4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.28 Sun » あんとにーにの「運命」

どうも、「グーグーだって猫である」文庫版第3巻と「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」を読み終えたSt. Ivesです。「鹿」が名付け親って普通の子供にとってはどうなんでしょうかねえ、春日大社の鹿だったら神の使いだから納得してくれそうですけど。


読書(?)の合間にHMVから届いたCDをぼちぼちと聞いておりまして、本日はステレオセットでブラームスのピアノ協奏曲第3番を聴いて、徐々に違和感が薄れつつももうちとピアノの和声づけを分厚くしてみたら良いのにねえ、とそれではブゾーニのシャコンヌかと思いつつ聴いたのち、ジョヴァンニ・アントニーニ指揮バーゼル室内o.の「運命」&「田園」を聞きました

Antonini No5

残念なことに今回は通常CD。これまでの1&2、3&4がSACDだったのになぜ?と思いつつも、演奏は恒例のごとくすこぶる快調(快速)かつあっけらかんと明るく、いわゆる「運命」動機に多分ナチュラルホルンのゲシュトップ奏法が鋭く切り込むのが快感でありました。なお、例のソロの部分はジンマンのようなことはしていません。

「田園」も同様ですが、プレトニェフの演奏の異様な面白さの域には達しておらずでした。

続いては、ブーレーズの「ロンドン」は如何に?と購入したVPOのハイドン・セット

VPO_Haydn_set.jpg

多分編成はそんなに小さくないモダン・オーケストラによる重っくるしい出だしの第1楽章こそ若干辟易しましたけれども、以後は比較的快調。ブーレーズだったらもっと精緻で、各パートが細分化された演奏をして欲しかったような気がしつつも、そんなに悪くはない感じ。ベートーヴェンと違ってハイドンだとそれほど意地悪?な演奏はしないんだねえと思ったのでした。

ステレオセットで聞いた最後は、エルガーのヴァイオリン協奏曲の最新録音。

Elgar_Znaider

ヴァイオリンはズナイダー、指揮はサーコリン、演奏はDSKで、非常に良い演奏でした。情緒連綿に陰りのある歌うヴァイオリン(とろい演奏ではありませんし、非常に正確に音を拾いあげています)にサーコリンと重い響きのSKDが付いている様は、緊張感が高く、潔癖な音でかっこ良くかっ飛ばしている、しかしエルガーらしく壮麗な(しかしズナイダー&SKDと比較すると幾ばくか軽めの音で)ハーン&LSOとは対極の演奏です。それにしても、エルガーのヴァイオリン協奏曲も20種以上の録音があるのですが、いまひとつメジャーになりきれませんが、難しくて取り上げづらいところに原因があるんでしょうかねえ。名曲なのになあ。


夜はヘッドフォンで音楽を聴いているSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/506-7ee8fa64

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。