4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.23 Mon » カプリッチョ(24日)

 どうも、パイナップルと青唐辛子のソルベの味が忘れられないSt. Ivesです。クールにしてホット、辛口にして甘口(おなじことか)という、これまで味わった中では、セロリのビシソワーズ、ウーロン茶アイス級に微妙な味でした。

 21日に新国のヴォツェックに、そして本日は日生劇場にカプリッチョを見に行きましたどちらも、歌手、オケ共に良い舞台でした。

 ヴォツェックについては、事前に信頼できる筋から初日がメタメタだったと聞いていたので、どうなる事かと思いつつ出かけたところ、ヘンヒェンの指揮が手堅くてもう少しドライブしてもよいような気がしつつも、総じて良い出来で、これで出来が悪いとは厳しい批評だなあと思っていたら、その筋曰く初日とは打って変わって歌手もオケも良くなっていたとのこと。一回だけ聞くのは考えものであります。
 演出に関しては、新国のレストランには出るのに舞台には出ない真っ赤な月や竹馬もないのにホップホップというのはともかく(子役は子供店長並みに達者)、あの水溜りが謎でありました。水音が常にするので、多分歌い手は「歌手に配慮を」と思ったのではないでしょうか。それ以外の演出としては見慣れた抽象的空間で行われるあまり新奇さのない舞台であり、また、ヴォツェックに対する非人間的な扱いは、「人間」に見える人々が平然と行うからこそ恐ろしいのですが、そのあたりは伝わらない演出でした。


 一方、カプリッチョは、もう一回見に行けばよかったなあと思ったのでした(ただ、昨日のチケット買っていたら、本日は「ヘンリー六世」全3部を見に行っていたでしょうけど)。

 歌手もオケも指揮もよいのですが、オペラにはやはり「劇場支配人」が必要なんだなあ、音と言葉に所作と光、衣装と舞台をあたえる人がいて初めて成り立つものだと思わせるものでした。

 特に演出の最もショッキングであったところは、騒乱の八重唱、引き続いて劇場支配人ラ・ロッシュの演説(実にすばらしかった)が終わって、「夕映え」の中で仲良くオペラ化の話とパリへの帰還を相談しているところにナチスのSSと思しき部隊が乗り込んできてそれまでの雰囲気が大きく変えられるところでした。開幕の六重奏において、舞台設定が1944年冬のパリ郊外とされ、二人のダビデの星をつけた男──後で作曲家と詩人とわかります──が、すっかり荒れ果てた伯爵邸に現われ、その後をナチスのSSが追いかけてくるシーンがあったにもかかわらず、2時間近くそんな時代とは無縁の面白おかしく、また優雅な情景が続いて忘れかけていた時であったから余計にショックを感じました。詩人、作曲家、女優はダビデの星がついたコートを羽織らされ、連行されようとしますが、詩人と作曲家は逃げ出します。ラ・ロッシュも、命令書に従ってか鍵十字の腕章付きのロング・コートを着るには着ますが、鍵十字を剥ぎ取り床に投げつけ、SSの隊長にピストルを突きつけられて退場します。
 この後は、悲劇と喜劇が同時に上演されさらに花火のおまけまで付きそうな一日から離れます。荒れ果てた室内に再び伯爵令嬢のマドレーヌが現われると、彼女はすでに足が不自由で杖を突きつつ歩む白髪の老女でした。ハースやウルマンと同じ運命を辿ったと思われる詩人、作曲家そして女優、戦後を迎えてもフランスでは対独協力者として事実上裁判なしに処刑されたかもしれない劇場支配人、そして彼女の兄や執事長も追憶の彼方へと消え、ゆっくりりと背中を見せつつ彼女は消えていくさまには、「薔薇の騎士」第一幕の最後とは比べ物にならない寂寞感が漂っていました。釜洞の声も、ある程度若い頃のマドレーヌにしては少し重く暗いかな?と思っていたのですが、老女になってからは実にぴったりでした。

 面白いアイデアというと語弊がありましょうが、マドレーヌが舞台奥には消えつつあるとき、傍らでプロンプターが舞台裾からプロンプター用の楽譜を抱えてあらわれ、詩人と作曲家の残したソネットとその楽譜をそっと拾い上げて、再び舞台の裾に消えていきました。このプロンプターのメイクが晩年のシュトラウスを思い起こさせるもので、演出家の手法からもトーマス・マンの「ファウスト博士」で描かれるようなシュトラウスやマンが親しんだある文化・時代・精神そして人々が失われたことを余計に思い起こさせました。

 なお、プロンプター・ボックスは、灰色で花と十字架が飾られ、さらにご丁寧に「Richard Strauss 1864-1949」とまで書かれており、明らかに彼の墓を模したつくりでした。時々ではなく、いつも劇場に彼、シュトラウスが現われてほしいものです。


 明日は、紀尾井にメンデルスゾーンの八重奏を聞きに行くSt.Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
ヴォツェックと諸々
こんにちは、ご無沙汰しています.私もヴォツェックに行ってきました.カプリッチョもヘンリー六世もさほど興味のある演目ではなかったので、23日までの三回とも行きましたが、オケの出来については「その筋」の方と同感です.二日目も第2幕第4場前後から急に崩れましたが、初日は最初から最後までずっとあんな感じだったのですよ.歌手陣は、フォルカー・フォーゲルが少し「腹を括った」かな、という程度の違いでした.

クリーゲンブルクは独特のスタイルを持った芝居屋ですが、彼らしい手管を探すように見ていくと舞台もそれなりに楽しめました.ただミュンヘン版は主役がミヒャエル・フォレにミヒャエラ・シュースターという<超ドイツ的>ヴァーグナー歌手で、周囲の人物ばかりでなくヴォツェック、マリーもデフォルメされているというコンセプトだった筈ですが(似たような人物が大量に出てきて、それが誰の視線による変形か分からなくなってくる辺りが面白いのですが)、今回はT.J.マイヤーとシュタイネンにアジャストする為それはやめた模様.結果落とし前の付け方が不十分になったと思いますが、全体に<オペラ歌手的>な身振りによる充填も多かったので(水音との対比も、ナガノくらいの怜悧な指揮でなければ全然映えない)、短期間でやっつけた完成度低めの再演という印象です.

今年はリンデンオーパーの《後宮》(ミヒャエル・タールハイマーの演出で彼の片腕のスヴェン・レーマンがセリム、シェーファー+P.ブレスリック)やザルツブルグのケイティ・ミッチェル演出《愛に満ちた偉大なる太陽へ向かって》等演劇的に面白そうなプロダクションは幾つかありましたが、その時期には洋行できず.偶々出張した夏のミュンヘンでは、R.ジョーンズ演出《ローエングリン》とC.Stückl演出《パレストリーナ》の超下らない出来に呆れかえってしまいました(前者は2011年に日本に持ってくる予定のもの.後者はS.ヤング指揮でハンブルクとの共同制作.いずれもUnitelが収録していますので、そのうちクラシカあたりでは放送するのかも).

一方Arteの録画で見たロバート・ウィルソンとヴィクター&ロルフのコラボレーション《魔弾の射手》(5月バーデン=バーデン祝祭劇場、ヘンゲルブロック指揮MCO、バンゼほか)は奇天烈な衣装と例によってシンプルな舞台の美、クラシカルな音楽の組み合わせに幸福な結合を感じました.エクスのミンコフスキ=オリヴィエ・ピィ《イドメネオ》共々DVD化して欲しいものです.

雑談が多くなりましたが、それではちょっと早いですがよいお年を.
Re: ヴォツェックと諸々
どうも、のだめ最終巻を読み終えたSt.Ivesです。

M.F.さん今晩は。

> こんにちは、ご無沙汰しています.私もヴォツェックに行ってきました.カプリッチョもヘンリー六世もさほど興味のある演目ではなかったので、23日までの三回とも行きましたが、オケの出来については「その筋」の方と同感です.二日目も第2幕第4場前後から急に崩れましたが、初日は最初から最後までずっとあんな感じだったのですよ.歌手陣は、フォルカー・フォーゲルが少し「腹を括った」かな、という程度の違いでした.

初日の惨状が想像されます。2日のオケについてはもう少し踏み込むというかナイフのような鋭さをもって演奏してほしいのですが、無い物ねだりでしょうかね。

> クリーゲンブルクは独特のスタイルを持った芝居屋ですが、彼らしい手管を探すように見ていくと舞台もそれなりに楽しめました.ただミュンヘン版は主役がミヒャエル・フォレにミヒャエラ・シュースターという<超ドイツ的>ヴァーグナー歌手で、周囲の人物ばかりでなくヴォツェック、マリーもデフォルメされているというコンセプトだった筈ですが(似たような人物が大量に出てきて、それが誰の視線による変形か分からなくなってくる辺りが面白いのですが)、今回はT.J.マイヤーとシュタイネンにアジャストする為それはやめた模様.結果落とし前の付け方が不十分になったと思いますが、全体に<オペラ歌手的>な身振りによる充填も多かったので(水音との対比も、ナガノくらいの怜悧な指揮でなければ全然映えない)、短期間でやっつけた完成度低めの再演という印象です.

コスチュームや演技からして私はてっきりマリーとヴォツェックだけ他と違う「まとも(どういう意味かは別として)」で疎外された人々という解釈なのかな、それなら他でもいくらでも見たことがあるなあと思っていたのですが、全然別解釈のなれの果てを見せられていたとは、ちょっと残念であります。この辺りはヴォツェック上演がそれなりにあって他との違いを打ち出す必要がある土地と、殆どない土地とで演出に違いをつけたということでしょうかねえ(新国では初めてだし)。ヴュヒナーの原作を素直にとればオーソドクスな解釈にたどりつき、まっとうな(?)夫婦の悲劇ともなりうるでしょうけど、水音を使うくらいならばそこはそれなりに意義・意味があるものを見せてほしい物です。。

> 今年はリンデンオーパーの《後宮》(ミヒャエル・タールハイマーの演出で彼の片腕のスヴェン・レーマンがセリム、シェーファー+P.ブレスリック)やザルツブルグのケイティ・ミッチェル演出《愛に満ちた偉大なる太陽へ向かって》等演劇的に面白そうなプロダクションは幾つかありましたが、その時期には洋行できず.偶々出張した夏のミュンヘンでは、R.ジョーンズ演出《ローエングリン》とC.St醇・kl演出《パレストリーナ》の超下らない出来に呆れかえってしまいました(前者は2011年に日本に持ってくる予定のもの.後者はS.ヤング指揮でハンブルクとの共同制作.いずれもUnitelが収録していますので、そのうちクラシカあたりでは放送するのかも).
>
ローエングリンでは行く気がしないなあ、チケットは高いだろうし。「太陽」はハノーファーでコンビチュニー演出のものを見ましたが、実に素晴らしかったです、あれは再演をみたいものです(DVDには絶対にならないだろうけど)。日本では、たとえば新国の大劇場で取り上げられるのは100年経っても無理なような気がしていますけど。ザルツのものはどこかの新聞か何かでも取り上げられていましたが、かなり高い評価を受けた舞台のようでした。これもDVDにはならないでしょうねえ。


> 一方Arteの録画で見たロバート・ウィルソンとヴィクター&ロルフのコラボレーション《魔弾の射手》(5月バーデン=バーデン祝祭劇場、ヘンゲルブロック指揮MCO、バンゼほか)は奇天烈な衣装と例によってシンプルな舞台の美、クラシカルな音楽の組み合わせに幸福な結合を感じました.エクスのミンコフスキ=オリヴィエ・ピィ《イドメネオ》共々DVD化して欲しいものです.
>
> 雑談が多くなりましたが、それではちょっと早いですがよいお年を.


こちらこそお世話になりました。来年もよろしくお願いします。


今年はブロウチェク氏でコンサート・オペラ通いは終わりの予定のSt.Ivesでした。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/482-2eb091b1

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。