4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.05 Wed » Zieht uns hinan.

どうも、部屋の大片づけが一段落したSt. Ivesです。


そこで、のだめカンタービレの後篇をようやく見に行きました。しかし、走り回るガキと傍若無人に席を立ったり座ったりするその母親達、しょっちゅう会話している女子中学生と思しき集団と、これほどひどい状況で映画を観るのは初めてでした。もう少し早目か、終わりに近くて、この作品を見に行こうという気構えのある人々で占められている時期に行くべきでありました。

とはいえ、映画は前編同様に良くできていました。前編と比べると笑いは少なく、重苦しいところが多かったのですが、前編以上に演奏シーンを長く回してじっくりと音楽を聴けましたし、ヨリ映画らしく感じました。それにしてもランランを全面的に起用するとはねえ、彼は31番を録音するんだろうか?

音楽も原作とほぼ同じものを使っていましたけど、シュトレーゼマンがのだめにコンチェルトの協演を持ちかけるシーンは、原作ではボーイトの「メフィストフェレ」の契約の場面を用いていて、とても効果的でしたけど、そのシーンの音楽がリストの「ファウスト交響曲」の最終合唱に変更されていました。この直後の千秋のモノローグもあり、「ファウスト」最終場の"Das Ewig-Weibliche zieht uns hinan."は余計に意味深く聞こえましたがね。しかし、誰の振ったものだったのだろう?


これからブリュッヘンの振った「ロ短調ミサ」を聴こうかと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/524-1c9683f7

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。