も2番とは異なり小型にし、小気味よく聞かせてくれました。ただ、その後プレヴィンの振るN響、特にモーツァルトのピアノ協奏曲を聴いて、読売は音が汚いと改めて思ってしまったのでした。何とかしないのですかねえ、カンブルランにそのあたりは任せるのかな?


ではあらためて本日の「宗教改革」については、ひょっとして別の版を使ってくれるのでは?という期待もあり出かけたところ、シャイーはその期待を裏切ってくれませんでした、「初期稿」です。

この「初期稿」、プログラムには聴きなれないパッセージがあるとだけ書かれていましたが、始まってまもなくすると、頭の中で鳴り響く旋律と耳で聞く旋律がずれまくり、驚きの連続でした。とりわけ驚いたのは、第3楽章から第4楽章にかけてのブリッジ部分というか、第4楽章冒頭というのが正しいのかはともかく、そこの部分でした。オイレンブルクのスコアでもお分かりのとおり、現在の版は、第3楽章の終了後切れ目無く第4楽章に滑り込み、フルートが「神は我がやぐら」の出だしを奏でた後、木管等が絡んで主部に突入します。しかし、初期稿のその部分、第3楽章が終わると、頭が記憶していた旋律とは全く異なる聞いたこともない旋律をフルートが延々と独奏し、ちょこっと木管や弦が絡んだりしても、フルート独奏が続く、まるでフルート協奏曲という感じで、その後ようやく現在の版になじみのある部分に繋がっていきます。ジンマンの振ったベーレンライター版の「運命」のあの部分を初めて聴いた時と同じような衝撃を受けました。CDだったらリピートするところですけどねえ。

さらに、第4楽章のコーダ、これが現在の版と違って、無理やり盛り上がって終わらせるぞと言わんばかりでして(シューベルトのソナタでの困ったときのスケールのような感じ)、さらに「神はわがやぐら」が再帰しないまま終わって、「えー!」という感じでありまして、この部分だけ聞くと、あちこちで演奏が却下されたのも致し方ないかも、と思うのでした。

ライプチヒでも振ったとプログラムに書かれているので、いずれ録音が出るでしょうけど、いやあ「スコットランド」の録音を聞いて行く気になったのは正解でした。ただ演奏の良さに感嘆する以上に版の違いに驚きっぱなしで終わってしまったのが残念。



横須賀は遠いが来年の5月にツィメルマンが来ると予告されていたので、どうしようかと悩んでいるSt.Ivesでした。所沢だったら直ぐいけるんだけどねえ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/480-a123ff44

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。